無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

桜満開!

このところの暖かさで「さくら」が満開になったそうな?

オバさんは、今年も見にいってないので分からない。いつも「さくら」を見るのは、近くのお寺にある桜だ。たった1本だけどかなり気に入っている。

地元にある公園も桜で有名だが、毎年この時期仕事が忙しくて花見はできない。

数年前、仕事が終わってから「夜桜見物」に行った。そろそろ宴会も終わって帰る人たちをうらやましく見ながら歩いていたら「ギックリくび」になってしまった。

桜の木の根っこにつまづいて足は、捻挫するし、翌日の朝には、くびの付け根のところがズキズキして有難うございますというとくびと背中がビリビリと痛むという有様だった。

それ以来「花見」には、要注意だ。

あと1日で教科書販売が終わる。疲れは、ピークに達しているがなんとかゴールしそうだ。

4月もまた忙しくなりそうだ!

2006年3月26日 (日)

恋愛相談?

昨日、今日と事務所で教科書を販売する。高校生は、明るく元気でいい。塾をしている知人も子どもたちと接しているとエネルギーをもらえるから元気でいられると言っていた。

男の子の3人組が教科書を買いにきた。時間ができたので彼らと世間話をしていた。

一人の男の子が勉強が苦手でようやく進級できたといってきた。「ヤバイかったんですよ。」

「おれ、数学10点でったんすよ!」「こいつは100点だよ」とそれぞれ自慢やら自虐やらにぎやかに学校生活を話す。とっても明るい生徒たちだ。

オバさんは、彼らに「君たちは、できないんじゃなくて能力はあるんだよ。ただまだ磨きが足りないだけだよ」「え?おれたち、まだ原石なのか!磨けばダイヤモンドになれるかな?」

オバさんは「もちろんだよ」と答える。

その後、「オバさん、あの聞いてもいいですか?こいつの親が旅行でいないとき、彼女を家にとめてもいい?と思う」「まだ。早いですよね!」もう一人が聞く。本人は、照れていた。

「う~ん、そうだねー!責任を持てる年齢になってからのほうがいいんjじゃないかな?」

なんて答えるオバさんだが答えなんて分からない。でも、ウソはいけない。親にいえないことが多くなってくる年頃だが・・・・。

「やっぱー、早いですよね」と言いながら帰っていった。彼らは、16歳かな?

いいね。若いということは・・・・。

2006年3月23日 (木)

マラソンでいえば

たぶん、30キロ~37キロ地点ぐらいの心境だ。昨日と今日2日間教科書出張販売で高校へ出向く。

疲れがピークに達している。年齢は、確かに肉体に表れてきた。短時間にいっせいに販売するためその上選択教科が生徒ひとりひとり違うため間違えないようにしないと。

ようやく午後3時近くに昼食をとる。明日あたりダウンしていたらやばい!でも今月中は、なんとか走りつづけなくては・・・・・・。

肉体疲労をとるには、お風呂と睡眠それに食事だが、このところ夕飯も手抜きしている。

さて、休憩後は、夕食でも作りますか?

2006年3月21日 (火)

お墓参り

午前中、姑と一緒に近くの菩提寺に墓参りに行く。お天気がよいので姑も喜んで出かける。暮れの30日以来の墓参り。オバさんは、最近ホームヘルパーという気持ちで、姑に接するようにしている。

だから、イライラしないでなんとか介護を続けられるのかもしれない。もっとも、母は、それほど手がかかるわけでないが。

昨日から、教科書店売が始まった。お店のレジ以外にも裏の事務所で教科書を販売している。新1年生の場合は、選択教科がないので販売がラクなのですが在校生は、一人ひとり違うのでたいへん。

ときどき親が買いに来て選択教科が分からず、携帯で子どもに聞いている。自分のことは自分でさせればいいのにと思う。何でも親がやってしまう。こどもが少ないせいかどうしても過保護になりがちだ。オバさんもけっこうその傾向がある。

いつも子どもたちから手や口を出しすぎると言われる。おせっかいやきは、変わらない。

お墓参りからだいぶ話は、ずれたが今日も目いっぱい働いている。

2006年3月18日 (土)

バテバテ・・・・~です。

いよいよ今週はじめから教科書販売が始まった。

高校の入学説明会と同時に本屋のオバさんたちの出番です。中学校の卒業式とともに高校へと子どもたちは、新しいスタートを切る。オバさんには、ちょっとうらやましい。

オバさんの年になると毎日が同じ繰り返しになりやすい。なにかに感激するとか興奮することも少ない。少しぐちっぽいかもね。平凡ということは、いいことなのですが。

地元の高校1校の教科書販売が終わる。これから2校ある。それに在校生がお店に買いにくる。一家総動員でこの時期乗り切るしかない。

でも、肩こりがひどい。それに目が痛い。年には勝てない。ダンナも疲れているみたい。ちょっとしたことでイライラしているみたい。

店長やバイトさんもお疲れ気味・・・・・。

でもあと半月ガンバロウ!!

