無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

群馬へドライブ?

年の瀬も押し迫った今朝、息子の住む群馬県へ行く。

今日が会社の仕事納めで明日から正月休みという息子に引越し荷物を届けに行く。独り身ゆえ荷物らしきものはないため自分の車で半分以上運んでいたが家電物は、会社の車が空いたこの時期に運ぶことになった。

私は、久しぶりに関越道を飛ばして群馬県に向かう。今日は天気がよいので赤城の山がよく見えた。秩父連山もスッキリ見えた。快適なドライブで一人運転して渋川に向かう。

いっそのこと「伊香保温泉」にでも寄って一泊したい気分だ。でも、今日は、ダンナと店長にお店を頼んできたのですぐUターンして帰る。

午後、久しぶりに息子と地元のホームセンターへ買い物に行く。この時期どこも暮れの買い物客でごった返している。息子は、独立心の強い子で何でも自分でサッサとやる子で母親と一緒は苦手のようだ。荷物を置くと「もう帰っていいよ!」いう。

半年以上一人暮らしをしているので心配していないが食事は、コンビニに頼っているようだ。洗濯は、よくしているようで安心だ。

夕方帰る際に「みぞれ」が降ってきた。沼田方面は、雪だったとか。からっ風が冷たく赤城おろしが耳を赤くさせる。

「どう、渋川は?」と聞くと「静かで住みやすいよ」という。

多分、また来るのは、来年の夏あたりかもしれないが息子の仕事がうまくいくことを願って帰途に着く。

2006年12月26日 (火)

暮れの一日

12月もあと少しになるとお客様との会話も「一年がはやいですね」ということが多い。

クリスマスが終わるとお店は、急に「お正月バージョン」に衣替えになる。平台も「お正月休みの読書案内」に変える。

しかし、我が家は相変わらず掃除も中途半端で正月の準備どころではない。いつものことだが事務仕事に追われている。年末は、支払いも早く済ませないと銀行が混んで待ち時間が多くなる。

その上、息子が急に群馬に引越しすることになり、マンションを引き払うことになった。本人は、必要最低限の荷物を持って行ってしまった。残りは、自宅においてという。しかたなく残り荷物を取りに行く。

昨夜、電話が入る。群馬は、寒い、寒い・・・という。当然だろう!妹が20数年前お嫁にいってすぐ「群馬は、寒い」と同じようなことを言ってきた。

はじめて遠くに行ってしまったが(群馬と埼玉じゃ遠くないか?)自分できめたことだから自分のことは、自分で始末してくれ!という。

残り、5日間スケジュールを作り(午前の部、午後の部、夜の部)掃除や買い物など済ませることにしよう!

今日は、年末調整の仕事をして税理士に渡すことだけかな?雨降りで寒いのでちょっとやる気が出ない。

2006年12月22日 (金)

父と娘とクリスマス

街は、クリスマス一色ですね。商店街も電飾を飾っているお店が増えてにぎやかです。

当店も今年はレジの後ろ側のガラス面に電飾をつけてみた。ブルーとホワイトのイルミネーションがきれいです。個人のご家庭でも夜、車で走っていると「ワァーきれい」というお家に出会う。地元には、マスコミに登場している家がある。

やはり、気になるのは電気代ですが・・・・。

さて、そんな夜に娘の帰りが遅いとヤキモキしているうちのダンナがいる。最近、忘年会やらデートなど11時過ぎの帰りが多い娘だ。

ダンナは、駅まで5分の我が家なのに娘からの連絡を今日も待っている。遅くなると「今日は何時に帰るんだ?」と聞いてくる。

娘は、「○○ちゃん家って門限あるの?」と聞かれるらしい。そこまでお嬢様でないからね。いずれにしてもこの時期ダンナのアッシーくん(古いですなー)は、続く。

2006年12月21日 (木)

時間とお金の使い方

昨日は、久しぶりにお休み。外商の仕事が一段落したので休みを取る。

しかし、暮れのこの時期やることは、「大掃除」ですがわたしは、11月から作戦(?)を考えスタートした。10月に義母の障子張りをしておいた。それに12月始めに一番たいへんな「浴室」と「台所」{納戸」をやっておいた。

とにかく今年は、26日までに掃除を終わらせておくこと。(必勝作戦!)

