無料ブログはココログ

« 11月のたより | トップページ | 晩秋の大山散策 »

2006年11月23日 (木)

女の一生と井戸端会議

『女の一生』モーパッサン(新潮文庫)を学生時代に読んだ。遠藤周作も同名の本を書いているが読んだ記憶がない。

最近、ヘアーサロンを経営されている方と世間話をした。お互い年齢も子どもの年も近いせいか話がはずむ。それにお店で働きながら子育てをしてきたから。

お嬢さんが結婚されてお店を手伝っているという。「ご主人と3人で仕事が出来ていいですね」と言うと

実は、だんなさんが数年前に家を出て行ってしまったのという。なぜ???だって真面目で働き者のお婿さんだったのに。

だんなさんは、「これからの人生は、自分らしく自由に生きたい!」とある日一人で家を出て行ってしまったとのこと。(よく女性の方から熟年離婚を言い出すことが多いが)

彼女は、私に話せるぐらいだから心の整理がついたのだろう!私は、近所なのにいつも雑誌をお届けしているのに少しも知らなかった。

彼女は、「私、タガがはずれていたら包丁でお父さんを刺していたかも。それくらいおかしくなっていたの」その後ずーと心が壊れたように何もかもいやになったという。

でも、最近思ったの。足りないものをいくら嘆いても手に入らない。今あるもの「仕事」や「子ども」「お店のお客さん」を大切にしたいという。

私も本当にそう思う。50代になると家族、仕事、親の問題などいっぱい自分たちにのしかかってくる。「隣の芝生は、あおく見える」というがそれぞれいろいろな問題を抱えながら生きていると思った。

彼女は、『ああ 正負の法則』 美輪明宏著  PARKO出版 ¥1500+税 を読んで救われたという。

苦しんだ分どうか幸せになってほしい。彼女は、「私、婦人公論(雑誌)に体験記書いてみようかな」という。

ぜひ書いてくださいね。20分間におよぶ井戸端会議でした。

« 11月のたより | トップページ | 晩秋の大山散策 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいお話ですね。人生を一生懸命生きてる人、応援したくなります!『本』に助けられる…ってありますよね。人が人を救えない時もあるっていうのに…。
私も高校生の時、本に助けられました。
だから 今の自殺しようと考える学生に 
なにか「心の本」を持って欲しいな~と思うのですが…。

20分で切り上げられた井戸端会議は気持ちいいですね。chiyomiさんはついつい長くなってしまいます。(^_^;)
50年余り生きてきて、まだ婦人公論の体験記を書くほどのことには遭遇していません。(気が付かないだけかもしれませんが・・・)同社の日めくり傾斜宮占いのおかげかもしれません。
もうすぐ来年度分が出ますね。

>沙穂流さん、
お元気に仕事されていますか?年末が近づいてきましたね。

お客さんとのお話から多くのことが得られますね。(最も、ストレス発散しているのかも?しれませんが)

本屋の仕事もカレンダー・手帳・日記等売り場がにぎやかになりましたね。

 ガンバリマショウね。

>chiyomiさんへ

私自身もあまりドラマテックな人生では、ありませんが、大なり小なり紆余曲折がありましたね。

お客さんや友人はじめブログのお客様から多くのことが学べてうれしいです。

それから「ブログ」をまとめて出版されたとのこと、すばらしいですね。過去のブログ読ませていただきます。

透明感の文章がステキですね。

はじめまして、
でもときどき寄らせていただいてました。
今日の問題は体験者として何かアドバイスしてあげたいと、応援の気持ちをこめて書き出しています。わたしの場合「人間万事塞翁が馬」この言葉がピッタリです。このような人生になってほんとうに良かったとさえ思えます。だからお伝えください。なにが幸せになるか、後にならなければ分からないと。わたしは夫が出て行ってから、20年悩みに悩みました。でも今は自分から選んだのでもないのに、よくぞこんなにいい人生が来たなあと。悲しみは人間を成長させるし、解決したいと思うから本も読みます。

>あきの様ご来店有難うございます。

いつもコメント欄でお名前を拝見しておりました。実感のこもったコメントいただきとても感謝しております。

時間やあきのさんの生き方が今の生活を作ってきたのでしょうか?

私には、あきのさんのすごいエネルギーを感じます。
是非、また機会がありましたらこれまで乗り越えてきた人生を教えてください。

ブログお邪魔させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/12791562

この記事へのトラックバック一覧です: 女の一生と井戸端会議:

« 11月のたより | トップページ | 晩秋の大山散策 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30