無料ブログはココログ

« 鍵にご用心! | トップページ | ジューン・ブライド? »

2008年6月21日 (土)

両親と介護問題

だいぶ前から「両親」の世話を交代で行くことになっていた。

先週の月曜日から実家の姉夫婦がアメリカに行くことになっていたので我々妹3人が交代することになった。父は85歳・母は88歳という後期高齢者の二人である。

姉夫婦は、今回息子の大学院(MBA)卒業式に出席兼ニューヨーク・シカゴの観光ということ16日に出発した。出発日と帰国日を除いた6日間を2日づつ3人で交代することになった。

私は、お店や22日(日)の娘の結婚式のことなど目が回りそうに忙しかったがスケジュールを作り、その日にやるべくことを書き出し冷蔵庫前に張り出した。ダンナのスケジュールもあわせて書いておいた。息子に協力してもらい義母のお昼の食事は、お弁当になったり、スーパーの惣菜にも助けられ乗り切った。

ようやく今朝4女の妹と交代し実家から戻る。(2回の泊まり)

この年で両親が健在ということは、本当に有難いことだ。しかし年寄りの世話は、かなり自分の時間をうまく調整して聞き役に回らなくてはいけない。

そして実の親子というのは、遠慮がないからよくぶつかるらしい。姉たちの大変さもよく分る。私は義母と30年間結婚生活と同じ時間一緒にいる。ある程度距離を保ちつつ、持ちつ持たれつの関係が続いている。

年を取るということは自分がその年齢にならないと分らない。だから彼らの心境が分ることはないが寄り添うことぐらいできそうだ。

幸い介護といいつつ食事や身の回りの世話ぐらいで済む。認知症になってしまうと介護者は、「ゆがんだ魚眼レンズ」でものと見るような生活を続けなければならない。

母は、足腰が弱りようやく歩けるぐらいでトイレの補助が必要になっている。父はとても健康で車を運転して出かけるぐらいだ。でも娘たちに精神的には依存しているかも。自宅で姉夫婦の世話になりながら生活しているのだから少なからず幸せなのだろう!最も幸せと思う・感じる心を持ち合わせていなくてならない。

国民生活白書によると「3世代同居世帯」「ファミリー世帯」「二人世帯」「独居老人世帯」「母子・父子世帯」数値変化でここ十数年の間に一番増えているのが「高齢老人世帯」と「独居老人一人世帯」らしい。やはり3世代同居は、減少ぎみである。

介護問題は、家族間での介護に限界があり社会みんなで支えあう仕組みを作ったのだが経済格差が広がり子ども世帯、特に娘や長男の嫁などが支えていることが多い。

介護施設やデーケアセンターなど町のあちこちにできよくサービスカーを見かける。

直面する両親そして義母の介護問題に私たちは先輩たちの経験に学ぶしかない。

そして何より自分自身が心身ともに健康であらねばならない。

父親の話相手の時間は、約1時間近く朝晩続いた。父の経験してきた人生・若い頃の戦争の話・友人たち・仕事の話に耳を傾ける。

子どもだった頃には、ただ口うるさい父に辟易することもあった。

息子をもてなかった父には、話の出来る相手が欲しかったのかもしれない。

限られた時間を娘たちと過ごす両親にとって今回の交代介護?は、いい思い出になったかもしれない。私たち娘にとっても多少の親孝行らしきことができたのかもしれない。

姉夫婦にとっても少し気分転換になったことだろう。

« 鍵にご用心! | トップページ | ジューン・ブライド? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

いよいよ明日ですねheart04
そんなイベントを控えていながら、公私共に
忙しい日々を送られたご様子に感心するやら
頭が下がるやら、お疲れ様です!

どうぞ今日くらいはゆっくりして下さいね。
って、書いていて気が付きました。
ブログUPしてる時間を捻出してるじゃ
あ~りませんか(ちょっと古かったか・・・)
何をしてても落ち着かないのでしょうね。
だったらPCに向かっていて方が心穏やかなの
かも知れません。

オバさん、本当にオメデトウございます。
祝い鶴がお役に立ちますように。
では、又♪


有難うございます。

祝い鶴おりましたよ!明日持っていきます。
テーブルに飾ります。
でもお天気が???もっとも6月ですからね。
こんな時期にていうかジューンブライドは、外国版ですからね。

ブログUPすることが唯一気分転換になっていたりして?このところUPしてないので気になっていたんですよ。
何はともあれ娘夫婦に幸あれ!と願うばかりです。明日の予報は、雨80%ですが(トホホ・・・)

おめでとうございます
お天気が気がかりですが
雨もまた佳し と云いますから
ウチも3世代同居でした
確かにお互いが傷つけあってしまう
とイウトコロヮありますが
じじババ育ちでなければ得られない
何かを コドモタチヮ得ているミタイです
孫に対する半分でも娘にも気を使ってくれたらと思うんですが
自分が移動時間ナシに介護が出来るという
大きなメリットもありますが 。。。
移動時間ナシに コチラへも来る
というデメリットもあるんですよネ。。☆

うちも私の両親と同居。
父84歳、母79歳。
今のところそれなりに元気です。
自分の親との同居はいつまでも私が子どもでありつづけなければならず
なかなか骨が折れることもあります。
しかし娘にとってはこの同居は良かったと思っています。
親孝行できてよかったですね。

台所のキフジンさま

お母さんとご一緒に生活されていた分いろんなことでお世話になったり、なられたりとよかったですね。息子さんもほんとにやさしいですから。

今は、お母さんのこともありいろいろ大変ですね。でもいつも心はフリーで家族の太陽であるA子さんですからね。
年齢とともにそれぞれ問題を抱えるのですね。

ナカムラのおばちゃんさま

ナカムラさんもご両親と一緒ですか?
年を取ると頭は、親でも体が子どものようになったり、その反対もありますね。
そばに実の娘さんがいるとこころ強いですね。

施設に行かなくても子どもさんがみてくれる人は幸せですね。それぞれ自立した親子関係を築くのは大変ですね。
お互いがんばりましょうね。

親との同居も色々難しいです。
ウチも半同居(上下で生活)なので人事のようには思えません。介護される側の態度や考え方で娘も気持ちが変わると思います。
独居老人一人世帯は本当に大変ですよ。まだ二人で居られる間はいいですが。

セルラーさま

セルラーさんは、お姉さんでしたね。長女は、親にとって始めての子ですから。可愛い反面、期待して頼られることが多いのではありませんか?

でも近くで一緒にお住まいだと一安心ですよね。(親も子も多少ぶつかることもありますが・・・))
それにセルラーさんのダンナさんがいい人だからですね。

これからお互い介護が目の前にきましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/41599830

この記事へのトラックバック一覧です: 両親と介護問題:

« 鍵にご用心! | トップページ | ジューン・ブライド? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31