さて、昨日は、午前中、玄関と食堂を掃除して、午後から近くの日帰り温泉に行く。

ゆったりと露天風呂に浸かっていると30代~40代ぐらいの若いお母さん二人が世間話をしていた。

彼女たちは、子どもを幼稚園にあずけながらパートで働き、カラオケや温泉と時間を使っているらしい。専業主婦の人は、いつも予定が決まらないし、旦那に予定を聞いてきめるという。彼女は、時間やお金の使い方が出来ていないことを追求していた。な~るほど!若いけど自分を楽しんで仕事も子育ても頑張っているんだ。

パート先でも仕事をテキパキしていそうな女性だ。子育てもしっかりして、タイトルにも書いたように「時間もお金も使いようよね!」ともう一人の方に話していた。

私もそう思うが、でもなかなか思うようにいかないことも多い。相手のあることだから。

イヤだとか面倒くさいとネガティブな考えは、捨てよう。いやなことから先にやってしまおう!(でも、年賀状まだ作ってない~・あぁあ~たいへん)

クリスマスもしっかり働こう。夜、息子が久しぶりに帰ってきた。今度は群馬方面に仕事が変わったから引越しするらしい。一晩寝て今朝早く帰った。

2006年12月15日 (金)

大佛次郎論壇賞!

第6回の大佛次郎論壇賞は、「北方領土問題」岩下明裕著(中公新書 税込み882円)と奨励賞の「多元化する『能力』と日本社会」本田由紀著(NTT出版 税込み2415円)。

2冊とも私の店では、はっきり言って予約がない。時折、お客様にご注文いただくことがあるが。

今回、奨励賞になった本田氏の著作に興味があったのでブログに取り上げた。

理由は、「教育界」で言われている「人間力」に対し著者は、自身の学生時代を考察しながら競争社会のおける人の内面まで評価するのか?という。

ハイパー・メリトクラシー(超業績主義)と言うコトバが気になった。高校生の家庭学習の時間が少なくなっている現代「何か」を探せる時間や価値感を見つけられることが大切と思う。

3年内で離職する若者がいるというが著者は、多元化している『能力』に学校教育の専門性を高めることを言っているが現実とのギャップが見える。

とにかく買って読んでみようと思う。少し価格が高いのが??

2006年12月12日 (火)

カレンダー

12月も半ばになり、平台には、カレンダーがあふれている。最近では、日めくりカレンダーも入ってきているが動物や自然風景モノがよく出る。

毎年、「星野 富弘」カレンダーを多く購入されてお客様にお歳暮として配る方がいる。

私が好きなカレンダーは、婦人之友社のARTカレンダーである。(注文買い切り制)

その他、取引先からも名前入りのカレンダーをいただく。でも掛ける場所が決まっているのでそれほど多くいただいても1年間巻いたままで処分してしまうこともある。

自社用カレンダーは、定期購読のお客様にこの時期お配りしている。毎年楽しみにしてくれる方も多い。(あまり大きくないのでいいらしい。)

カレンダーの日付も残り少なくなったが今年1年無事過せたことに感謝しようと思う。

仕事は、学期末集金やら外商の残務整理やら相変わらずあわただしい。

ONとOFFをうまく切り替えて年内走り続けよう。このところ下痢ぎみの風邪のようだ。口角炎にもなっているのは、胃の調子が悪いせいかもしれない。

そうだ、明日は、犬の「アキ」ちゃんのシャンプーでもしようかな?

