無料ブログはココログ

« クリスマスイルミネーション | トップページ | 2007年 年間ベストセラー »

2007年12月24日 (月)

イヴの日のメール

クリスマス・イヴ、3連休の三日目ですが皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

お店は、朝から「図書カード」のお客さんが多いです。そしてクリスマスプレゼント用に包装と大忙しでした。

お昼に自宅に戻り、携帯をチェックすると娘からメールがきていました。

  “いろいろワガママばかりでごめんなさい。これから全く不安が無いと言ったら嘘になるけど、とにかく頑張るよ。苦労をかけたぶん、ちゃんと親孝行できるように・・・(略)”

実は、今日娘たちが入籍しました。少し前に入籍したいという連絡があったのですが私たちは、「もう少し待ったら」と言いました。

クリスマス・イヴの日がお互いにお休みが合い忘れない日だからということらしいです。

相手のお母さんとも話し合いましたが「二人とももう大人ですし、真面目に努力しているのですから」と言う言葉に後押しされました。

ダンナは、「本人たちがしっかり考えているのだから」と

義母は「○○ちゃんがいいんだら仕方ないじゃないの?」

長男は「二人の問題だから二人で考えればいいんじゃん!」

私ひとり「う~ん!」

結局、「みんなで応援してあげよう」と言うことになり、電話連絡ばかりになりましたが

今日二人で役所に届けを出しに行ったようです。

「おめでとう!」メールの返事に

ありがとう!^0^」「これからガンバッテいくね。まずは運転免許の書き換えに行ってくるね」「お父さんにもよろしく」

先日まで続いた胃の痛みは、なぜか今日は治っていました。

午後から娘のいた部屋、押入れを片付けました。学生時代に使っていた本やCD、衣類など物置にいれました。

ラジオからクリスマスソングが流れています。

「アメージング・グレイス」 合唱団に入っていた学生時代娘たちが歌っていた曲でした。

« クリスマスイルミネーション | トップページ | 2007年 年間ベストセラー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢さんご結婚おめでとうございます。
うちの娘は22歳、大学3年。
彼氏もいないとかでまだまだ結婚は先かなぁって思ってますが…。
先日角田光代さんの『マザコン』を読みました。
母と子の関係って深いなぁと思わされました。
何かと娘の事が気に掛かるのですが、自分が子という身分だった頃の事が頭をチラッとかすめたりして、
胃だけが痛くなる中途半端な母親のナカムラのおばちゃんです。
本屋のおばさんも胃をお大事に。
お嬢さんが笑顔一杯の家庭を築かれることをお祈りします。

オバさん、こんばんは♪

素敵なイブになりましたね、オバさんに
とっては、やや複雑な心境と思われます
が、やはりご本人同士が決めた事ですも
のね。

イブに結婚いいんじゃありませんか?
結婚記念日、絶対忘れませんし、必ずケ
ーキでお祝いですし、ネッ

そんな簡単なことじゃな~い!
って、付録の詰まった婦人誌が飛んでき
そうですが・・・
そんなオバさんにクリスマス・カードの
プレゼント!
送っておきましたよ~

メリー・クリスマス!
楽しんで下さいね、では又♪


おめでとうございます。
親御さんのお気持ち、長男の方の意見。義母さんのご意見、それぞれ痛いほど分かります。どこの家でも起こること…。その中でオバサンの「う~ん」にはこちらも思わず、う~んと言いたいことが重なっているなと思いました。
こういう道を歩きながら、みんな成長するというか利口になるというか…していきますね。わたしも親として、まったく同じことの繰り返しです。

おめでとうございます!
って言ってもいいですよね?
オバさんの「う~ん」は何となくわかるような気がします。
イヴの入籍は多かったようです。役所も休みなの夜間窓口が混んでいたとか。
忘れられない日ですものね。
色々心配事はあるでしょうが見守ってあげてください(年下の私が言うのもなんですが・・・)

ナカムラのおばちゃんさま

ありがとうございます。大学生のお嬢さんもあっという間ですよ!
角田光代氏の作品は、確かに濃いですね。娘の結婚も親になっての始めての経験ですし、自分が結婚した当時のことは、すっかり忘れています。

ようやく「これでよかったのかも」と思い込ませている自分がいます。
少し違った距離の「母娘」になったのでしょうか?

