無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

せっちゃんへのてがみ

せっちゃん、こんにちわ。

木枯らしのふくころになるとあなたのことを思い出します。

あなたと始めて会ったのは、真新しい制服を着た街のマンモス中学校と言われた

1年3組の教室でしたね。田舎の小学校から出てきて誰も知り合いのいない中学校で隣の席になって声をかけてくれましたね。

あれから私たちは中学3年間毎日一緒に帰ったり、映画を観に行ったり、一緒に図書館で勉強したり、お互いの家に泊まりにいったり・・・・・。

あっ!林間学校にも一緒に行きましたね。時折姉妹喧嘩みたいに口を聞かない日がありましたね。

そして高校は、別々の学校へでも土曜日に駅で待ち合わせして遊んでいましたね。

高校1年の夏休みせっちゃんが入院したと聞いて毎週お見舞いに行きましたね。

初めての文化祭も私が入っていたマンドリンクラブの演奏会にも来られませんでしたね。

私は、高校生活が忙しくなりお見舞いの回数が減りなかなか会えなくなりました。

ようやく冬休みになり会いに行くとせっちゃんは、早く良くなって高校へ戻りたいって言ってましたね。

1月の寒い朝、高校のHRが始まる前にせっちゃんとも仲良しだった近所のNちゃんがあなたが亡くなったことを廊下で話してくれました。

なぜ???私は、せっちゃんの病気がそんなに悪いと知らなかったのです。

後でお母さんから「卵巣がん」だったと聞きました。入院した時に余命半年と言われていたのでしたね。

せっちゃんには、言えないよね。絶対に・・・・。

冬休みにクリスマスプレゼントとして私が編んだちょっといびつなミトンの手袋をプレゼントしたね。

せっちゃんは、手先が器用で編み物も上手で字もとってもきれいだったね。

いつも書初め展で入選してたね。でも少しも得意面をしない人でしたね。

あれから40年以上が過ぎ、せっちゃんのことを思い出すことが少なくなってしまいました。

私は、その後学生生活を送り、社会人になり結婚し、幸い子どもにも恵まれ順風満帆でなかったけどそれなりに忙しく精一杯生きてきました。

数年前にせっちゃんの実家に行ってきました。お母さん相変わらず元気でしたよ。

「○○さんは、丈夫でいいねぇ」丈夫だけが取り得なんです・・・・。

気丈なお母さんももう80歳を過ぎたでしょうか?

せっちゃんが紫の煙となって消えたあれから40年以上が過ぎ、私たちの人生も紅葉が似合う、そして真っ青な秋の空のようなおだやかな時間がやってきました。

まだあなたに会うには、少し時間がありそうですが・・・・・。

お母さんは、辛いからとアルバムからせっちゃんの写真を処分したといったけど私のアルバムには、いっぱいあなたがいます。

私の人生の一ページにせっちゃんがしっかり載っています。

でも中学時代のせっちゃんばかりです。その後のせっちゃんに会いたかった。

では・・・・・・・。またいつか手紙書きます。

2008年11月25日 (火)

東京歴史散歩

11月は、3連休が2回もあり得したと思った方もいたことでしょう。

埼玉県では、14日が県民の日だったのでもう一回多かったのですが。

さて、先日11月の戌の日に娘の安産祈願のため水天宮へ行ってきました。

実は私一度も入ったことなかったのです。道路脇から通りすがりにちょっと見た程度でした。今回は、娘のために一応「安産祈願」しておこうか?と出かけました。

Pb180439

戌の日は、めちゃくちゃ混みます。受付やら祈祷など足の踏み場がない状態です。

娘いわくこんなに妊婦を見たのは始めてだとか。きっと他の妊婦も同じだろうけど。

国際カップルのかたがご家族と一緒にみえていたが宗教関係ないようでとにかく

無事に生まれてくれればそれでよし!ですね。

  次に昨日お休みがダンナと合ったのでどこに行こうか?ということで

都内歴史散歩へと出かけました。

行き先は品川~旧東海道・大森へ

お天気が悪くなるというのでJR品川駅から京急で北品川駅へ~そこからすたこら旧東海道へ青物横丁までのんびり江戸時代の旅人にタイムスリップ~・・・・・・・・。Pb240442 Pb240443

