無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

動物のお医者さん

だいぶ前に流行ったコミックで「動物のお医者さん」白泉社 (佐々木倫子著)がある。

そこに出てくる「フク」という猫がいる。娘が学生時代にお年玉を貯めて買った猫にその名前をつけた。

当店の裏にある倉庫まわりにもいつもノラちゃんがきている。マンションの住人がえさをあげているので居ついてしまったようだ。時折倉庫の屋根で昼寝をしていたりする。

さて、我が家の「アキ」がこのところ食欲がなく便に虫が出たので昨日と今日2日間「動物のお医者さん」へ行った。

お店から150メートルぐらいで道路を挟んで向かい側にある動物のお医者さんは、いつも大賑わいである。商店街で一番売り上げが多いといううわさである。

確かに朝から晩までひっきりなしにワンチャンや猫ちゃんを連れた人たちがやってくる。

中には、ご夫婦でやってくる。わが子が病気になっても病院に行きそうもなかった団塊世代の働きものだったお父さんが飼い犬に向かって「赤ちゃん語」で話しかけているのには、大笑いである。

待合室は、犬・猫たちがいっぱいあふれている。犬は、もちろん血統証つきでペットショプなみである。

反対にどうみても猫は、雑種がほとんどである。自宅前とか散歩の時に捨てられていたものを拾ってきたとか。

待合室は、飼い主同士の話が弾む。病院だったら絶対に話かけたりしない。

「何歳?」「犬種は?」「お名前は?」「どこが悪いの?」などなどどう見ても不思議な世界だ。

子どもが大きくなり相手をしてくれるのが犬になったせいもあるが犬は犬なりに家族として役割をはたしているかもしれない。

ダンナは、動物が苦手だったがアキが我が家にきてから散歩に行くようになった。

普段道を歩いていても挨拶することがないのに犬を連れていると話かけてくる人あり、お年寄りが挨拶してくれたりと思いのほかコミュニケーションがとれるのである。

多分犬を連れていないと話かけたりできないし歩くこともしない。

先日もアキをつれて歩いていたら高齢のおばあちゃんが話しかけてきた。

昔、うちにも同じ犬がいたんですよ。16歳まで生きていたんですけど。おじいちゃんが居なくなってから一人だからもう犬も飼えないよ。歩くのもやっとだからねぇ。」

延々と話が続く。そしてでは、「ごめんください」と別れる。

犬を介してご近所づきあいができる。

さて、我が家のアキは、血液検査にお腹の超音波、点滴注射など人間並みに受けたが結果どこも異常なしだった。

犬の保険に入っているとはいえ一万円札があっjという間に消えてしまった。

動物のお医者さんは、とても親切で人間を扱うお医者さんよりいいかも?なんてね。

飼い主に治療やお薬の説明など親切丁寧だから待合室がこんなに混むのが分るような気がした。

娘の小学校の文集に将来の「夢」「動物のお医者さん」だったことを思い出した。

彼女いわく「理系が弱い」のであきらめたらしい。動物が好きだけでは、この商売できないんだよね。何事もねぇ~。

2008年8月23日 (土)

不思議なスイカ???

8月中旬すぎに「不思議なスイカ」を駐車場脇の庭で発見した。P8230292_2

まだ、ゴルフボールぐらいの大きさの時に何かなと気づく。

第一誰も「スイカ」の種を蒔いたことは、ない。

これは、実家の父の話によると「コダマすいか」という種類らしい。

花芽もいっぱいついてなんだか妙にこのスイカがいとおしくなってきた。

葉は、ぐんぐん伸びて4メートルぐらいになった。

以前、隣のマンションに住んでいた子どもたちがスイカを食べながら種飛ばしをしていたことがあった。

きっとそれが今年になって我が家の細い隙間の庭ですくすくと育ったのだろう。

P8230293 フェンスの向こうがマンションだ。

いつも草取りに苦労している私ですがなんだか「スイカ」が

ますますいとおしくなってきた。

あと10日ぐらいで食べることができるらしい。

あぁ・そうだ! 「スイカ」が苦手な息子とダンナがいたんだ。

もうすぐ9月になってしまうのに遅まきながらスイカが天気に負けずガンバっている。

私も残り少なくなった夏を楽しもうと思う。

2008年8月17日 (日)

真夏のオリンピック

このところ、毎晩オリンピックを見ながら過ごしている。エアコンを入れて麦茶を飲みながら気楽な夜だ。

お盆も終わりホットしているが我が家は、義母と犬のアキと我々夫婦のみ。息子は、夜な夜な遊びに出かけておりTVの音ばかりが大きく聞こえる。

<タイム>

途中、休憩時間が終わってしまったので追加で書いている。

数日前にフェンシングの「フルーレ」で銀メダルを取った選手を見ていた私が

「ねぇ~どうしてヘンな服をきているの?」

「フェンシングは、スピードが速いので体にさわったかどうか感知できるようになったいるんだよ」とダンナの話。

「ふぅ~ん、どうして知っているの」

「大学の時にフェンシングやっていたんだよ」「うそ~!知らなかった!sad」と言うと「フルーレ」の説明を始めた。

どうみてもバーコード頭に短足の現在の姿からフェンシングなんて?信じられない。

マニアックなダンナの薀蓄(うんちく)に付き合いきれない。話を聴いているふりしている私であった。第一「フェンシングなんて興味ないもの。マイナーじゃないの」と言いたいが我慢。(フェンシングをやっている方、FANの方ごめんなさい)think

