無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

おひなさま

先日のPCの故障からようやく開放されて一安心していたらもう明日から3月ですね。

当店も3月の声とともに忙しくなります。

この間の日曜日にダンナと一緒に「おひなさま」を飾りました。旧暦のイベントで3月3日~4月1日まで「まちかど雛めぐり」があります。毎年我が家のおひなさまを飾ります。

P2250043_1 このおひなさまは、戦後すぐにおばあちゃんが娘のために買ったようです。「御殿かざり」という大正から昭和20年ごろまで作られたものらしいです。この間お客様がこれは、たぶん静岡方面で作られたのではないか?と言っていました。50数年経っています。おばあちゃんは几帳面な人で飾り方やお内裏様や親王様、五人囃子の持ち物を図に書いておいてくれました。

だから私たちにもなんとか飾れました。P2250044

近くのセンターに行ったときに撮ってきたおひな様です。娘のおひな様は小学校2~3年生の時に飾ったのが最後で後は、木目込みの対になっているおひな様を玄関に飾るだけでした。

3日を過ぎたら早く片付けないといき遅れるという迷信(?)で4日には片付けていました。

イベントの関係でお店のおひな様は4月まで居座っております。

これから当店は、教科書販売や新学期準備でにぎやかになります。

さぁ~て!明日から1ヶ月間がんばろ~。

2007年2月25日 (日)

祝!新装開店です。

ご無沙汰しておりました。

実は、2月17日にPCのレジストリの破損により再セットアップになりこの1週間てんてこ舞いでした。したがってネットもできずデータがトンでいたり、もうトホホの状態でした。最もピクチャーは、バッアップして取ってあったので安心でしたが・・・。

とにかくバックアプだけは、しっかりしておかなくちゃ!という感じです。事務所のPCは仕事しか使っていないのでデータ管理は、単純で毎日バックアップとっています。

さて、そんな2週間近くの間に姪の結婚式に夫婦と子どもたちで出席した。娘は、式の途中から調子が悪いと言い出し、帰ってきたら38度の熱で翌日医者に行ったらインフルエンザということで散々なことになっていました。

ようやくPCもつながり、「本屋のオバさん」も復旧しました。データが残っていてよかったです。ハイ!

皆様、これからもよろしくお願い申し上げます。コメントのこしていただきながらお返事できずにいた方申し訳ありません。

2007年2月12日 (月)

少子化問題と子育て

先日の某大臣の発言「女性は生む機械」以来、どうも少子化問題が女性だけに育児の矛先を向けている気がする。

昨日お店に「赤ちゃん」をつれた息子と同じ年ぐらいの若いお母さんが見えた。入ってくるなりニコニコ挨拶されるので知り合いかな?と思ってしまった。15分ぐらいしてレジ前にやってきたので「赤ちゃん可愛いですね。」「何ヶ月?」と聞く。

「10月に生まれました。夜泣きがすごいんです」と彼女。

「旦那さんは手伝ってくれるの?」「いつも仕事で遅くて今日はお休みだけどかわいそうだから寝かせてあげてるの」  「夜泣きってたいへんだよね」いいつつ彼女の話を聞く。

「少し、外に出せば寝てくれるかも」と思って本屋さんにきたという。「今は、大変だけどもう少ししたら大丈夫よ!」というのが精一杯の私。

「お母さんは?」「岩手だから近くに知り合いいなんです」「そう大変ね」

以前パートで働いてくれていた山形出身のKさんが同じようなことを言っていた。

Kさんも夜泣きで赤ちゃんと一緒に泣きながら外を歩いて寝かしつけた話をしてくれた。

私は、幸い舅・姑や大きいおばあちゃんと小姑などにぎやかな家族だったので子育て中は、みんなが手伝ってくれた。ほんとは、社会全体で子育て中お母さんたちを支えるシステムを作っていくことと企業は、お父さんが「子育て」に積極的に参加できるようなサポートができないか?

