無料ブログはココログ

« 再び新装開店? | トップページ | ジューンブライド »

2007年6月12日 (火)

学校へ行く

ほんとは、今日お休みだった。でもおばあちゃんをコンビニへ連れて行かなくてはならなかったので出かけられない。

先日の雨でこのところお買い物ができず、困っていた。

その後、ダンナが午後から青少年なんたらかんたら・・・?とかの会議があるので今日の○○学校の集金代わって行ってくれない?ときた。

あ~ぁ!自宅とお店が近いとつい仕事をしてしまう。

夕方、指定された小学校に行く。その学校には、以前経営していた当塾の先生が就職していた。その時も職員室で領収書を切っていたら「あ!○○さんですよね。私分かります?」と言われて彼女の声で気づいた。

今日は、どうかな?と思ったら校長室で会議中とか?彼女は、母校の後輩でもっとも親子ほどの年齢差ですが・・・。明るく子供ずきの先生でした。

それからその学校は、1~2年前に合併して校舎が新しくなっていました。

太陽光エネルギーとかで校舎の電気代を節約しているようです。また、職員室は、玄関隣にあり開放的で受付カウンターもあり廊下とドアで仕切られた昔の職員室とは大違いでした。

教室もオープンスペースが充実していて隣の教室との境がゆったりと仕切られていました。教室から校庭へのスロープもゆったりできていました。これからの子供たちがしっかり勉強できるような施設でした。(残念ながら写真はブログに載せられないのです)

子供が大きくなると学校とは、縁がなくなり興味が沸かないのですが今回は、久しぶりにやっぱ「学校っていいな~」なんて思ってしまいました。

それに職員室には、若いイケメンの先生や元気な女の先生などにぎやかでした。

現実に戻ってさあ~仕事しよう。本屋のオバさん今日もがんばるゾ!!!!

« 再び新装開店? | トップページ | ジューンブライド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

主婦はみんなお休みの日でも何かと忙しいものですね。
先日テレビで小学校の教室がオープンスペースになっているのを映していました。きっとあの時のと同じふうだったのだろうなって想像しています。
ほんとに子供が大きくなると縁がなくなります。
かと言ってもう一度やり直すのは・・・いいです。

自営業は休みでも急に仕事になったりと忙しいですね。塾の先生だった方が学校の教員になられていたのですね。
小学校も変わってきましたね。
校舎もですがクラスの人数も少ないし。
子供たちも・・・。
あと2年を切りました、教育費も(笑)

恵まれた学校の今が、新鮮に書かれています。教育界のニュースはいろいろと暗いことが伝えられますが、やはり日本の学校は環境がよく整備されて、文化度の高さを感じます。

学校は子供が卒業すると行く機械がなくなりますね。塾の子供たちから、家庭訪問だ、運動会だ、個人面談だ・・・そんな言葉を聞くと 懐かしくなります。私は学校の独特の匂いが好きです。子供たちが学校から帰って来ると、あ、学校の匂いだ、なんて子供の頭をクンクンしていました(笑)。

この前テレビでドアのない教室みましたよ!
ミスユニバース世界大会優勝の森理世さんの
母校がそうでした
私たちの閉じ込められたような教室とは大違いでした(笑)のびのび育てるにぴったりの空間でした
小学校に4人一緒に通っていて授業参観に飛び回っていた時が懐かしく思います
自営だったから自由がきいたことも多かったのですがしっかり休めないというのもちょっとね
土日は完全休業にあこがれます(笑)

chiyomiさま

子供が大きくなると学校とは、縁がなくなりますね。私も仕事で行きますが営業だとちょっとヘンですね。
最近の学校は、ほんとによくできていますね。
昔の木造校舎が懐かしいですが今の子供たちは、トイレも洋式だそうですから時代ですね。

セルラーさま

札幌も都会ですが都心は、過疎化で学校数が減ってしまいましたね。
でも豊洲あたりは、異様に子供の数が増えているようですよ。
空き教室がいっぱいの小学校が多くなり、あるいは閉校になった校舎が違った形(起業家のためのSOHOみたいな)で使われているのも時代でしょうか?

あきのさま

国際派のあきのさんだから外国の学校の様子がご存知なのでしょうね。
大人になるとあの時もっと勉強しておけばとか(30代ぐらいのころですが今では、まあ元気が一番ですが)学校って人生の中で何かと思い出の引き出しに入っていますね。よきにつけ悪きにつけですが・・。

となりのとまとさま

いつもこどもたちと出会い、お仕事をされていると
学校の様子が切り離せませんよね。

お子さんの頭をクンクンって可愛いですね。愛情豊かなとまとさんだと分かるエピソードですね。
だからお子さんたちが優しく伸びやかに育っているんでしょうね。いいですね・・・・。

葛布織さま

自営業という共通点で葛布織さんと話しが合いますね。それに4人のお子さんを育て上げたなんて表彰状を差し上げなくては・・。

葛布織さんも書いていらっしゃるようにほんとに壁が低くてガラス面になっていてこれって日本の学校?って思うぐらいうまく設計されていましたよ。
時代は変わってきているんですね。
それに環境への配慮もできているのは、最高ですね。
お互い体に気をつけてダンナさんをサポートしていきましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/15409183

この記事へのトラックバック一覧です: 学校へ行く:

« 再び新装開店? | トップページ | ジューンブライド »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30