次に表彰式に出てくるチャイナドレスをきた中国の若いきれいなお嬢さんに目がいく。

「スタイルいいなぁ~」「身長どのくらいかな?」「みんな同じような顔してない?」テレビに向かって勝手にしゃべっている私。

ダンナは、「中国の人口は、12億だから国中から集めてくればそりゃいるだろう!」とのたまう。別にオバサンが言いたいのは、スタイルのいい中国娘さんにやきもちを焼いているわけでなく表彰台にのる選手以上に気になっただけなのだ。

「結構みんな気になってません????」

次に柔道の表彰式にメダルを渡していたIOCの役員さんらしきアフリカ系のオジサンが気になった。「Ivory Coast って国名?それとも人の名前?」

とんちんかんな質問をダンナにした。それも「 I」  と 「L」を間違えて発音していたらしい。

「Ivory Coast」アイボリーコーストらしい。ダンナは、「象牙海岸」だからアフリカの「コートジボワール」じゃないか?という。

コートジボワールは、聞いたことあるけどどうして国名が違うの?

「英語表記だと多分 Ivory Coastだと思うけど?「コートジボワール」はフランス語だよ!

「ふ~ん」するとやおらダンナは、世界地図をもってきてアフリカの赤道近くの「コートジボワール」探す。

本当に「Ivory  Coast」が「コートジボワール」なのか国旗の本に教科書の地図帳まで持ってきて説明してくれる。

特にコートジボワールについて興味あるわけないがここまでむきになるダンナに閉口しながら「分ったよ!」と納得しているふりするオバさんでした。

結局私たち夫婦は、オリンピックの競技以前に別の次元で喧々諤々していたわけだった。

2008年8月 9日 (土)

旧盆の季節

昨日の暑さにグタ~となってしまいました。

飼い犬のアキも玄関のタイルの上が涼しいとみえてお腹を出してやはりグタ~となっています。

義母も扇風機エアコンを交互に使い、和室で横になってグタ~としています。

私はお店に入ってすっきりさわやかエアコンが朝からガンガン利いている中でお仕事です。

 今朝は、まずお得意さんの美容院に行き、染髪とカットをする。1ヶ月に一度染髪しないと白いものが目立つようになってきましたので。

午後は、レジで接客やコミックの品だしその後、4時過ぎに上がり庭の草取りです。

お盆がくるので裏の駐車場までのつながる通路の草をとる。何しろこの時間、蚊がウジャウジャと私の足や腕をめがけて攻撃してくる。腰にぶら下げる蚊取り線香もあるが数年前に買って余っている例の渦巻き型の蚊取り線香を入れて草取りをしている。

その他ゴルフ場のキャディーさんがかぶる帽子で日焼けをカバーし、腕ぬきをする。

どうみても農家のオバサン顔負けのスタイルで草取りをする。

私の住む地方は、旧盆なので13日から15日まで親戚廻りや来客などかなり忙しいのです。長男の嫁は、お盆の準備に大忙しです。bearing

そして、今後仏壇のお掃除、ちょうちん(どこに仕舞ったかな?)、お供え物(ナス・きゅうり・くだもの・その他野菜など)を準備します。ナス(牛)、やきゅうり(馬)をつくり、ほうずきを仏壇に回りに飾ります。

来週は、かなり忙しくなりそうです。

どこのお家もそこの地域の風習があるから大変ですね。

一応嫁をやっている身としては、毎年同じことを繰り返していますが・・・。

けっこう疲れます~!wobbly

2008年8月 3日 (日)

検査結果

7月に「乳がん」検査を受けた。今回がようやく5年目の検査だ。

一般のガンの場合5年をめどにするが「乳がん」は、術後10年まで検査するという。

2003年の6月に自分で「乳がん」を見つけ、7月にガンセンターで手術をした。

あっという間の5年間だった。この頃は、気楽なものでほとんど手術を受けたことすら忘れているぐらいだ。

主治医の先生が定年で他のクリニックに移ったためそこに年2回通っている。

今回もマンモやら超音波、レントゲン・血液検査など相変わらず検査コースを受ける。

そして2週間後、結果を聞きに行ってきましたよ。

「○○さん、よかったですね。異常ありませんよ」「よかったですね」

そりゃそうでしょ!体調かなりいいですからと言いたいぐらい調子よかった。

「あぁ!それから中性脂肪が128になってますよ。正常ですよ」

そうなんですよ。毎日犬のアキと朝晩1時間ぐらい散歩してますからと言う。

犬のお陰ですな。アキは、ほとんど吠えないおっとり犬で防犯の役目は、してないのですが私の「中性脂肪」を下げてくれた恩人(犬?)なのだ。

これまで過去最高の数値は、360ぐらいでかなり危機的状態だったがようやくまともになった。これまでいやいや散歩に行っていたのが俄然ご機嫌よく散歩に出かける私でした。

主治医が「あ!それから腹部周りの脂肪が多いのでもう少し運動するといいですね」sign03

そうなんですよね。やはり電話帳のような厚さの腹部のお肉を何とかしなくては・・・・。wobbly

次回2月の検査までにもう少しスリムになっていたいbook本屋のオバさんでした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30