カタチから入るか?もっと地域社会に子育てを支援する芽が出来るといいんですが。

彼女に私は「もしよかったらまた、あかちゃんを見せにいらっしてくださいね」と言う。

子育て中は、誰もがタイヘンだから。私にとって今では、懐かしい思い出、そして一番充実していたころかもしれない。

2007年2月11日 (日)

日曜の朝に

朝から青空でとても気持ちがいいですね。少し風が強いけどこんな日曜の朝もいいですね。

今朝は、珍しく9時から一人でした。娘は仕事に出かけ、ダンナと義母は、来週結婚する姪のところにお祝いを届けに行きました。

あまり外に出ることのない義母は、結婚式にも出ません。7人いる孫のうち、はじめての結婚式だから出たらと進めても椅子に座っているのが辛いとか大勢人がいるところには行きたくないということで今回は遠慮した。

さて、誰もいない家に私が一人ということは、めったにない。誰にも遠慮せずのんびりできる。洗濯物を干し、床にモップをかけたら後は、お店にでるまで私の時間!

ハァー!待てよ、犬と猫がいるではないか。しかし、彼らは、午前中のお休みタイムだった。

インスタントでなく、ドリップ式でコーヒーをいれ、ゆっくり新聞を読む。何も余計なことは、考えないことがいい。こんな時間がもう少し多くあればいいのですが・・・。

人は、自分にないものばかりねだるものかもしれない。いつも大勢のなかで生活してきた私にとって何かしていないと気がすまない性格(貧乏性ともいうが)は、長い年月に作られていたのかもしれない。

そんなこんなの朝も11時前には、義母とダンナが帰ってきてしまった。その後ダンナは、あわただしく同業のかたの「法事」に行ってしまった。

さあ、きょうも1日仕事ガンバロっとー!//////(^0^)/

2007年2月10日 (土)

ケータイ小説

先日、『赤い糸 上・下』というケータイ小説が入荷した。このところこの手の本がよく売れる。

別にどんな本であれ本には違いないのだが。今日の朝日新聞の夕刊にも「普通の若者がケータイ小説」という見出しで特集していた。

このところ書籍も雑誌同様売り上げがいまいちですがケータイ小説はなぜかよく売れる。

内容は、コミックの「ふきだし」のような「せりふ」のような「若い男女の恋愛小説」のようなものが多い。

中学生ぐらいの女の子がよく買っていく。確かに普段あまり小説なんて読まないような感じだが「恋空上・下」とか「もしもキミが」とか平台にたっぷり積んである。

もし、どんな内容なのかと興味がある方は、「魔法の図書館」にアクセスしてみたらと思います。でも、あまり興味ないかもしれませんね。

私も、一応中身見たんですが30分ぐらいで読めちゃいます。若い作家さんは、ほとんど同年代の方むけに自分の体験をもとに書いているみたいです。

なぜ「ケータイ小説」が売れたのか?疑問ですが素人に近い方がこんなにも本を出し、売れるのは良いのか?悪いのか?・・・・・・・。

多分、一過性のもののような気がしますが若いかたの活字離れが進んでいると言われる昨今少しでも「本」を読んでいただくと「本屋のオバさん」うれしいっす!(^0^)ハイ!

2007年2月 8日 (木)

ビジネスノート

最近買った本に『たった一人の老い支度』実践編  岡田信子著 新潮文庫  (¥476+税)がある。 40歳になったらそろそろ。50歳になったら是非。60歳になっても、まだ間に合う。と帯に書いてある。考え方・お金・住まい・食生活・体・おしゃれ・「いざ」のとき

最後はより快適な老後のためという章に分かれていて読みやすい。それに岡田氏の肝の据わった人生経験がいきいきと書かれている。

私も老後に向けての予行練習いや「練習ノート」として読んでいる。全部うまくいくとは限らないが心意気がすばらしい!

