無料ブログはココログ

« その後・・・・。 | トップページ | 勝手に祝!3周年。 »

2008年9月25日 (木)

あなたは、田舎暮らしができますか?

少し前に出た本で『里山ビジネス』玉山 豊男著  集英社新書 (¥714・税込)に興味を持って読み始めた。玉山氏は、以前よくTBSで土曜日夜の番組「ブロードキャスター」にコメンテーターとして出ていた方だ。

玉山氏が素人にして「ワイナリーオーナー」になってそばに「レストラン」まで作って経営者になってしまった話である。

誰もが絶対やめたほうがいい!という忠告も無視して見事に成功してしまったと言う。

割の合わない里山で熊しかこないような場所にワイナリーとレストランを作ってしまったのは、ナゼ?

普通、素人が手を出さないような場所に何とワイナリーを建てるなんて信じられない。

玉山氏は、お若いときにフランスに留学されていることや旅・料理・ライフスタイルなど幅広い分野のエッセーを書いているのでどちらかというとインドア派の感じがしていた。

2004年に長野県東御市に『ヴィラデスト・ガーデン・アンド・ワイナリー』を作られた。

今ごろ行くといいのでしょうか?もうブドウは、終わりに近いかもしれない。Cocolog_oekaki_2008_09_25_20_22

山梨から届いたブドウを食べながら『里山ビジネス』を読んでいる。

もう一冊『田舎暮らしができる人できない人』も出ている。

団塊世代が定年退職されて晴耕雨読の生活なんてあこがれるかもしれないが現実は、厳しいこと。

私はもともと田舎出身ですので田舎暮らしに憧れは、ない。(絶対に!)でもガーデニングは、大好き!

商い・飽きない・厭きないなんてね。どんなことも継続することが大切とか。

本屋のオバさんから田舎のオバさんになっているかもしれません・・・・・?

一度、長野の玉山氏のレストランを訪れてみたいなぁ~と思っている。

« その後・・・・。 | トップページ | 勝手に祝!3周年。 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 私も、玉山氏の本を読んだことがあります。
もう、10年位前。

 ワインwineが好きなので、図書館にある、「ワイン」と名のつく本bookをすべて読み漁りました。
隣町の図書館のも全部、読みつくしまして、その中に玉村氏がワイン畑からワインを作る話の本がありました。

 単純な私は、自分もワイン畑を持ちたい、フランスにシャトーを持ちたい、とあこがれたのです。

 パパの友人が脱サラして、田舎へ行き、農業始めたら、パパも真似して「やりたい」なんて言っていたけど、やはり、そう簡単な事ではないと思います。

 それに、私は田舎が苦手。coldsweats01
高齢になったらこそ、便利な都会に住みたいと願っているので、田舎暮らしは絶対、無理ですね。

 ただ、昨今の「食の安全の危機」を考えると、自給自足できたら、一番安心かなあ、なんて。

しいかさま

いつもしいかさんのブログで絵を描いてみたいと重いながらできずにいました。
今回は、冒険して描いてみたのですがしいかさんのようにいきません。coldsweats01

山梨に親戚がありましたよね。いつかだんなさまと一緒に晴耕雨読の生活ができそうですね。
最もしいかさんは、都会育ちだから渋谷が似合ってますね。

 こちらにも、山の中に、ワイナリーレストランがあります。たまに出かけます。
http://www.izuwinery.com/
そうだ、今頃が良いですね。でも車で行くので、wineが飲めなくて・・・。weep
 田舎暮らしというのは何がというとやはり人間関係が一番たいへんではないかと思います。畑や自然の中でのんびり過ごすことができればいいけれど、いろいろなことがあります・・・。
 でも商いがうまくいけば・・・楽しいでしょうね! 

 ミズノさん、上のぶどうの絵は、ミズノさんがお絵描きで描いた絵なのですね。

 あまりにも上手なので、すぐわかりませんでした。
 太い線で、迷いのない、堂々とした絵です。
「ぶどう」と書かなくても、ぶどうだと、誰にでもわかります(笑)

 是非、私の掲示板にもお絵描きして下さい。

つぼみさま

伊豆にワイナリーレストランがあるのですか?
是非行ってみたいです。
丘の上から景色を眺めるなんて・・・。遠くに海が見えたりして・・・・。(想像しちゃいます)

自然の豊かな地域にお住まいの人々は、穏やかでいいですね。
でも人間関係が?わかります。子どものころ実家のまわりには、複雑な人間模様がありましたから。
それに他者を受け入れないような閉鎖的な部分もありそうですね。
つぼみさんは、都会からしっかりと伊豆の自然に根付いて大輪を咲かせましたね。

しいかさま

まだまだ半人前ですから。
おはなし会の内容がすばらしかったみたいですね。またお休みが合えば「蔦屋書店」のほうにお伺いさせていただきます。

私もどんどん外に出て行って刺激を与えてボケないようにしていきますので宜しくお願いします。

オバさん、こんばんは♪

私も埼玉の田舎育ちですから、田舎暮らしに憧れは無いですね。
ほんと、テレビでやっている特集とかは、成功したほんの少数の方の一例かと思います。
過疎化で人口の流入が嬉しい、なんて言ってますが意外と田舎の人は排他的ですよ。
地元の人しか信用しない傾向があります、隣り組みたいな互助制度が未だに残っていますものね。
都会の方々、努々甘い考えは持ちませんように。

でも、ガーデニング好きの私ですから土に親しむ事は大好きです。
近くの畑を借りて家庭菜園で楽しみたいとの野望はあるんです。
定年になったら始めようかな?

いつも楽しい話題を有難うございます。
では、又♪


ぶんぶんさま

おっしゃる通りですね。
田舎育ちの私も決して住もうという気はしません。でも不思議とあの風の匂いや空気、草の畑のの匂いが身についているのでしょうか?

いつもステキな花や自然の景色をUPされているぶんぶんさんは、豊かな感性をお持ちですね。

どうかあと少ししたら家庭菜園なんていかがですか?ナスにきゅうり、あ!とうもろこしもいいですね。
是非、その時は、お知らせくださいませ。

横浜生まれ横浜育ちのピグママです
田舎暮らしにメチャクチャ憧れちゃいます

でも私の妹、佐賀の田舎町にお嫁に行ったものの
田舎暮らしに耐えられず5年で戻ってきてしまいました
あっ、旦那や家族も一緒にね・・・

ピグママさま

都会育ちのピグママさんは、横浜がお似合いですよ。それに海外生活も経験されているから田舎は、観光だけでいいですよ。

静岡県や山梨方面もすぐいけるから月一回ぐらい地方に出かければいいぐらいですから。
小春ちゃんをつれて出かけられますね。
田舎出身の私は、住みたくないですが時折でかけたくなります。これから紅葉の季節ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/42590967

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは、田舎暮らしができますか?:

« その後・・・・。 | トップページ | 勝手に祝!3周年。 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28