無料ブログはココログ

« おはなしマラソン | トップページ | 浅草寺に行く »

2007年5月10日 (木)

最近気になった本

GWに帰ってきた息子が群馬に戻りホッとしたものの、早くお嫁さんが来ないか?と余計な心配しているこの頃です。

ダンナは、例の団塊世代といわれ、彼の同期は、来年あたりに定年を迎えるようです。我が家は、自営業のため定年はないが退職金もなし、自力で頑張るしかない状態です。仕事があるうれしさの反面健康やいつまで続けられるか?などある意味贅沢な悩みがあります。

さて、5月12号の『週刊ダイヤモンド』に「団塊離婚と非婚ジュニア」という特集が組まれていました。(ダイヤモンド社 ¥570)

P5100085 私は、非婚ジュニアに近い息子のほうが心配です。

友人のお子さんたちも同じような状況でまだ親と同居していると言います。

年金の問題や「可処分所得」の消費金額が大きい彼らは、一人暮らしが一番贅沢らしい。

親の私たちにも原因があるのかもしれませんが・・・・。

次に子育てが終わった女性向けにP5100086   主婦と生活社(¥1000税込)

『私の居場所』別冊すてきな奥さん 

女の「幸せ」は50代で決まる。と書いてありますが

幸せと感じる?かどうかは、いまひとつどうなんでしょうか?

もう50代も半ばを過ぎますと皮肉のひとつも言いたい

ところです。

でも、魅力的な方々が載っています。めくってみる程度でも

面白いかもしれません。  

どうしても自分の視野でモノをみてしまい、関心の度合いを無視してブログに書き込んでしまい申し訳ありません。す~と読み流していただいて結構です。                     

« おはなしマラソン | トップページ | 浅草寺に行く »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「ダイヤモンド」さんは今の世相にあった話ですね。団塊ジュニアも色々言われてますね。
確かに自宅にいる子供たちが多いですよ。母親にお弁当を作らせてるとうに30を過ぎてる女性。40過ぎの独身男性が自宅で家事を歯はまかせ。給料まるまる使えますものこんな贅沢はないですよね~。
さて我が家の娘、どうなるでしょう?
30歳を過ぎたら一人暮らしをするように、それがいやなら高額家賃を家に入れてもらいましょうと話しています。(鬼ババかしら?)
「女の居場所」は知りませんでした。本屋さんには悪いですが立ち読みしてこようかしら?

こんにちわ!お久しぶりで~す。
お元気でお仕事されている様子、時々覗かせてもらっていました。
今でも週1度は客として、以前の勤め先の本屋に顔を出して
あれこれ、情報をもらっています。
でも、文芸書、文庫ばかりで、雑誌はたんとご無沙汰です。
「私の居場所」今回、素敵な特集ですね。
興味深々です。早速、見てみます!
これからも、身体に気をつけて
お仕事がんばってくださいね・・・。

こういうテーマの本は好きです。おもしろそうです。機会があったら立ち読みしそうです。でも買うまでにはならないと思います。理由は屋根修理で金欠病を心配している現在なので…。

セルラーさま

遅くなりましてごめんなさい。
最近の若い方は、携帯や趣味にお金をかけているので貯金も少ないのでしょうか?

セルラーさんのお嬢さんは、自立されているから大丈夫ですよ。
最近つくづく親が子離れしないといけないなーと思うようになりました。後は、実行あるのみです。

沙穂流さま

お久ぶりです。
先日、PCが壊れてお気に入りにいれてあった沙穂流さんのアドレスを飛ばしてしまい申し訳ありません。過去ログ調べてお伺いします。
本好きの沙穂流さんは、やはり書店にお出かけですか?
是非、またお出かけくださいませ。

あきのさま

屋根の修理のほうが大切ですよね。
最近は、図書館の雑誌コーナーも充実していますね。書店では、売れない本が図書館さんで取っていただいているので助かります。
雑誌は、適度に読み流されて結構です。最近は、ネットでの情報があふれているので雑誌の売り上げがいまいちです。

いずれも、とても興味深い特集です。
我が家は団塊世代とはずれているけれど、
「非婚」のシングルライフの心理って、どういうものなんだろう。
 50代もまだ先だけど、息子が巣立ち、娘も中学3年生。子育ての終わる日は遠くはありません。
 関心の度合いは、同じで~す。読んでみなくちゃ。

現在大学生の息子2人
最近勤め始めた娘(私がお弁当作ってます)
高校1年生の末っ子
家から通っているのも今となっては失敗だったかな?と思うこの頃です長男次男に関しては
バイトで夜中に帰ってきてシャワーは使いたい放題
テレビもビデオも付けっぱなし
勿論バイト代は全て自分のお小遣いになるし
食事も家でですから・・・・
家を出て生活しているよその子のお母さんが
親元を離れたらしっかりしてきて親の有り難味が判る様になったのか優しくなったよとか
話をきくと羨ましく思える今日この頃です
適齢期になってもどっぷり家に居座られたらどうしようと最近不安になる母です(汗)

葛布織さま

大丈夫ですよ。いっぱいいっぱい愛情を注いであげてくださいませ。

私からみたらホントにうらやましい限りです。
葛布織さんは、お幸せですよ。お子さんたちは、就職されると転勤や異動でお家を離れることになりますから。
それまでは、大勢のにぎやかなご家庭の中で過ごさせてくださいね。ママはたいへんですけどね!

つぼみさま

多分、10歳以上お若いつぼみさんですからまだまだご心配いりませんよ!

以前は、息子が離れて暮らしているのでほとんど情報が入らずやきもきしていましたが最近は、まあ何とかなるのかな?と子離れできました。

つぼみさんは、まだお嬢さんが中学生という可愛いお年ですから
いっぱい愛情が注げますからいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/15021388

この記事へのトラックバック一覧です: 最近気になった本:

« おはなしマラソン | トップページ | 浅草寺に行く »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28