さて、もう1冊は、だいぶ前に買った本らしい。PCの周りを片付けていたら出てきた。確かに買った記憶はあったが読んでいなかった。よくあることだが・・・。

本屋のオバさんである私だが意外と本を読んでいない。というより他店に行くとつい「売れ筋」棚の本や平台の本のチェックになり時折散らかっている本を直してしまうという「職業病」に陥ってしまう。ダンナは、年とともに朝早く起きるようになって布団から首をだして腹ばいになって好きな本を読んでいる。

私は、読みたい本がいっぱいありながら常にフットワーク軽く動きまわっているため落ち着かない。歯医者さんの待ち時間や電車の中、喫茶店での待ち合わせの時間までという細切れ読書が多い。

さて、忘れかけていた本は『仕事で成功するために必ずやっておくべきこと』中島孝志著 きこ書房  ¥1300+税 そこに1冊のノートのことが書いてあった。手帳は持ち歩いているが記録ノートでなく自分の願望や何を優先するか・今年やること・そのためにどうしたらよいか?

私の「ビジネスノート」は、自己流でメモ的で、絵を描いたり、図を描いたり等他の人が見たらなんだこりゃ?という感じです。

 例えば「団塊世代」という言葉の周りにそこから感じたことをまわりに書いていく。また矢印で反対の意味の言葉を並べてみたりして発想の転換を図るようにしている。

2007年~2008年に向けて事業計画書を作っている。書店業以外の事業展開への作業が続く。オバさんの頭をもう少し柔軟にしなくてはいけないこの頃です。

2007年2月 4日 (日)

立春のころ

2月4日は立春でもうすぐ「春~ですよ!」ということで「みんな寒いけど頑張ろうね!」っていう感じですか?

しかし、今年の関東地方は、暖かいですね。今朝、犬の散歩に行くと庭先に「梅」が咲いていました。いつもの年ですと2月20日過ぎごろ咲き出すのですが。

2月は、息子とダンナが2週間違いで誕生日をむかえます。昨日3日(節分の日)は、息子の誕生日でした。一応、メールで「お誕生日おめでとう!」といれておく。今朝方、友達に会うため息子が帰ってきました。

間をとって来週ダンナの誕生日と合わせて食事をすることになっています。

お昼過ぎに買い物に行くと言って息子は帰っていくといつもの日曜日に戻って仕事をしています。

先週のイライラ疲れは、ガンセンターへ半年目の定期検査に行ったことと薬が3年半ぶりに変更になったことかもしれません。肩こりや目の疲れ、胃の調子が悪くなるなど「更年期症状」に近い状態でした。2~3日飲んできたら慣れてきて大丈夫のようです。あと1年半は飲まなくてはいけないようです。14日に腹部エコー検査が残っています。結果は、月末です。多分大丈夫という感じですが一度「前科」持ちになると気弱になっている自分がいます。

でも、根は、O型性格で3日も経つと忘れています。もうすぐ春。でも、ピューピューと外は、木枯らしが吹いています。日曜日の午後は、ゆったりとした時間が流れていきます。

2007年2月 3日 (土)

人生の道

先日、ある小学校の校長先生から注文いただいた本が今日入荷した。

書名  『今日も一日お元気で 365日』 田中 信生 編著  一元社

     ¥1000円(税込)

 人生、三つの道。寄り道、脇道、回り道。

 忙しくても、きちんと留まるところは寄り道をし、

 華やかな道でなくても、脇道を通らなくては

 ならない時もあります。近道をと願っても

 無駄が多くなることもあるように、労を惜しまず

 回り道をする。

     寄り道、脇道、回り道、人生の道ですね。

なぜかこのページのこの言葉がジ~ンときたこの頃です。今週は、仕事のこと以外にも

いろいろと問題を抱えていた。ブログに書き込めるところまで精神的に安定していなかった。

明日は、きっと安定しているだろう!と思う。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31