無料ブログはココログ

« おはなし会Vol . 1 | トップページ | にじんだ☆をかぞえて »

2007年11月24日 (土)

家計簿と節約の関係

今月、2校目の中学校「職場体験学習」の3日間が木曜日に終わりました。かなり疲れました。

さて、店内には年末、年始関連の商品が入荷し、平台は、ところ狭しと各社商品が陣取り合戦をしています。

先日、娘が「お母さん、家計簿買ったけどどうやってつけるの?」と電話してくる。

「レシートを取っておいてそれを適当(?)につければいいんじゃない」と本当にテキトウな返事をしました。

私は、一応数年家計簿をつけているがスタッフと話をしていたら「前はつけていたけど止めました」という。理由は、カードで引き出した金額は、ほとんど生活費だけであとは、通帳に記載されるからつけてもあまり関係ないという。

それに決まった金額だけで「つけても変らないですよ!」という。

私は、確定申告に使う医療費(病院への交通費も含めて)関係で必要に迫られて付け始めました。

毎年、家計簿を姉妹へのお気持ち「お歳暮」としてプレゼントしています。

しかし、何かが変ったわけでは、ないのですが習慣化しているのでレシートを必ず取っておきます。

「サブプライム」の関係かこのところのガソリンの値上げの関係かパン、バター、マヨネーズ、その他、文具も値上げ予定のようです。

今年の書初め用画仙紙も石油の値上げの関係で価格が上がりました。そこらじゅう便乗値上げ?か分りませんがいろんなものが上がります。

TVで「食費の節約について」という番組で(4人家族で1ヶ月食費2万円で暮らすとか)

① スーパーに行く時は、お財布に5,000円しか入れていかない。

② 週一回のみスーパーに行く。曜日は、安売りの日に合わせて。

③ 買うものをメモして行き、それ以外は、買わないようにする。

④ 肉、魚、野菜の購入バランスは、3等分に、肉は牛、豚、鶏等分けて買う。必ず、

パックから出して使う分づつラップにつつんで小分けして冷凍庫へ。

⑤ 買い物籠に入れる際に概算計算する。余った分で調味料を購入するのだとか

あとは、覚えていませんが確かにすごい方ですね。私は、どちらかというとかなりアバウトな性格ですので(仕事は、きちんとしてますが)細かい部分が苦手です。

さて、先に電話してきた娘には、気長にバランスのよい食生活をめざして家計簿をつけるよう再度アドバイスします。

一人暮らし新人ですのでうまくいきますかどうか?疑問ですが。

« おはなし会Vol . 1 | トップページ | にじんだ☆をかぞえて »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしい話ですが、一度も家計簿をつけたことがありません。一回、使う前のお金を考えようと、袋別に支出するお金を入れたことがありました。月給日近くなると、袋の中身はあっちに行ったりこっちに来たりでぐちゃぐちゃ。それ以来やめました。

私も結婚当時つけて見ましたがやめました。
つけても見直しとかやらないし、面倒になって数ヶ月でやめてしまいました。サラリーマンって毎月の収入が決まっていますから、どうもがいても出る物は同じでして・・・。
大きい物を購入したりメモ程度のことは手帳に書いています。

あきのさま

確かに出るものは出ますし。お財布の中がレシートでいっぱいになりますね。
気楽に生活費の範囲で楽しく生活するのが一番ですね。
家計簿つけてお金が増えることないですからね。
私も足りなくなると予備費からとか医療費からとお金があっちこっちに飛んでいます。


セルラーさま

私も付け出したから数年という新人です。
それも2~3週間分まとめてレシートを見ながらつけている状態です。
ほんとに出るものは出るのですね。交際費は、別途予備費として取っておかないとたいへんです。
もうすぐ義父、祖母の法事があります。
これは、別途会計です。ダンナの預金が目減りしていきます。
でも家計簿は、お店に山積みになっています。(う~ん!困ったものです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/17171074

この記事へのトラックバック一覧です: 家計簿と節約の関係:

« おはなし会Vol . 1 | トップページ | にじんだ☆をかぞえて »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31