無料ブログはココログ

« あ~あ、一ヶ月! | トップページ | 教科書 »

2008年4月13日 (日)

東京文学散歩

久しぶりのお休み、どこへ行こうか?悩むとダンナがテキトウに決めてくれた。

東京庭園ガイド』 メイツ出版(1500+税)をみて京王線芦花公園から歩いて10分ぐらいにある「世田谷文学館」と「蘆花恒春園」へ行くことになった。

新宿経由で京王線に、埼玉からだとなかなか京王線に乗ることは少ない。

ダンナは、「明大前」に親友が住んでいたようで懐かしいとか、私は末妹がこの明大前近くの高校、大学と進学したので学生だった私が親に代わって試験や入学式についていった記憶がある。かなり遠い過去だが昔のことは、よく覚えている。

さて、八幡山駅から歩くことになる。環八は、八王子に行くときに車でよく走ったがまさか近くを歩くとは思わなかった。環八から甲州街道に曲がり損ねてドンキホーテでUタ~ンしたことを思い出す。

最初は、「蘆花恒春園」に向かう。

P4120126

徳富蘆花旧宅です。落ち着いていていい雰囲気。

P4120127 P4120128

本を扱う仕事をしていながら「徳富蘆花」と「不如帰」は知ってはいたが内容?といわれるとはて????ヤバイ。

記念館に入ってようやく分る。ダンナは、あきれていたかもしれない。ダンナは、しっかり内容知っていた。

専攻が文学でないからってごまかしてゆかりの品々をみてまわる。ちょっと学生気分になる。明治・大正時代のベストセラーなのか?と感心しているオバさんだった。

次は、芦花公園駅方面に向かい歩く。

10分ぐらいで世田谷文学館に着く。P4120130

 世田谷ゆかりの文学者の原稿や初版本が

展示されている。

P4120131_2

昨日は、世田谷文学館友の会の記念講演があり

澤地久枝氏がゲストできていました。紺の和服姿がすてきでした。会員でないので入れなかったbearing

文学館内にある「喫茶どんぐり」でシフォンケーキとアイスコーヒーで一休みする。

帰りは新宿南店の紀伊国屋書店さんで書籍チェックして今人気の「宮崎情報館」でしたか?へ寄って地鶏焼きや冷汁など買って埼玉へ帰宅した。

あ~ぁ、東京は、なぜこんなに人が多いの?埼玉にも分けて欲しい!

きっとこの春東京デビューの人もいるのかもしれませんね。

« あ~あ、一ヶ月! | トップページ | 教科書 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

旦那様との週末文学デート楽しかったでしょうね
お二人とも学生時代にタイムスリップしたりして
私は「芦花公園」が徳富蘆花縁と言う事くらいし
か知りませんでした。

関東の東から西まで少し距離がありますね。
小旅行を楽しんだ気持ちですよね。
新宿も行くたびに様変わりして迷子になりそう
です。
紀伊國屋、宮崎地鶏 充分情報も仕入れて「心の
休日」も満点ですね。

ごゆっくり、オヤスミを
では、又♪

【あ~ぁ、東京は、なぜこんなに人が多いの?埼玉にも分けて欲しい!】
お仕事をしていると実感でしょうね。盛り場ではどんな商売もよく売れているように思えますから。もう一つ不思議はそんな場所にいる若い女の子たち、お金どんどん使うのに、稼いでいる様子がない気がするのです。

文学散歩。とても素敵なデートでしたねheart04
うらやましいわぁ。
最近週末の買い出ししか一緒に出かけないことに 思い当たりました。
これじゃあいけませんhappy02

ぶんぶんさま

毎日、都会に通っているぶんぶんさんには都内がお庭のようでしょうね。

埼玉で日々過ごしていると時折出かけたくなります。(新しい情報が欲しくなるのでしょうか)
これまで行った場所で面白いところや変わったところなど(?)ありましたら教えてくださいませ。

あきのさま

さすがお目が高いですね。彼女たちは、「枯れ木も山の賑わい」という役割なのでしょうか?
人がいっぱい集まっているとそこにまた集まるという法則があるようですね。
(サクラでしょうか?)
埼玉も鉄道博物館は、にぎやかなようですが・・・。
横浜みたいな魅力が欲しいのですがいまいちですね。

となりのとまとさま

とまとさんは、お母さんのお世話やお子さんたちも学生さんだからお忙しいですね。

お互い、人生のパートナーとして選んだ以上なるべく仲良くしておこうということでしょうか?
これからは、一人暮らしのために自分なりのネットワーク作りや趣味仲間作り等そろそろ始めなくちゃ!と思っています。

もう53年も前に東京デビュー?!しているんですけど 行きにくい と云うだらしない理由ソレだけで 世田谷方面にヮご無沙汰 と云うよりもまったく沙汰なし状態です !!
きっと『読めない漢字』地名が多すぎて 危険を察知しての行動・・行かないという行動!!・なんじゃないかなあ と思います だって『芦花公園』だって徳富蘆花を知っていればこそですよねウチって そりゃあ無学なこの俺を親に持つお前ヮ不憫ナ奴よぉ 。。ってそちらの育ちでしたからぁ ・・ 文学散歩シリーズ化して下さい☆

台所のキフジンさま

全然問題ないです。私もほぼ関心の薄い人間ですから・・・。
世田谷?って土地が高そう~!という感じの印象それに有名人が住んでそう~!ですよね。

「文学散歩」これからも続けていきますのでこうご期待を!
但し、ダンナの気分次第なのがたまにキズです。
私は、付いて行くのみでできればおいしいものでありつければいいので・・・。

。。。東京限定 文学シリーズ。。 として
与謝野晶子 だけで終わっている ・・タブン
キテイの はろうきてい の 与謝野晶子 と云うのがあります シリーズ化するのって難しいのかもネ 母の実家のお墓に田山花袋さんの碑 が
あるんですよ ・・ ケッコウ身近に色々ありますね ☆

台所のキフジンさま

見逃してコメント書き忘れてました。ゴメンナサイ!wobbly
「田山花袋」確か埼玉かしら?上野界隈にもまた今度行きますので・・・。
次の文学散歩は、5月24日を予定してます。
樋口一葉?になりそうです。

では、またお休みなさい。

本屋のオバさん様 ・・ ごめん!!間違ってた!! 田山花袋氏 でヮなくって 式亭三馬さんでしたぁ!! 目黒の 正泉寺 と云うお寺 と云うか お墓です ゴメン !!

sunキフジンさま

式亭三馬というか知りませんでした。最も私の歴史は、ほぼ小学生並みですから・・・・・。

明日24日は、都内入谷界隈らしいのですがダンナのご機嫌次第のようです。
天気次第(?)雨とか言ってましたよね。
では、またキフジンさんのブログにお邪魔します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/40868259

この記事へのトラックバック一覧です: 東京文学散歩:

« あ~あ、一ヶ月! | トップページ | 教科書 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28