無料ブログはココログ

« 行ってきました・上野の森親子フェスタ | トップページ | 薫風のころ »

2008年5月13日 (火)

出版社のはなし

先日、お客さまのご注文された本が版元(出版社)倒産により取り寄せできませんでした。

山海堂という出版社ですがもうだいぶ前ですのでその旨お客さまにご注文いただいた段階でお話しました。

その他、国際地学という地図のメーカーが一昨年倒産しました。店頭の在庫は、返品できなく書店にとって不良在庫になり経営を圧迫しました。

PC関係の版元エクスメディアの倒産でも同じように返品できずに在庫として残ってしまいました。でもPCの本なのでなんとか棚に出して販売しています。

さて、出版業界、書店業界など本に関わる世界にいま激流がきています。急に来たものでないがこれまでの経営では立ち行かないところにいます。

それは、個人商店、中小企業その他もデジタル世界に影響されているのかもしれません。

ゴールデンウィークに行った「上野の森・親子フェスタ」で「草思社」さんの社員さんにお会いしました。

以前にヒット作を多く出された版元です。いまでも図書館で見た本を探して注文が入ります。でも現在破産手続き中で「文芸社」に経営が移るとか

社員の彼女たちは、辞めずに再開できるのを待っているそうです。good

読者も草思社さんの再開を待っていますから是非頑張ってくださいね。happy01

なぜか「人間万事塞翁が馬」という言葉を思い出しました。

« 行ってきました・上野の森親子フェスタ | トップページ | 薫風のころ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

草思社は著者が女性の良い本を出されていましたね。良い出版社がそんな目に遭っているとは気の毒ですし、とてもザンネンです。文芸社というのに合併とはまたまたザンネン。反対の合併なら良いのに…。

sunあきのさま

このところ半年に一度、多いときは、数月で一度というように出版社さんのクローズの連絡が入ります。penweep

すばらしい本を出されていた出版社も時代の波やデジタル社会に押し出されてしまうのでしょうか?
書店も作家の皆さんの作品が世にでるようにお手伝いできたらいいなぁ!と思っています。

こんばんわ
なにかのテレビで 『主婦の友』が廃刊になるという特集を見ました
子供の頃 遊び人のお父さんの居るウチにヮない新しい本のニオイが好きで なんだかワカラナイ『主婦の友』『マダム』とか きれいなページをウットリしながら見ていました ・・・
パソコンが相対するものに上げられますが パソコンにヮない 格調の高さ やさしさ が 本のページのアチコチにヮ あると思います 
生活のホトンドをパソコン任せの私が云っても意味ナイのかもしれませんが 大人になるまでの 感性を育てるコトヮ 本に与えられた使命だと思います 生意気でごめんなさい

台所のキフジンさま

おっしゃるとおり『主婦の友』が休刊になりました。時代の波で仕方ないのかもしれませんが広告が携帯やPCに移っていって集まらないとか。
活字の世界の面白さや感動は、決して捨てられないと思いますので頑張ります。
キフジンさんのブログ、是非刊行してくださいね。楽しみにしています。

出版の形も多様化してきて
出版社も冬の時代に入っているのですね。
すべての会社にがんばってほしいと思うけれど
経営ということの難しさを感じます。
でも、PCやケータイがはやっても
やはり本に戻っていくような気がするのですけれど・・・。
できる限り、本に親しむことに力を注いでいきたいと思っています。

こんばんは♪

コメントしづらいテーマなのですが、同じ業界
にいたということでひと言。
出版界が大きな曲がり角に来た事は否めないの
では、と思います。
出版社だけでなく、書店も旭屋書店の撤退とか
近藤書店の店仕舞いとか、老舗大型書店の変動
が相次いでします。
やはり、大量の在庫を用意してお客さんを待つ
というスタイルが大変な時代になっているよう
です。
ア〇ゾ〇、〇天とか、無店舗にて直接読者に届
けるという、スピードと確実性がニーズに合っ
ているのでしょう。
送料もCDとか一緒に頼むと無料になりますし
(注文額が1500円以上で)
ますます、リアル書店さんの受難の時代になり
つつありますね。

といってる私の勤めた会社(出版社)も半年前
に倒産しました。
幸い返品も、人気作品も「親会社」が引き受け
て書店様、取次様には最小のご迷惑で幕を閉じ
る事ができました。
社員の気持ちは別にしての話ですが・・・

なにはともあれ、人生の大半を過ごした会社が
無くなるという事は、心に大きな空洞が出来た
ことは間違いありませんね。
いやはや、余計な事を長々と・・・失礼しました。

では、又♪

sunつぼみさま

このところ姪のだんなさんからオバさんブログの内容が愚痴っぽくなってません?と言われています。(苦笑)coldsweats01
書店はじめ、出版業界にもいろいろと影響がでています。
でもこの機会を通じて前向きに新しいアイディアが生まれるのかもしれませんね。

sunぶんぶんさま

版元さんだったぶんぶんさんには、申し訳ない内容になってしましました。ごめんなさい。
ぶんぶんさんもいろいろ大変でしたね。営業さんたちは、とても真面目で一生懸命でしたね。
時代の中でいろんな変化がでていますからね。
娘の夫も元書店員なのですが「例のアマゾン」で買っていますから・・・。coldsweats01
130年書店業をしていますがその間にいろんな商売も複合してやってきた当店の先輩たちに見習いまだまだやれそうな気がします。
ぶんぶんさんから元気いただきました。
有難うございました。

 ミズノさんならではの、出版社事情、興味深く読ませていただきました。

 永江朗先生の『不良のための読書術』には、出版流通や書店のさまざまな事が書いてあります。

 「書店のマージンは少なすぎる」「本は安すぎる。もっと高くするべき」とあり、本は高い、と思っていた私には違う観点からの意見に、目が開かれました。

 かく言う私も、本は図書館から借りる事がほとんど。

 買う場合も、書店へ行く時間が惜しい、探すのが面倒、探してもみつからない事が多い、などの理由で、ネット検索で購入してしまいます。

 書店だと、注文してから日数がかかるし、また行かなければならないけど、ネット書店なら次の日には自宅に届くので、すわったまま本が手に入ります。

 便利だけれど、便利さの影で、失われていくものもあるのでしょうね。

sunしいかさま

お疲れ様です。
永江先生の本、本棚に入ったままでした。wobbly
書店も出版社さんもこのところあまりいい情報がありません。
絵本の読み聞かせから少しでも子どもたちが本に興味湧くように願っています。
時代とともに職業やお店の種類も変わることでしょうね。
新しい発想でチャレンジしていきたいと思っています。
またいろいろ教えてくださいね。

倒産した会社、廃刊や休刊になった雑誌が多いですね。時代と共に、読む形が変わってきているのでしょうか?
昔なら、新聞、本、雑誌が主でしたがPCや携帯の普及でそれも変わりつつあるようですね。
この先はいったいどうなるのか気になります。

sunセルラー様

遅くなってごめんなさい!このところPCの調子が悪くケイタイからやったのですが入っていませんでした。
セルラーさんもお子さんたちの仕事がしっかり慣れたころでしょう!
本屋は、今過渡期を迎え厳しい時期ですが何とか頑張れたらいいなぁ!と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/41191792

この記事へのトラックバック一覧です: 出版社のはなし:

« 行ってきました・上野の森親子フェスタ | トップページ | 薫風のころ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30