無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

大晦日は、いつも忙しい

小売業の我が家の大晦日は忙しい。でも年々、書店は暇になる。新年は、3日からの営業。以前は2日から初売りをしていた。

でも、バイトさんやパートさんをお休みさせるようになってからは、家族の力を借りるしかない。年中無休でお店を開けているとメンテナンスも含め、休みを入れないとね!

オバさんも、時々メンテナンスを入れたい。来年は、絶対旅行にいくぞー!

近くのスーパーは元旦からやっている。営業時間も朝9時から夜の11時までだから従業員のローティーションのやりくりもタイヘンだろうね!ひとごとだからいいけど!

オバさんは、これから正月用の雑煮の下ごしらえや食器を出したりなどなど!!!

その割にブログを書いていたりしている・オバさんでした。

来年もまたよろしく!

2005年12月30日 (金)

年末の仕事

クリスマスが終わるとすぐ「お正月バージョン」に店をレイアウトした。凧と羽子板それに正月用リースでにぎやかになる。

さて、ホットしたのもつかの間オバさんは、かなりグッタリしている。このところ、店の仕事以外に「暮れのお掃除」 が襲ってきている。

今朝は、姑を車に乗せてお寺参りに行く。20数年前の今日が舅のたち日なのだ。忘れもしない医者から「年内いっぱいぐらいでしょう。」と言われたがあと一日で新年を迎えるという30日の夜中の12時近くに癌でなくなった。

「おばあちゃん来年は、たち日より前に行こうね」30日は、オバさん忙しいんです。でもお墓でいいことがあった。暮れの忙しい中に家族でお墓のお掃除にきていた方がいた。会話の様子から韓国系の方のようだ。

オバさんは、いつもの調子で挨拶をする。もちろん日本語ONLYで奥さんは、片言の日本語で挨拶をしてくれた。それにオバさんはお線香用のマッチをその家族に借りた。

忙しくてイライラしていた心が少し落ち着いた。先祖の墓石を一生懸命磨いている家族の会話(何を言っているか分からないが)にオバさんはうれしくなった。

このあとのオバさんの仕事は、車の洗車・網戸洗い・自宅の居間の掃除・・・・・。

子どもたちは、2人とも「腰痛」でダウンしている。正月休みスノボーに行く予定の息子は、「新潟行き」は無理かも?と嘆いていた。仕事の疲れが出たらしい。お疲れさん!!

さて、オバさんも掃除でもやりますか?

2005年12月24日 (土)

東京下町散歩

ラジオから♪クリスマスキャロルのころには♪ ♪が流れている。今、まさにクリスマス真っ最中ということですよね。

オバさんには、関係ないけどね。第一、今日の夕飯は「手巻き寿司」ですものね。それに「ケーキ」はなし。ダイエット中では、ないのですが最近ケーキは食べない。

昨日は、JR上中里駅からスタートして巣鴨駅までウォーキング・散歩となった。ダンナがコースを考え、オバさんはほとんどついて行くだけだ。途中「旧古川庭園」に入り、庭を散歩する。その後、駒込にある日帰り温泉施設「SAKURA」に寄る。

お昼ごろだったのでそれほど混んではいなかった。感想は、もう一度行きたいほどでは、ない。照明やインテリアは垢抜けているが。

その後例の「巣鴨とげぬき地蔵」(高岩寺)へいく。お年寄りの原宿と呼ばれているぐらいだけに年齢層は高い。順番にならんでお地蔵様をタオルで拭くのに延々待つ。ダンナは、並ぶのが嫌いなので外で待っていた。オバさんは、病気をしたところをゴシゴシ拭く。

それにほかのマクドナルド店は、若い人が多いけど巣鴨のマックは、おばあさんおじいさんたちで一杯だった。その光景をみてけっこう楽しくなってしまった。

明日もお店の仕事がある。夜は、お掃除でもして、年内このまま仕事で突っ走るかも?

2005年12月22日 (木)

年の瀬によせて

ここ数日、仕事が忙しくイライラも積もる。ストレスは、病気前科もちのオバさんにとって大敵。

年のせいにしたくないが体と頭の動きがスムースにいかない。チョーやばい!!! 

仕事のことでミスを出して店長からクレーム。システム上の問題か?それとも単純ミス?

オバさんは、問題が起こった場合、割りに冷静に処理しそれほど後に引きずらないようにしている。ダンナは、オバさんのO型性格をうらやましいという。ただ単に大雑把なだけということもいえるが・・・・・。

でも、もうすぐ今年も終わりになる。オバさんは、今年一年を振り返ったりしない。(?)反省などしない。ケセラセラなるようになる。

でも、病気だけはいや。入院したくないんじゃ!