話は、違うが昨日の新聞に高校時代の同じクラスのSさんが載っていた。地元の大学の教授になっていたとは。高校のアルバムを出して家族に教えた。それほど親しくなかったがりっぱになっていたのでうれしかった。

では、また・・・・。

2006年3月10日 (金)

三寒四温とは・・・・。

お店にいらっしゃるお客様との会話に「今日は暖かいですね」「寒いですね」ということが多い。

今日は、雨降りでしたのでお客様もかさを持ってのご来店です。雨も暖かく感じられる季節になりましたね。ラジオの天気予報では、明日はいいお天気だそうです。それに暖かいらしい。花粉も飛ぶらしい。ダンナは、タイヘンだ。

いつもいらっしゃるお客様が今日は、お嬢さんをつれてみえる。「受験が終わっていよいよ高校生」と言っていた。そうこの時期「卒業式」・・・とそして「入学式」のシーズンですね。

昨年の今頃、我が家の娘も卒業式だった。袴姿は、もう二度と見ることないが親になって子どもの進学や進級などは、うれしいことですね。

世の親御さんは、わが子の晴れ姿に心から喜んでいらっしゃることでしょう!!!

2006年3月 8日 (水)

日帰り温泉2

昨日、急に休みになった。日曜日にしっかり働いたのでいいことになった。

それに娘も休みだったので関越道を走って嵐山小川ICで下りる。向かった先は、「花和楽の湯」2年前ぐらいにできた日帰り温泉。人気があるらしい。

泉質もよくそれに最近はやりの「岩盤浴」もある。ゆかたもタオルもついて1050円は安い。時間制限もないし、とにかくゆっくりできた。それにしてもほとんどおばさん方ばかりだった。(オバさんも含めてだけどネ)

関東近県の日帰り温泉は、60%ぐらい制覇しているオバさんにとって今回の「花和楽の湯」はおすすめである。

では、・・・・・・。

2006年3月 5日 (日)

おにぎりだけ・・・・・。

今日のお昼ごはんは、シャケと梅干いりのおにぎりのみ!日曜日も仕事のオバさんは、お昼は、麺類や残り物を使って作ることが多い。

でも、今日のお昼休みの交代が出来なくなり、2個のおにぎりとペットボトルのお茶を持ってお店に行く。

ダンナが親戚の法事に出かける。3月には、法事が多い。仕事以外にも、親戚付き合いや商店街の付き合い等けっこう忙しい。オバさんにいつもそのつけが回ってくる。グスン!!

やっぱり、今日の昼食は、野菜が足りないヨネ。炭水化物の塊だわ!

でも、春はもう少し・・・・・。

車で少し走って行くと田舎道には、ピンクや白など桃の花や梅の花が満開になっている。春の空気が少しづつやってきている。

そうだ、よもぎを摘んで「蓬餅」なんて作ってみようかな?

2006年3月 4日 (土)

3月はユウウツ・・・。

書店業にとって3月は1年で一番かき入れ時だ。

店内のPOPは。「ご入学、ご入園おめでとうフェア」でドラえもんがポスターのなかでにこにこしている。

オバさんのところは、小、中、高校の教科書を2~3週間の間に一斉に配布しなければいけないから。それに今月は、休みが取れない。5月の連休明けに各自3日ぐらい平日に休みを取ることにしている。

さて、最近更新できなかったのは、息子が入院したせいだが、もっとも3日で退院してしまった。これで2回目の入院。彼は4年前「自然気胸」で入院手術をしたが今回は、右胸のほうが「気胸」になったらしい。でも今回は、手術をせず退院。再発の可能性もあるらしい。

若い男性でやせて背の高いヒトに多いらしい。主治医の先生は、以前お世話になった先生で一安心。

仕事中に・・・・・、

「お母さん、入院になったから」という連絡から3日後の夕方、仕事が終わったら病院に行こうとしたら「今日これから退院になったから」との連絡。アットという間の入院生活。

2回目になると親も様子がわかるので、手抜き状態だ。

それにしてもこの1週間慌しかった。

でも3月の声を聞いて少し、春らしさが感じられてきましたね。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31