無料ブログはココログ

« 教科書供給問題。 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006年5月15日 (月)

初夏のたよりと母の日

本屋の仕事も新学期の忙しさから解放されて少し落ち着きを取り戻しつつある。

オバさんも昨日は「母の日」にあやかり、娘から「ランの花」をもらった。でも、実家には、86歳になる母が元気にしている。今年は夏物の洋服をプレゼントした。妹たちもそれぞれお祝いの品物を持ってきたらしい。母は、4人の娘を持ち、いつも娘たちが来てくれることがうれしいと言っていた。

そして一緒に暮らす義母にもプレゼントというよりこのところ、出前の寿司でお祝いすることが多い。ダンナの妹が群馬からプレゼントを持ってきてくれた。義母は、いつもよりうれしそうだった。

そういえば、スーパーのお花売り場は、大忙しのようだった。オバさんの店にもお客さんを分けて欲しいくらいだった。

若い男の子がカーネーションの花を照れくさそうに抱えている姿に、お母さんは幸せなんだろうね!なんてね思っちゃいました。うちの息子は、お花なんて絶対くれないだろう!けど。(でも、小さい頃にハンカチをプレゼントされたことがあったけ!)

なぜならダンナがプレゼントなんて苦手な人だから。息子は、ダンナと似ていてしっかり同じことをするから。

でも、家族が元気でいられることが一番うれしい。

そのうち、子どもたちもパートナーを見つけて出て行くだろうから。

« 教科書供給問題。 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/10080683

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のたよりと母の日:

« 教科書供給問題。 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28