無料ブログはココログ

« サマータイム! | トップページ | ベトナムの女の子 »

2008年7月11日 (金)

押入れのぼうけん

子どもが小さいころ『おしいれのぼうけん』という絵本を何度も読んであげた。

実は、昨日一日中捜しものをしていた。お客さんから連絡を受けていた書類を捜して押入れの中にもぐってダンボール箱や紙袋の中などごちゃごちゃしたものを取り出す。

TVでよくやっている「収納の裏ワザ」とか利用すればもっときれいになっているのだろうが。ほとんど紙袋やダンボールに押し込んでしまっている。

超重要なものは、耐火保管庫にいれている。

捜し物は、20数年前の「倉庫の建築確認書」と「某マンションの図面」である。

私は、捨てるものと処分するものを分けて処理している。ダンナは、ためるタイプだ。

人生余分なものを取っておくと後の人が捨てるのに大変だから出来るだけ処分して!ってダンナに言っている。

今回、捜しものをしていると超レアの代物がたくさんでてきた。

ダンナのアルバム

☆ 昔クイズ番組で優勝してヨーロッパ旅行に招待されたときのもの。ダンナ23歳まだ髪が ふさふさでVANジャケットスタイル(?)だ。若い?

☆ 26年前の○○雑誌  私の若かりしころが載っている。クラスのお父さんがカメラマンでよく写真をとってくれた。遠足の時もついてきて撮ってくれた写真を雑誌に載せるからという了解のTELがあったことを記憶している。現在は、廃刊になってしまいありませんが。

☆ 子どものアルバム  8冊 息子のなんと可愛い(?)こと。今はおっさんになりつつある息子にもこんな時代があったのだ。娘の5年間の保育園時代の写真。どれもこれもいい思い出ばかり。

☆ 私の学生時代のアルバム  私って無駄に元気だったんだと改めて思った。

都会の空気にも負けず「地方色」を出していた。20代前半にタイムスリップしたい?かどうか分らないが今は今でそれなりにいい人生になっているのかも(慰めかも?)

とにかく捨てられないものの一つに「写真」ある。子どもが大きくなるとほとんど写真を整理してなくて袋に入ったものが多い。

最近は、デジカメに入ってままにプリントアウトしたことがない。CD-Rに落として渡すことある。撮るだけで安心してしまうのかもしれない。

そんなこんなの押入れの冒険は、家族の20数年前、夫婦の独身時代へのタイムスリップの旅に終わってしまった。

ところで肝心の捜し物は、残念ながら見つからなかった。どこかにコピーがあるかもしれないが・・・・。トホホ・・・。

« サマータイム! | トップページ | ベトナムの女の子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『おしいれのぼうけん』ヮ初めて知りましたが
ー押入れで冒険ーヮ私と妹の小さい頃の毎日でした 。。 サガシモノが下手 というより 片付けるのが。。駄目って云うダイドコでした
押入れをまさぐっていると 思いもかけない物に
巡りあえる時があります そんな時 おもむろに座りなおしてしまったら 。。。 もうその日ヮ仕事になりません ただ懐かしさに胸をイッパイニするだけですネ 二段ベット とか云って 押入れで寝ていたことも。。ありますーーv。。

この本、子どもたち好きですよね。水野先生がでてきますねhappy01
ご主人はクイズ番組で優勝経験があるんですか。
さすが博識のご主人です。
本屋のオバさんさんは、雑誌に写真が掲載された美少女だったんですね。←あれ? 過去形?
いえ、いえ、今もきっとお美しいにちがいない。

台所のキフジンさま

可愛い子ども時代が思い出されますね。
押入れにしまってあるけれど特に必要もないというもの多いですね。

引越しは、お店を立て直した時ぐらいだからまだいろんなものが溜まりに溜まっています。
「収納UP]に挑戦したいのですが夏は暑いですから無理ですね。
涼しくなってから~ということは、多分やらないかも?

となりのとまとさま

正解は、ダンナの博識?とんでもないです。
単なるオタク(古い!)なだけです。
やけに歴史に詳しいとか写真や競馬などの問題が出たためだそうです。

次に雑誌の写真は、ほぼ子どもが主役で私は端に写っているだけでした。164センチ、60?キロというかなりの貫禄ある体型でした。

こんにちは♪

「本屋のオジさん」も溜め込む性格みたいで
すね(笑)
おまけに雑学に強そうです、私と似てるかも。
変に、理屈っぽくありませんか・・・(笑)

タイムカプセル、ちらっとでも写真が見たかった
で~す。
クイズ番組で優勝してヨーロッパ旅行・・・
もしかして「アタック25」でしょうか?

楽しいお話を有難うございました。
では、又♪


押入れは冒険場所ですね。
いろいろが出てくる。。。
こんなときが過去をほんとになつかしく感じるときですね。私など、こんなにも違うかと思うほど、写真が別人に見えたりします。そしてある時期の写真は母にそっくりだったりもします。

 『おしいれのぼうけん』は、公文の教材になっていて、国語の採点をしながら、読んでいます。

 そう、水野先生が出てくるんですよね。
おしいれの穴に、ガムテープ貼って、のぞき見できないようにしちゃう。

 ミズノ家の昔の写真、見たいです。

 ご主人、今でもスマートだから、当時はさぞかしカッコよく、アイビールックが似合っていたでしょうね。

 ミズノさんも雑誌に載る位だから、美人ママなのです。

 このブログ、いつも楽しく読ませていただいています。
ちょっとした出来事を、こんなに面白く書けるのは、素晴らしい文才です。
 

ぶんぶんさま

「本屋のダンナ」は、確かに雑学王?かもしれません。はっきり言ってぶんぶんさんのような美的センスないんです。(苦笑)

歴史関係に異様に詳しく家族はいつも閉口してます。日本史苦手なもんですから。
確かに多少、理屈っぽい?かもしれませんね。
私そういうときは無視してますね。

あきのさま

多分あきのさんの押入れは、きちんと片付いているのでしょうね。
年に一度でも掃除すればいいのですが入れっぱなしですから今回のように急に取り出す場合大変です。
アルバムの写真に年齢とともに親の若かりし姿とダブってくるものがありますね。
めったにみることがなくなったアルバムですが時折思い出に浸るのもいいですね。

しいかさま

ダンナは、フジの「クイズグランプリ」とかいうクイズ番組でまぐれ当りで優勝したそうです。
今だったらDVDにとっておけるのにTV画面をカメラで写したそうです。

私は、とまとさんのところでも書いたのですが「子ども雑誌」の巻頭に載せてもらったのですが主役は、カメラマンの娘さんでした。coldsweats01かなりボロボロな雑誌になっています。

お久しぶりで~す。
「押入れのぼうけん」楽しく読ませていただきました。
タイム・スリップして思い出に浸られた楽しいひとときでしたね。
何年かに一度の押入れ掃除もいいものです。
オバさんのブログからまた物語のヒント、いただいちゃった!flair
「押し入れ」って神秘的。
いろんな不思議が起こりそうな気がします…。

沙穂流さま

お久しぶりです。コメント残せなかったのですが時折沙穂流さんのブログにおじゃましてましたよ。

我が家のとんでもなくいい加減な押入れにお越しいただき有難うございます。
過去は、アルバムの中だけに生きていますね。
少し、若い自分で出会えて元気をもらえました。
なお、小説の材料には程遠いですから・・・。(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/41803149

この記事へのトラックバック一覧です: 押入れのぼうけん:

« サマータイム! | トップページ | ベトナムの女の子 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31