無料ブログはココログ

« 食育教育と朝ごはん | トップページ | 東京ウォーキング! »

2007年1月25日 (木)

収穫の冬?

先日、用事があり妹の家にお邪魔した。2つ違いだが彼女は早く結婚したので子どもたちの年齢は同じ。

姪が6月に結婚するのでそのお祝いや世間話で盛り上がっていたらダンナさま(義弟)が帰ってきた。

私は、遅くなるといけないのですぐと帰ろうとしたら妹がこれ持っていって!とお土産をもらった。   Cimg2691

     Cimg2690        夏みかんが15個と魚(サケ)の冷凍パックしたもの(70センチぐらいの大きさ)

   さて、どうしようか?我が家では、食べないものばか

   りでなんとかしなくては・・・。冷蔵庫に入りきれない魚 

切り身にしなくては。でも埼玉の人間は、3枚におろして食べるような生活をしていない(多分私だけかもしれないが)切り身にするには、まずと以前一度やったことを思い出して力に任せておろす。保存は、酒かすにつけて冷蔵庫でねかせる。石狩鍋と??後は何しようか?

料理名人?(迷人)の私のレシピには浮かばない。

さて、夏みかんは、もっとタイヘン。誰も皮をむいても食べない。酸っぱいものは嫌いなダンナや娘、困って以前chiyomiさんがブログで紹介されていた「ジャム」作りをしようか?思案中。いまだ、台所の邪魔者扱い中です。

いずれにしても「もったいない」精神2つのお土産と格闘中!!です。

どなたか教えていただければ有難いです。

« 食育教育と朝ごはん | トップページ | 東京ウォーキング! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

わたしも鮭にはオウジョウしました。何しろ一匹まるまるの新巻。切ってはあったし、おいしいのでしたが、これは困る。しかし困るから来年から送らないでくれとも言えない相手だし、冷凍庫もいっぱいになるし。一人の家に一匹はほんとに困りました。
夏みかんは、最初すっぱいけれど、そこをガマンすれば、三房くらいからは美味になります。ただしそれでもすっぱいのなら、身を袋から出して、砂糖と生卵でかき混ぜて食べてみてください。美味しいこと請合います。

>あきのさま
よい情報ありがとうございます。
夏みかん早速作ってみます。おいて置くとどんどん
時間ばかり経って生ゴミになってしまいますので。
小浜島はいかがですか?
一番ぜいたくな時間の使い方をされていますね。
少しでもおいしく食べることができることを
願っていますが。島の食事は合いませんか?

小浜島はテレビで有名になったところですね。あまりいいとは思いませんでした。来てからずっと梅雨のような毎日だったのに、きのうは青空。すらっと、西表島に行きました。これは文句なく良かったです。山歩きもしました。由布島へ渡るのに、水牛車に乗りました。がまんして乗りました。首に16人の重さをかけて、かわいそうでした。首の皮が厚くなっていました。食事は八重山そばとか、ソーキそばとかがどうしても食べられません。ウコンににおいもだめですっ。

chiyomiさんならごっつううれしいです!
鮭はお弁当に(毎朝2つ作ります)粕漬けにして焼いたら焦げやすいのが困りますが、甘くておいしいです。
お正月を過ぎるとおみかんの味が落ちるので、ポンカンとか伊予柑、それが過ぎると甘夏。夏みかんのぼたぼた果汁が落ちるすっぱいのは大歓迎です。(^o^)
久しぶりにあきのさんの元気な様子を知ることが出来うれしかったです。

>あきのさま
南の島の生活もアッという間に過ぎていきますね。
ソーキそばとか八重山そば確かに本土の人の口に合いにくいですね。
食べ物は、けっこう影響大きいですね。
でも、西表島でステキな景色が見られたのでよかったですね。

>chiyomiさま
とてもマメなchiyomiさんには、いつも頭が下がります。私は、口先はけっこう動くですが手が動かないと子どもの頃、母に叱られていました。
ですから今回のようにいっぱいの野菜や食料品がくるとお手上げです。
少しでも、マメになりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/13652333

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫の冬?:

« 食育教育と朝ごはん | トップページ | 東京ウォーキング! »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28