無料ブログはココログ

« イヴの日のメール | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2007年12月30日 (日)

2007年 年間ベストセラー

ラジオから「第九」が聴こえています。もうすぐ2008年ですね。

一年があっという間と感じるようになって数~年経ちます。今年の1月のことは、もうすっかり忘れています。ブログでチェックして始めて思い出す有様です。

さて、業界誌に今年の年間ベストセラーが載っていました。当店でもよく売れた本もありますが必ずしも本の内容は、どうか分りません。

 1位 『女性の品格』 坂東眞理子   PHP

 2位 『ホームレス中学生』 田村 裕  ワニブックス

 3位 『鈍感力』 渡辺 淳一   集英社

 4位 『日本人のしきたり』  飯倉 晴武   青春出版社

 5位 『田中宥久子の造顔マッサージ』 田中 宥久子  講談社

 6位 『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説』 関 暁夫 竹書房

 7位 『新・人間革命』 (17)  池田大作  聖教新聞社

 8位 『赤い糸上・下』  メイ ゴマブックス

 9位 『恋空上・下』 美嘉   スターツ出版

 10位『ポケットモンスターダイヤモンド・パール公式・・・』

とにかく毎年いっぱい発刊されるので覚え切れません。

今年の特徴として携帯小説のヒットでした。

お店にきた高校生のお嬢さん2人が書籍の平台を見て「携帯小説ばかりだね」

「私、これ読んだよ」ともう一人に話しかけていました。

私が「携帯で読むの?」と聞くと「休み時間や昼休みに読んでますよ」との返事でした。高校生にとっては当たり前の生活のようです。

いづれにしても「携帯小説」という新しい分野が若い皆さんに受け入れられ書店としても

売り上げに貢献していただいているので有難いです。

フィクションでは、このほかに『陰日向に咲く』劇団ひとり 、『一瞬の風になれ1~3』

佐藤多佳子 などもベストセラーになりました。

お正月3が日は、あっという間に過ぎてしまいますがもしテレビが飽きたら是非ミステリーでも恋愛(?)小説でも歴史小説等お好きなジャンルの本を手にとってくださいませ。

そういう私も元旦の日店内で一人「読書」しようと思います。自宅では、ゆっくりできないので・・・・・??

« イヴの日のメール | トップページ | 明けましておめでとうございます »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

上位3冊は読みましたよ。
携帯小説、時代の流れなんでしょうか。
パソコンでは読んだことがありますが、携帯のあの小さな画面では読みにくいです(老眼には)
年末年始と忙しそうですが、良いお年をお迎えください。

オバさん、こんばんは♪

いよいよ押し詰まって参りましたね。
元旦もお店を開いているオバさんには、年末年始
も関係ないのかも知れませんが・・・
仕事と生活の両方見なければならないオバさん、
ご苦労様です。
身体を労わって、せめて正月くらいは気を抜いて
○○して下さいね。

新年の挨拶はまだ無いようですので(笑)、また
明日お邪魔いたしますね。
今年のベスト10、一冊も読んでない!
これで、版元かって思いますが、仕事本と趣味の
本、必ずしもベストセラーと一致しないようです。

明日は私の好きな本(今年読んだ本、今年も読ん
でいる本)の特集で終尾を飾りたいと思います。
よろしかったら、お出掛け下さい。
では、又♪

「国家の品格」をもじったような「女性の品格」こういう本を書こうとする人の品格のなさが嫌いです。そして、案の定テレビに出てきて、それらしいことをしゃべっていました。東大を出て、国の機関で働いた人なら、こんな本を出そうとしないでもらいたい…すみません。今年最後のへそ曲がり披露になっちゃいました。
来年はもっと品格ある人間になりたいと思いますからお許しください。
今年一年、心のこもったおつき合いをしていただきありがとうございました。お知り合いになれたこと、たいへんうれしく感じております。

セルラーさま

1年間お疲れ様でした。そして北海道から東京へ戻られご両親のお世話やご家族のお世話等お忙しかったことでしょう!

お父様は、年明けからまた病院とのこと、いつも明るく元気にされているセルラーさんですから乗り切っていかれることでしょう。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

ぶんぶんさま

版元さんは、年明けからまた忙しさが増すのでしょうか?
いつもブログにUPされている画像でホットさせられます。書店で仕事をしているとお客様相手ですので自分から動ける機会がなく、ブロガーさんからいっぱい情報をいただいております。
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

あきのさま

『女性の品格』に対するコメントに実は私も同じ思いをいだいていました。
書店ですのであまり、作品に対してとやかく言いたくありませんが・・・。
坂東氏の先日のTV映像気になりますね。
あきのさんなら「あんたに品格なんて語ってもらいたくないよ!」TVに向かって言い捨てたでしょうね。
いつも含蓄のあるコメントに視野が広がります。
益々のご活躍をお祈りいたします。
そして来年も宜しくお願い申し上げます。

大晦日もお忙しくお仕事されているのでしょうね
ノン・フィクションをあまり読まない私でも
女性の品格、鈍感力は周りの反応に押されながら
読んでみました!

今年もブログから沢山の元気をいただきました
コメントも沢山ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いします!
どうぞ、温かいお正月をお過ごしくださいね。

品格のないナカムラのおばちゃんです。
元旦からお仕事ですか。
おばちゃんは……すみません……ごろごろする予定。
来年もちょくちょくお邪魔します。
良いお年をお迎えください。

沙穂流さま

長いお付き合い有難うございます。
こちらこそいっぱい本の情報いただきうれしく思っております。
そして沙穂流さんの本が書店の棚に(平台のほうがいいですね)並ぶ日を心待ちしております。
どうぞよいお年を。
もうすぐ新年が明けていまいますね。

ナカムラのおばちゃんさま

沙穂流さんのブログでお目にかかり、今年一番読書されている方にお会いしました。
ブログを通じて多くの本の情報をいただき有難うございます。
ナカムラのおばちゃんさんは、ジャンルの幅が広く作家さんの特徴をうまく捉えていますね。
どうぞ来年も是非いっぱい本の話をしたいですね。
良いお年をお迎えくださいませ。

明けましておめでとうございます。

元旦もお仕事のオバさん、ご苦労様です。
お年玉を手に素敵な出会いを心待ちにして
息せき切って走ってくる子供さんが目に浮
かびます。

昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

では、又♪

明けましておめでとうございます。
ベストセラーには単純に関心をもってしまうので「女性の品格」「鈍感力」の記事も書いてしまいました。すみません、特に賞賛してはいないのですが。
「一瞬の風になれ」は楽しく読みましたが、ケータイ小説というジャンルは未経験です。
ケータイでWebは全くやらないので・・・PCでも読めるのでしょうね、チャレンジしてみたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

ぶんぶんさま

明けましておめでとうございます。
どうぞ今年も宜しくお願いもうしあげます。

ぶんぶんさんにとってすばらしい年でありますように
そして新たな東京新発見を期待しております。

つぼみさま

明けましておめでとうございます。
ご家族にぎやかなお年をお迎えのことと存じます。
2日に埼玉から「富士山」が見事にきれいに見えました。伊豆からは、もっと大きくキレイにみえるのでしょうね。

本は、いろんな見方や好みがありますので全然気になさらなくていいのですよ。
むしろ読書してくださる「読者」の皆様に支えられているのですから・・・。
マスコミがベストセラーを先導している部分もありますから。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/17524586

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年 年間ベストセラー:

« イヴの日のメール | トップページ | 明けましておめでとうございます »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28