来年もまた、良い年になればそれでいい。

もう1回ぐらいブログに書き込めればと思う。まだ、例の「障子張り」終わっていない。それに台所とお風呂に・・・・あぁーーーーー誰か家事手伝い来てーーーー。

毎年、オバさんは年末・年始、グロッキーになっている。マラソンゴール状態だ。

2005年12月16日 (金)

歳末大売出し

今朝、あわてて商工会議所へ行く。

先日の「歳末大売出し」の当選番号の書類を取りに行く。ダンナがこのところ、外商でほとんど店にいないから。

そのあと商店会の会員の方に当選番号を配る。朝から商店街を2往復する。今朝のウォーキングできなかった分歩いた。

さて、どこの商店街でも暮れになるとくじ引きや抽選券などイベントをやるが最近いまひとつ盛り上がらない。だって、暮れだからといって特別いっぱい買い物するわけでもないし。オバさんも1枚「抽選券」もらった。

くじ運が弱いというより人生のくじ運もない。これまで当ったことがない。いつもテッシュペーパーぐらいだ!!知人は、たった1枚の抽選券で「テレビ」を当てたらしい。

当らないのは、欲が深いせいかなオバさんは。でも人生健康で毎日働けることに感謝して生きていこう!(少し負け惜しみぎみ?)まだ、いい運を使っていないからこれからだよね>

早速お客様が「当ったのよ」と当選券を持ってきた。「おめでとうございます」お客様の喜ぶ姿をみるのがお店で働くオバさんの喜びだから!

あっ、そうそう忘れてた 今年の大売出しの特賞は<100万ドルの夜景 香港ディズニーランド>御招待 20名様でした。

え?行きたくない?日本のディズニーランドもオバさんは、ちょっとキツイ。温泉がいいわ!

2005年12月11日 (日)

あの人に贈りたい

住宅地を歩いていると最近は、クリスマスディスプレーされたお宅を見かける。夜ともなるときれいにライトアップされてレストランみたいに見える。

でも、電気代が気になる。オバさんは、人様のライトアップされた家をみてクリスマス気分に浸っている。

さて、店のディスプレーは、「あの人に贈りたい・・・・クリスマスギフト」フェアにしている。今日は「図書カード」がよく出た。

お子様のいる方には、ぜひおすすめしたい「絵本」紹介します。

 ○ 「おしいれのぼうけん」(童心社) ○ 「はらぺこあおむし」(偕成社)

 ○ 「てぶくろ」(福音館書店 ○「どんなにきみがすきだかあててごらん」(評論社)

 ○ 「サンタ・クロースからの手紙」(評論社)

まだまだあるけど親が面白いと思うものからぜひ読み聞かせしていただきたいです

 寒い冬の夜にお子様との時間を大切になさってくださいね!!!

2005年12月 9日 (金)

X'mas! クリスマスプレゼント?

もうクリスマスプレゼントは決まりましたか?

このところ気がむけば贈っていたプレゼントを考えなくてはいけない。

お店では、図書カードプレゼント用の本を準備してお客様に紹介してしている。

娘は、高校生の時買ってあげた「時計」だいぶ古くなったので時計にしてと言ってきた。けっこう高い。予算オーバーになりそう!

息子は、いらないと言う。手のかからない子だ!でも、お母さんクリーニング出しておいてなんて自分の都合ばかり言わないでね。たぶんクリスマスも仕事だろうから。

お父さんには、何を買おうか?

まだ考えていない。それよりオバさんの分はどうしようか?自分にご褒美なんてね。

まだ決めていない・・・・。エステに整体・アロマテラピーetc.もったいないということになりそう。

2005年12月 8日 (木)

子どものいのち

午後、仕事で商工会議所に行った。その近くには、地元の小学校がありちょうど下校時刻だった。

オバさんは、仕事を終えて帰えろうとしたら校門には、先生や上級生などにぎやかに並んで子どもたちを見送っていた。

1年生の児童は、保護者が迎えにきていた。ランドセルに黄色の交通安全のカバーがしてあるからすぐわかる。

うちの店も外商で学校に出入りしているので店長は、たいへんらしい。

第一に学校に入るのに校門チェックがあるからカンタンに先生と会えないし、中には、職員室にドアホーンで連絡して門の施錠を解除してもらわなくてならない。

確かに子どものいのちを守るためにはとても大切なことだけど。いつも緊張して行動しなくてはならない世の中になってしまったのかも。

都会の怖さだけでなく、田舎のほうでも、カギをかけ危険回避をしなければならない。なぜか日本は、アメリカ社会に悪い意味で追随してきているようだ。

そのうち、スクールバスか保護者が毎日学校への送り迎えをするようになるかもしれない。

学校の中にいる子どもたちは、みな元気に挨拶してくれたり、にこにこ笑顔で遊んでいる。

ニュースでしか分かりませんがお子さんを亡くされたご家族の方は、いいようのない苦しみを味わってまた、怒りの矛先の見えない世界でお疲れになっていることでしょう。

どうか、一日も早く犯人が捕まりますように。

2005年12月 7日 (水)

健康第一

2005年12月 3日 (土)

般若心経?

薬師寺から写経を送った件の返事がきた。

実は、写経を書いたのは、9月か10月のはじめ頃だった。でも、なかなか送る機会がなく1ヶ月以上置きっぱなしにしていた。

オバさんが何ゆえに「般若心経」?ということになる。今年の7月に用事で奈良に出かけた。昨年も奈良に行ったので2年連続になる。それも暑い夏に。

昨年は、長谷寺研究と古代史好きのダンナに合わせ遺跡をめぐる。今年は、時間ができたので近鉄奈良駅近辺をレンタカーでまわる。学生時代以来久しぶりに「薬師寺」に寄る。

そのときに買ってきた「般若心経」の写経セットを置きっぱなしにしていたのをようやく書いて送ったのだ。ちょっとうれしい。返事がもらえるなんて思っていなかったから。

さて、写経を書いてみるとけっこう面白い。集中力がつくし、余計なことを考えなくていいから。

でもまだ、般若心経の意味を理解するところまでいっていない。

奥の深い意味が分かるには、時間がかかりそう!

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30