無料ブログはココログ

« 子どもの本まつり | トップページ | ダイエットは、無理? »

2007年9月10日 (月)

久しぶりの稲刈り

先日の台風で黄金色に稔った稲が倒れてしまい、稲刈りの応援の電話が入る。

実家の義兄から手伝いに来てとの依頼。いつも春の田植えと稲刈りの手伝いに行っている。

私は、生まれも育ちも田舎育ちなので子ども時代は、毎年稲刈りの手伝いをしていた。

思春期になったら勉強だの部活(クラブ)だのと言い訳をして手伝わなくなった。

今回は、二女の私、三女の妹、四女は、用事があり無理とのことで父や長女たちが住む実家に勢ぞろいする。先日の姪の結婚式以来の集合です。

父も年をとり、稲刈りもタイヘンなこともあり、毎年それぞれ都合のいい日に手伝いにいく。今年は、もうすでに10反近く終わり残り少なくなってきたのですが例の台風で田んぼはぬかるみ、稲は倒れ手に負えない状態だったようです。

埼玉も都市化が進み、田んぼのすぐそばまで住宅ができ、川の向こうは、ゴルフ練習場です。高いネットが張られ、夜は不夜城のごとく遅くまで明かりが灯っています。コンビニや大型スーパーなど国道ができて農村の生活は、いっぺんに変わった。

もう、田畑の維持は難しいのかもしれない。姉夫婦は、少し手伝うが父が亡くなったら無理かもと思う。

甥は、今、アメリカに行っている。義兄も定年まで大学の仕事があり農業に従事することは、難しい。

野菜や米を作り、いつも父が届けてくれる気持ちがうれしく親孝行らしきこともできない私のほんの少しの恩返しかもしれない。

私の住んでいる商店街は、いつもトラックやバス、自動車がひっきりなしに走っている。

実家の裏庭には、竹林があり、小川が流れ風のにおい、雲の動きも見える。

子どものころザリガニつりや笹舟で遊んだ場所であり菜の花や蓮華草で首飾りを作ったり、ままごとをした。走馬灯のように遠い過去の思い出が甦る。

でも、普段エアコンに入り、事務やレジ仕事をしている挙句の稲刈りは、かなり堪える。

汗が全身走り、熱中症になりそうな勢いでした。幸い自前の水筒にたっぷり麦茶を入れ長袖シャツ、タオルを首に巻き休憩をつりつつようやく倒れた稲を手刈りして、残りを機械刈りで夕方5時半に終了する。

母は、すまないねぇ・・・と言う。娘をもってほんとによかった。長生きできてよかったと言う。少し親孝行できたのかもしれない。

この年になって両親ともそろっていて健康なことは、私たちにとっても子ども孝行な親かもしれない。

つかの間の里帰りでした。ダンナにもアリガトウ!そして息子にもアリガトウ!休みに仕事でてくれて。

« 子どもの本まつり | トップページ | ダイエットは、無理? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
本屋のオバさんは4姉妹ですか?
後継者がいなくなると段々と農家も減少し、国だけでは自給出来なくなると言われてますね。
確かに大変な仕事だと思います。自然相手の事ですし。
ご両親はお元気で子ども孝行ですね。

セルラーさま

稲刈りの次の日は、足がガタガタで運動不足ですね。
ようやく通常通りに戻りました。
まぁ親孝行ということで稲刈りしましたが農業は、思いのほかタイヘンですね。
趣味程度の畑の野菜つくりがいいところです。

セルラーさんへのコメントがこたえます。
実家も農家だった(今は近所の方に田圃を作ってもらっています)のでよく解ります。
今日の趣旨とは離れますが、手間や掛かる費用を考えるとお米はほかの物価に比べると大変安いと思います。

chiyomiさま

趣味程度という言葉には、実際に作っている方に失礼でしたね。
埼玉には、畑を希望者に5坪程度づつ区切って市民に貸し出すところがあります。
定年を迎えた方たちがいろんな野菜を作って楽しんでいます。chiyomiさんは、本格的ですもの。
自分で作ったものは、味が違いますね。新鮮さと農薬を減らした野菜は、ほんとにおいしいです。
お母さんを支えて畑を守っているchiyomiさん、尊敬します。
お米は、台風にやられましたがかなり採れました

稲刈りお手伝いお疲れ様でした。ちょうどシカゴに帰って、夏の激務を癒すべく、4年遅ればせながらのハネムーン(子供つき
)でヨーロッパ旅行に行ってたところです。ギリシャ、南仏は良かったですよ。卒業まであと1年、卒業して日本に帰ったらたまには手伝えるといいんだけどね。我が家のお米はいつも美味しいです。

Masaさま

お元気でなによりです。
そして4年遅れの新婚旅行に行かれてよかったですね。
ユーくんも大きくなったでしょうね。ばあば(姉です)が「可愛いんだよ。とっても愛嬌があって物おじしない元気な子だよ」って言っていました。
マーくんによく似ていますね。
あと1年アメリカ生活が続きますが身体壊さないように気をつけて。ユーくんママによろしく。

稲刈りしたあとの田んぼに秋風が吹いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/16403405

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの稲刈り:

« 子どもの本まつり | トップページ | ダイエットは、無理? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30