無料ブログはココログ

« コンサートに行く | トップページ | 読書案内 Vol 3 »

2007年4月 8日 (日)

油断大敵!

仕事が落ち着いたので昨夜は、ダンナと仕事が終わってから近くの「日帰り温泉」へ出かけた。

娘が遅番で21時半ごろ仕事が終わって帰ると言っていたのでメールをした。「おばあちゃん、見てくれる。お母さんとお父さんは、温泉に行ってくる」

23時ごろ戻ってくると「おばあちゃんがお風呂場で転んだの」ということ。このところ休みなく働いていたので久しぶりにダンナと出かけたがあせった。

義母は、幸い頭を打って腕の打撲ですんだ。足は、大丈夫だった。

今朝も、近所の方に「おばあちゃん、このごろ散歩してないけどお元気?」と聞かれた。

義母は、83歳まで毎朝、30分近く歩いていた。犬が元気なときは、一緒に散歩をしていたのでたぶんご近所の方には、強い印象があったのだろう。

このところ、どこにいくのもおっこうだと言い、病院にも私が車で送っていく。65歳までお店の仕事や事務を手伝っていたので頭の方はしっかりしているようだが転びやすい。

2週間前にも転んだ。ベットから降りようとしてコタツふとんの角に足を取られて頭から落ちたらしい。いつも、お昼休み時間は家に戻っておばあちゃんの様子を見に行くのだが仕事が忙しく事務所で仕出弁当を食べていたのでその日は戻れなかった。

夕方、戻ると義母が「お母さん、今日倒れて30分も起きられなかったの」という。転んで頭を打ったという。おでこにコブができていたので湿布薬を貼った。

やはり、運よくコブだけですんだ。足は、大丈夫だった。

私の油断がおばあちゃんの転びにつながってしまった。このところちょとしたことで転ぶ。近所の方も座布団の角でつまづいて肩の骨を折ったという。些細なことで家の中でおこるらしい。

昨夜は、たいしたことなく腕に湿布薬を貼って休んでもらった。娘が帰ってきていなかったら大変なことになっていた。おばあちゃん一人にしておけないこのごろです。

« コンサートに行く | トップページ | 読書案内 Vol 3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんにちは。
うちの母が先日84歳になりました。
離れて暮らしていますが、両親(二人暮らし)とも身体は比較的健康な方だと思います。ですがやはり物忘れは帰省の度に状況悪化な感じで、火をつけたままちょっと思い出した事をするのに移動して鍋を焦がす事が多いとか・・・実際事故につながりそうな事もあるようでとても心配です。
事故にはならないけれど、昔作ってくれた料理を忘れちゃってるのが残念でなりません。何かねだると本を見て作ってはくれますが、独特のお母さんの味ってあるじゃないですか。
何年も作ってないと忘れてしまうのはしょうがないですけど。
いつも「ゆっくり気をつけて行動してね」と言ってますが、ちょっとしたケガで弱ってしまった話を聞くので、どうかそのようなことがないように、と願って止みません。
自分を生んで育ててくれた大事な親です。
いつまでも元気でいて欲しいものですよね。

大事にならずに良かったですね。
年々足が弱くなりますね。足が上がらずつまずくらしいです。骨も弱くなりますから骨折もしやくなりますし。
親には元気でいて欲しいですね。
私も近い将来、親の問題が出てきそうです。

年取ると、足を上げたつもりがあがらない。布団の上で転んで骨を折った。そんなことがまわりにいくらでも起こっています。筋肉が弱るためのようです。やれるところまで、自分で体を鍛えるより方法はないようです。だから、ご飯を食べるように日々運動することを繰り返す。考えるとうんざりですが、わたしは独りで生きていきたいために夜が明けると、プールです。今年は74歳になります。

kettyさま

ご来店有難うございます。お母様も私の親と同じ年ですね。年々親のことが心配になりますね。
ましてや離れて暮らしていると見えない分気がかりですね。

実家の親にしろ、同居の親にしろ高齢になると転んで骨折が一番心配ですね。
kettyさんのブログもありましたら教えてください。お邪魔しますので。

セルラーさま

ほんとに介護の問題は、ひと事でないですね。
寿命が伸びていい反面老老介護になってしまいますね。ご両親がまだお若いセルラーさんは、これからかもしれませんが他の皆さんのブログでも同じ立場の方をお見かけしますね。


あきのさま

いつも自分に厳しく律していらっしゃるあきのさんには、頭が下がります。ほんとに年をとってから始めるのでなく、その前から老後の準備、体力維持などが必要ですね。毎日プールで泳いでいらっしゃると健康でいられますね。

はじめまして
はじめて訪問させてもらいます
宜しくお願いします
義母が躓いて転んでしまいました
大丈夫だからと病院を嫌がる義母でしたが
翌日 休日でしたが病院につれていくと
骨盤の骨折ということでした
72歳の義母は年より若く見えるのですが
何年か前も転んだとき骨粗しょう症の診断を受けました きっと骨の密度が少ない為なのだと思います
十数年前に脳梗塞で倒れた義父も左半身が不自由なままです
ブログを読ませてもらうと最近介護の話が多いと思います 年をとれば誰もが具合が悪いところが出てくるのは避けることのできない現実だと思います
子どもが小さい時は義父母の若くて介護なんてことは想像もしていませんでした
義母はがんばり屋さんなのできっとすぐに良くなると思いますが色々考えることもあります
でも今までの恩返しとして出来ることはしてあげようとも思っている私です
今年高校生になった息子の学校も朝読書ありますよ!読むのが苦手でスポーツ好きの子におススメの
本があったら紹介してください お願いします

葛布織さま

ご来店有難うございます。
お名前は、とまとさんのところやchiyomiさん・あきのさんのところでお見かけしておりました。
どうも気になりながら皆様のところにお邪魔できない弱気なところがありまして・・・。

さて、お義母さまのお世話をされていらっしゃるご様子私と同じですね。ほんとに年を取ると日々何が起こるかわかりませんね。
でも、義母からは、いろんな分からないことを聞けるので助かります。だから長生きして欲しいです。
葛布織さんも大変でしょうが頑張ってくださいませ。
今度、ブログお邪魔させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/14604948

この記事へのトラックバック一覧です: 油断大敵!:

« コンサートに行く | トップページ | 読書案内 Vol 3 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28