無料ブログはココログ

« オバさん危機一髪! | トップページ | 昼食は、なに食べる? »

2006年2月 7日 (火)

下流社会について

最近のベストセラーに『下流社会』三浦 展著 光文社新書  (¥780+税)がある。

すでに多くの方が読んでいるベストセラーである。マスコミも「下流君」とニートやフリーターを呼んでいる。でも著者は、もっと深い意味で「中流社会」の崩壊がなぜ起きてきたかをマーケティング手法(?)に基づき分析している。

オバさんは書店業だからこの本が売れることはうれしい。でも昔ゼミの授業でお世話になった先生に何でも著者の考えを肯定するのでなく「ナゼ」なのか?を考えなさい!と言われた。

データ分析は、難しい。でも新書だから幅広い読者に読みやすいようになっている。

是非、お読みいただきたい本である。

この著者の昔の作品に『「家族」と「幸福」の戦後史』郊外の夢と現実 講談社現代新書

オバさんの年代には、向いているかも?ロハスな生活なんていうのも流行っているけどすべてひとくくりにしないことも大切だと思うけどね!

« オバさん危機一髪! | トップページ | 昼食は、なに食べる? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/8551397

この記事へのトラックバック一覧です: 下流社会について:

« オバさん危機一髪! | トップページ | 昼食は、なに食べる? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30