ぶんぶんさま

古い人間なのでしょうか?形式にこだわる自分がいます。どこかで見栄を張っている母ですね。
ダンナが、娘の代わりに犬のアキを可愛がっています。あまり何もいいません。

でもどこかでホットしているのかもしれませんが・・・。
年内いっぱいお店があります。そして元旦休みでまた仕事~です。
クリスマス・カードしっかり見せていただきました。少し早いですが今年もお疲れさまでした。

あきのさま

有難うございます。
三男さんのご結婚の時のブログでの文章がとても心に残っています。
二人にとっていいのが一番・・・だったでしょうか?子どもを客観的にそしてそっと見守れる大人の親になろうとしましたがおろおろしている自分が情けないですね。
あきのさんは人生経験が豊かですから味のある言葉がでてくるのですね。

セルラーさま

有難うございます。少し時間が経ったので冷静になりかけました。
「結婚」は、彼らが判断して決めたのですから・・・と諦めかけています。
自分も同じ道を歩んだのをすっかり忘れて「行かないで~」と叫んでいる母でした。
セルラーさんのブログにお邪魔してすっきりします。炭酸飲料のようなさわやかさがありますから。

遅ればせながら、本当におめでとうございました。
お嬢様のお幸せを、心からお祈りいたします。
何事も、縁あっての人生。
きっとこの縁を笑顔で嬉しく振り返るときがきますよね。
イブに続き、すてきなお正月をお迎えくださいね。

娘さん御結婚おめでとうございます!!
娘をお嫁に出す母親ってどんな心境なんでしょうか?
ちょうど私の母が今の私の年齢の時に私は結婚をしたんです
娘はまだ大学1年生ですがあっという間なのかな・・・

本屋の方も忙しそうですね・・・
私の勤務先の取次店からの入荷は今日が年内最終でしたけど、同じかな?
新年は少しお休みできるのですか?

本屋のオバさんさん、
遅くなりました。
お嬢様のご結婚おめでとうございます。

読んでいて、『う~ん』のところ、私も同感ですヨ。
自分の娘の事も考えました。
<二人にとっていいのが一番、二人とももう大人なんですし・・・、本人たちがしっかり考えて・・・>
よく分かりますけど・・・。
母の気持ちは複雑ですよね。胃が痛くなるのも頷けます。
(私も古い人間なのかしら・・・。)
でも、お嬢様の幸せが一番!!
笑顔でいてくれることで納得しましょうか。

つぼみさま

有難うございます。
挙式も披露宴もなしの「地味婚」です。
娘の夫は、同級生ですから若くお金もなく大変のようです。
「お母さん、必ず彼女にウェディングドレスを着てもらいますから」という言葉を今は信じて待っています。

ピグママさま

本屋の忙しさは、峠を越しましたでしょうか?
家計簿や手帳、カレンダーがこのところ売れてますね。そしてお正月に読むミステリーとかコミックとかでしょうか?

娘の結婚は、紆余曲折ありましたが本人たちがうまくやっているようなので諦め(?)ています。(笑)
新年は、3日からの営業です。数年前まで2日から営業していましたが体が持ちませんので・・・。

となりのとまとさま

有難うございます。
入籍は、法的な関係ですからできるだけ慎重に行動して欲しいと言ってきました。
来年の6月以降など親のほうが勝手に考えていたのですが新年から一緒に住みたいという希望に押し切られました。
親の立場とは、難しいですね。
とまとさんのお嬢さんもあっという間ですよ。
結婚してもしなくても親は、心配ですね。

お嬢さんのご結婚おめでとうございます。(^o^)
さっきぶんぶんさんのところで知りました。ごめんね。すっかり遅くなってしまいました。
いいご家族やなぁと心から思います。
今は父親より、母親のほうが複雑なのでしょうか。私もそうでした。
お正月の風景も読ませて頂きました。
お嬢さんの幸せな姿にホッとされたと思います。
凛とした「寿鶴」が添えられたお式を思い浮かべています。

chiyomiさま

お久しぶりです。そして可愛いお孫さんのお誕生おめでとうございます。
先日、ブログにお邪魔して赤ちゃんの様子しっかり拝見しました。

我が家の娘は、まだ2人とも若く貯金もないのでしっかり働くようです。彼らは、同い年なのでつい親が口出ししそうになり反省しています。
これからもchiyomiさんに教えていただくことばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/17466625

この記事へのトラックバック一覧です: イヴの日のメール:

« クリスマスイルミネーション | トップページ | 2007年 年間ベストセラー »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28