無料ブログはココログ

« 読書案内  vol.1 | トップページ | ハリー・ポッター第6巻の動きは? »

2006年5月20日 (土)

DEATH NOTE 映画化

今日の荷物に『DEATH  NOTE』映画化セットのジャンプコミックが入っていた。集英社コミックセットを先日申し込んでおいたから?か。記憶が飛んでいる。

アヤシイ!  今朝 ダンナに注意される。

先日、文庫『ダ・ヴィンチ・コード』に手書きのPOPを書いた。売り上げUPを目指そうとしたのだが、またもや間違いを指摘された。

文庫は上・中・下と3巻になっているのだが、なん~とオバさんは、上・中・上と書いていたらしい。 下は、嫌いらしい? しっかりと修正液で最後のがぬられていた。

話は戻って『DEATH NOTE』映画化おめでとう! 誰におめでとうか?分からないがコミックと実写版とどのように違うのか分からない。

お客さん(中学生?か高校生?)がDETH NOTEは、字が多くて漫画読むのにつかれるですよー。と言っていた。

オバさんは、めったにコミック読まないがチラッと見た。確かに字が他の本に比べて多い気がした。ストーリーは、しっかりしているらしい!

とにかくオバさんは、これをいかに売るかが勝負! だからDETH NOTEを読まなくちゃ~。

« 読書案内  vol.1 | トップページ | ハリー・ポッター第6巻の動きは? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/10153277

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE 映画化:

« 読書案内  vol.1 | トップページ | ハリー・ポッター第6巻の動きは? »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28