無料ブログはココログ

« そうだ!京都へ行こう。Vol. 2 | トップページ | 新刊(?)登場です。 »

2008年10月23日 (木)

季節のかわりめ。

先週しっかり遊んだ私は、京都より帰った翌日より見事に「楽あれば苦あり」の世界に追い込まれました。

土曜日、いつものように仕事をしていたら急にダンナの様子がおかしい!

「どうしたの?顔赤くない?」苦虫をつぶしたような顔で黙っているダンナ。

「ちょっと足がだるいなぁ、・・・・・」いつもの元気がどこかへすっとんでいったような様子。

「とくかくいいから上がって!」ダンナをレジからあげて自宅を戻ってもらった。

よろよろと店をでていくダンナにいやな予感。

その後、息子に連絡して夜の遅番交代メールを入れる。息子休みだけれど親父が具合悪いとくれば一応「放蕩息子」でも戻ってきて店に入ってくれた。

さて、自宅で(もっともお店の3階なので1分もかからないところ)う~ん・う~ん唸っているダンナ。

熱が三十九℃。めったに大人には出ない高熱だ。

「大丈夫~」「大丈夫なわけないのだ」

近所のドラッグストアで風邪薬とユンケル、ポカリスエット、ウイダーゼリーなど買いこんで来てとにかく熱を下げなくちゃ。冷蔵庫に入っている保冷剤をタオルにまいて首の周りにまく。

30分おきに「どぉ~・?下がってきた」

少しも下がらない、38.8~39.2度を行ったりきたりまぁ~とにかく寝てて、明日医者に行くかどうするか様子みよう」

その日から我が家の司令塔は私、犬の散歩からお店の開店準備、スケジュールまでダンナの仕事をフルカバーした

息子は、のほほん~として「親父医者連れていこうか?」といいつつ半分居眠りしている。

彼も休みの日曜日働くことになる。

とうとう熱は土・日・月と3日間38度台をキープ(?)していた。

咳もなくただ熱だけが出る。一体どうしたことだろう!

月曜日ようやく地元の病院に38.8度の熱をだしながら行く。ところがめちゃくちゃ混んでいて3時間かかってようやく終わったと連絡があった。

血液検査にレントゲン等受けるが待合室には、まだ患者がぞろぞろ。先生も大変そうだ。

ダンナを息子が迎えに行く。

「肺炎にはなっていないが・・・???とにかく炎症剤と解熱剤を出しておきますから。」

「もし、熱が下がらなかったら入院して検査しましょう!」

「えぇぇええぇえええ・・・・・・そんなこれから書初めの外商が忙しくなるのに」

「それに今週、秋田で、研修・・出張あるんでしょ!」

シュンとうなだれるダンナに私は覚悟して「今週頑張るぞ!遅番は、任せて」

いつもの倍忙しくなるのでした。息子は、いつものごとく「配達」に行ってしまった。

しかし、奇跡は起きた。annoy「熱は水曜日には、下がって37.5度になったのだ」

そして木曜日には、平熱になっていた。入院は、免れた。

ところで「お父さん、市の健康診断(がん検診)受けたほうがいいんじゃない」

商工会でやっている検査は、毎年受けているが「60歳になったのでもう少し丁寧にみてもらったほうがいいんじゃない」と私がのたまう?

町の小書店では、限られた人数でシフトを組んで働いている。ダンナは、一応社長なのでお休みが月2回あればいいほうで週何回か会合や出張などでほとんど休みがなくなってしまうことが多い。

そんな一週間が過ぎようとしている。ダンナも寝ているのが厭きたようでお店にやってきた。とにかく明日は健康診断受けるよう説得した。

私は、京都のお陰ですこぶる元気に過ごしている。

で?いったい何が原因か定かでない。疲れ?ってことなのかもしれない。weep

« そうだ!京都へ行こう。Vol. 2 | トップページ | 新刊(?)登場です。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。熱がつづくとやはり気になりますものね。
わたしも子守を頼まれるときは連れだせないとき。つまり熱のある時で、いつもお土産をもらってくるので、今冬も戦々恐々です。

 熱が下がって、とりあえずはよかった。

 原因がわからないのは、心配ですから、是非、健康診断を受けて下さい。

 お店には不特定多数の、お客様が来店されるから、色々な感染もあるわけで・・・私は早々にインフルエンザ予防接種したのですが、普通の風邪も、流行っているし、気をつけていても、防ぎようがないです。

 でも、ミズノさんの献身ぶりに、夫婦愛を感じました。

 やはり、いざという時は、妻が一番頼りになると、ご主人も再確認された事でしょう。

 無理されないように、お仕事して下さい。

あきのさま

可愛いお孫さんのお世話でお土産に風邪をいただいてきては、辛いですね。
これから寒くなりますから気をつけてくださいませ。

健康が何よりですね。無駄なお金もかかりませんし、おいしく食べることができますから。
でも日ごろからあきのさんのように鍛えておかないとウイルスに負けてしまいますね。
その後、ダンナは元気に事務仕事をしております。まだ無理できませんが。。。。coldsweats01

しいかさま

有難うございます。
おかげ様でだいぶよくなってきて事務所で仕事を始めました。今年の2月に肋骨を折ってから厄年じゃないのって言っていたら熱でダウンでした。
まぁ!年のせいということでしょうね。
しいかさんもお仕事にボランティア活動、研修会などかなりお忙しいのでお体気をつけてくださいね。

オバさん、こんにちは♪

大変でしたね!
39度の熱は凄いですよ、私も数年前に
経験しましたが熱が引いてもしばらくは
関節が痛くて大変でした。

ご主人様、幸い悪性のインフルエンザで
無くて良かったですね。
オバさんの京都旅行中の留守番疲れでは
無い事を祈りつつ(笑)
では、又♪

ぶんぶんさま

有難うございます。
多分犬のアキの散歩に振り回されたのかもしれないですね。
60歳って還暦ですよね。それに男女とも最後の厄年とか・・・。
まぁ、年とともにいろんなところがガタついてきたのでしょう。( ̄ー ̄)ニヤリ
完璧主義のところがあるのでもう少しゆっくりしなさい!っということでしょうか?
ぶんぶんさんもどうぞお体大切になさってくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/42883356

この記事へのトラックバック一覧です: 季節のかわりめ。:

« そうだ!京都へ行こう。Vol. 2 | トップページ | 新刊(?)登場です。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31