無料ブログはココログ

« 珍客到来 | トップページ | ショック! »

2007年10月21日 (日)

最新出産事情?

先日、姉から電話があり無事赤ちゃんが生まれたとのこと。もちろん生んだのは姪ですが。1ヶ月前から姪は里帰りをして出産に臨んでいたようです。

さて、出産は女性の一仕事として今も昔もかなり負担の多い出来事です。

しかし、姪は帝王切開での出産でした。ですから出産日も事前にわかっており姪のだんなさんも神奈川からお休みを取ってやってきました。

帝王切開で出産される方が最近多く感じるのですがデータ的にはホントに増えているのでしょうか?

数ヶ月前でしたか妊婦の受け入れ先探しでなかなか病院が決まらず流産されたとか?

具体的な状況が事実かどうかよく分りませんがこのところ出産事情は、大変のようです。

その他に今年結婚した二人の姪が妊娠し、来年彼女たちは、お母さんになるそうです。

おめでたいことなのですが産婦人科のある病院や産科医院を探すのが大変だったようです。それに予約金が30万円ぐらい先に納めるとかとにかく出産に一人40万~45万ぐらいかかるのでは、少子化問題も政府の対策では追いつかない事情が隠れていそうです。

近所に住んでいたWさんが娘さんのお産で嫁ぎ先の茨城まで2週間お手伝いに行ってきたそうです。娘さんは、第2子ですが二人とも帝王切開だったそうです。

Wさんの言うには、出産リスク解除のために少し高齢だったりお産の進み具合がよくないとすぐ「帝王切開」にする傾向があるのでは?という。

病院側には、帝王切開のほうが赤ちゃんにも母親にもリスクが少なくなるし、時間的にも短縮化できるという部分があるのでがないか?という。

Wさんの娘さんは最初の出産で帝王切開なのに4泊5日で出されたとか?早いか遅いかの問題でなく、出産ラッシュで病室の空きがないからだそうです。

さて、もうすぐ赤ちゃんと姪が実家に戻ってきます。

お腹にいる時より生まれた後のほうがお母さんは、大変です。子育ては、楽しい反面厳しくもあります。

折角この世に誕生した未来の宝を大切にそして豊かな愛情を注いで育てていきたいものです。

« 珍客到来 | トップページ | ショック! »

「育児」カテゴリの記事

コメント

最近身の回りで出産した人いないので出産事情知りませんでした
姪っ子さんに赤ちゃん?
いいですねぇ~
おめでとうございます!

私も早く孫欲しいけど・・・まだまだまだまだですね
体力あるうちにお世話したいんだけど

出産費用お高いですよ!
健康保険からの費用ではとても足りません。
おまけに婦人科はあっても産科が少なく、始めからそこに
掛かっていないと予約が出来にくいとも聞きます。
帝王切開が多いかはわかりませんが、高齢出産や予定が経つのでする人もいますね。あの苦しみが嫌でと言う人も。
昨日、ノイローゼのお母さんが赤ちゃんを・・・と言うかわいそうな事件がありましたね。

出産がどんどん医療になっていっているのですね。
人はちゃんと生める力があるのだろうに、と思いますが。
産婦人科医の減少もたいへんです・・・。
娘たちが産む頃にはどうなっているのかと。
「お腹を痛めて産んだ子」が死語になってしまうかも、なんて、ふと考えてしまいました。
出産の費用、もう少しなんとかしていってほしいですよね。

ピグママさま

2人のお嬢さんだからピグママさんは、お孫さんができたらほんとにうれしくなりますよね。
母親にとって女の子は、何かと相談にのったり、一緒に出かけたりと長く付き合えますから。
私も今回姪の出産で始めて事情が分りました。
出産にこんなにもお金がかかると思いませんでした。最もあとから健康保険がおりるといえどもある程度準備が必要ですね。

セルラーさま

スタッフとお産の話をしていたら自分が出産した産婦人科が無くなっているということでした。
確かにあっても婦人科だけで産科は、止めてしまったとか?
地元の産婦人科も3軒しかなく、予約がいっぱいだそうです。

少子化で出産が少なくなり、経営が成り立たなくなったことや何かと訴訟社会になり、トラブルを避けたいという病院側の考えもあるのでしょうか?
これまで気にも留めなかったことが少しづつ現実的になってきました。

つぼみさま

つぼみさんのお嬢さんが出産されるころには、どうなっていることでしょう?30代が出産のピークになっていたりして。
それに一人っ子がますます増えていたりして。
お腹の痛みを越えて出産する喜びを味わうことがなくなってしまうのでしょうか?
少し、ヘンですね。もう少し、安心して子どもを生めたり、育てられたりする世の中であって欲しいですね。

いろいろ大変なのだと知りました。
でも孫目標10人のわたしは、手伝うための体力づくりから考えなければです。

あきのさま

4人もこの世に誕生させたあきのさんは、その倍以上のお孫さんに恵まれますね。
最近は、一人っ子同士の結婚で孫の取り合いなんて言われています。あきのさんは、10人目標のお孫さんがあっという間に誕生しますよ。きっとにぎやかな食卓になりそうですね。米寿のお祝いができるころにはお孫さんたちに囲まれている気がします。

本屋のオバさんさんの周りは、おめでた続きですね。
確かに、私が以前通院していた産婦人科では、妊婦さんの姿をほとんど見ませんでした。更年期外来の方が多いようです。
今通院している所は、産科は無く婦人科だけです。産院を予約するのも大変なんですね。
少子化対策に本気で取り組むなら、イギリスのようにお産に関する費用を全額補助するくらいの事をしないと、と思います。

となりのとまとさま

ほんとにイギリス並みに出産費用の補助があるといいのですが。
安心して子どもを持つことのできる世の中であって欲しいです。

おめでたいことは、私の姉妹に起きておりますが我が家には、残念ながら当分きそうにありません。
とまとさんは、研修に行ってらっしゃるようですね。すばらしいですね。子どもについて改めて学びなおすことは、とても新鮮で自分を輝かせてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/16827498

この記事へのトラックバック一覧です: 最新出産事情?:

« 珍客到来 | トップページ | ショック! »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31