2006年12月10日 (日)

最後の手紙

そのハガキは、今年の4月ごろにきた夫の学生時代からの友人Mさんのだった。

  小生、一時退院して5月に「骨髄移植」の予定です。秋には、沖縄である「校友会」に行きましょう!それを目標に頑張ります。というような内容だった。

夫とMさんは、大学のサークルで知り合いともに卒業後「家業」を継ぎ、社長として忙しい日々を過していた。その後も家族ぐるみでお付き合いさせていただいた。毎年彼らは、同窓会で会っていた。奥様も同じサークルだったので彼らは、会うとすぐ学生時代のように話を始める。

夫のアルバムには、Mさんとの東海道や中山道徒歩旅行の写真や合宿の写真がいっぱい貼ってある。(若いころは、少しうらやましくあった。)

先週、奥さんから「Mやっぱりダメだった」と連絡があった。移植はうまくいったのに薬により「免疫力」が落ち感染症になったらしい。

昨年、「本田美奈子.」さんが「急性骨髄性白血病」で亡くなられて身近な死になりつつある病気であった。でも、移植により生還されている方も多いので治ってどうしても夫と一緒にもう一度「旅行」に出かけて欲しかった。

夫は、同期の仲間たちに連絡して新幹線で名古屋に向かった。都内や静岡、千葉から友人が駆けつけてくれたという。そしてみんなでMさんを見送ったという。

夫は、「あいつとうとう骨になっちまったよ!」と言いながらメガネをあげて目頭の涙を拭いていた。まだ50代なのにお互い子どもがみんな社会人になりようやく一緒に旅行へいける年になったというのに・・・。

 死が身近になったこの頃です。写真の中のMさんは、とてもロマンチストで旅好きで奥さん思いのやさしいダンナさんでした。

どうか安らかにお休みください。

2006年12月 2日 (土)

12月に入って

関東地方は、割合暖かい日が続いている。

12月始めは、外商の学期末〆の請求書のうち出しや発送等ほんとに仕事が追いかけてくる。

それに請求書にミスが見つかり再度作り直ししなくていけない。日曜日一日がかりになりそう! ショック!なんで気付かないでいたの?と頭にきても「まぁーいいか!」いやなことは早く終わらせて違うことをしよう!と考える。

お店には、クリスマス関係の絵本やプレゼント用品が並ぶ。

今年は、POPをいっぱい書いた。

★ 『シャーロットのおくりもの』 あすなろ書房 ¥1500+税 (12月映画ロードショウ)

この本をお子様、お孫さんに是非読んでいただきたいです。クリスマスプレゼントはこれできまり!

★ 『あなたが世界を変える日』 学陽書房   ¥1000+税

万引をした少年にこの本を読んで感想文を書かせた書店員さんがいた。(もっと広い視野で世界をみよう!!)少年は、自分の心の弱さに気付いたという。

★ 『てぶくろ』 福音館書店  ¥800+税

一度は読んだことのあるロングセラー。繰り返されるリズムとやさしさ、寒い冬に是非読んでね!

★ 『わすれられないおくりもの』 評論社 ¥1000+税

アナグマがのこしていったおくりもの。人生にとって大切なものは、何でしょうか?

心が温かくなる絵本です。

★ 『100万回生きたねこ』 講談社 ¥1400+税

ただ大好きな本です。私が言うまでもなくみんなが知っていると思います。

そのほかにもいっぱいお薦め本がありますがお子さんの年齢や興味もありますのでご家族のかたが選んでくださいね。

ゲームも面白いですが是非「本」も読んで欲しいですね。

さて、昨日、午後休みをもらったのでchiyomiさんのブログで紹介いただいた「ゆずジャム」を作ってみました。ついでにキューイフルーツが安かったで「キューイフルーツジャム」も作りました。

余ったゆずとダイコンで「ゆずだいこん」も作ってみました。すごい気分転換になりました。

_002_1

ビン詰めにした「ジャム」は、実家の姉におすそ分けしてきました。

chiyomiさんありがとうございました。

都内の仕事先の社長さん(女性)が来店になり先代のお父様の後を受けて会社を継いだというご挨拶にみえました。私にとお花を持ってきてくれました。とても気配りのある方でうれしくなりました。

_001_2  12月がハイスピードで過ぎていきそうでちょっと怖い気がしますね。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30