                             

旧街道の商店街から  

               Pb240445              Pb240446              これから青物横丁

Pb240448

                Pb240449               Pb240450             

       Pb240444          途中天気予報どおり

午後から雨振りになってしまいました。

そこで予定していた「品川水族館」へ

Pb240453 Pb240454                  

子どもに返ってサカナ君とお友達に

でも帰りのスーパーでサカナをみたらちょっとショックでした。

青物横丁~旧東海道江戸時代は、旧道脇は、海だったとか。下り坂に海への道が続いているようでした。

そしてその向こうにはマンション群があふれていました。ということはあそこは、海の上ということ????

400年前は、海岸だったのかしら?

想像するだけで楽しいですね。旅人になって京へと向かうって~でも品川から新幹線で一日で日帰りできちゃうのですから・・・・。

すっかり現実に戻って海のない埼玉に重い足を引きずり戻ってきました。                                

2008年11月23日 (日)

エネルギーが足りない私。

取り立てて忙しいわけでもでなく病気でもない。でもやる気が出ないのだ。downwardright

更年期?もうとうに過ぎたんで。

朝起きるのがおっくうなんですねぇ。(えっ、寒くなってきたからみんな同じだっつうのって!)

仕事は、一応真面目(?)に働いている。休みの日は、家の片付けや買い物で終ってしまう。

ダンナが一週間会議や出張で夜の遅番に入ることが多かった気がする。

本を読むのが疲れるbearingそれじゃ「本屋のオバさん」失格じゃないか

とにかく眠い!でも途中目が覚めている。TVもつけっ放しでコタツで寝ている。

おいおい!どうしたんだ。新しいことに挑戦する前に疲れている自分がいる。

言い訳ばかりが先にたつ理由を見つけて自分を甘やかす。

そんな時は、気分転換しよう!heart04でも天気が悪いらしい。映画にするか?でも寝ていたい。  寝ていられない????

自宅で休んでいるとどうしてもお店から連絡が入ってしまう。

肩や目が痛いのは、年のせいばかりだけでない。肩に重石が乗っているような状態かもしれない。

「本屋のオバさん」は、「不動産の管理人」にヘンシンしたり「ホームヘルパー」にヘンシンしたり「ボランティア」にヘンシンしている。

自分と折り合いをつけて体調管理しよう!全身凝り固まっている自分がいる。

お店においでになるお客さんと足腰や体調の話をして慰めている自分が笑える。

お店ではいつもオバさん、ニコニコlovelyプロに徹してます。ハイ!

息子よ!早く嫁さん連れてきてちょうだい!

2008年11月16日 (日)

子どもの読者サポーター講習会

15日(土)、「子どもの読書サポーター講習会」へ出席のため都内神保町に出かける。

内容は

 講演 「子どもの本を楽しもう」 講師  とよたかずひこ氏

② 実技とポイント 「子どもと本を楽しむために」

    講師  児玉 ひろ美さん・  佐々木貴美子さん

 とよたかずひこさんは、『でんしゃにのって』(アリス館) 『どんどこももんちゃん』(童心社)などヒット作が多いので小さいお子さんをお持ちのかたは、きっと絵本コーナーで目にしていると思います。(とよた氏のリンク貼ってあります)

 内容は、とよた氏の作品の紹介や読み聞かせ、そして午後は、実際に読み聞かせのしかたのテクニックや絵本の選び方・おはなし会の進め方等でした。

 これらの内容を実践してきたのであまり新鮮さは、なかったが基本に返って学ぶことの大切さを知りました。

資料としていただいてきたもの

Pb160433 Pb160434               Pb160435

Pb160436

子どもたちに絵本の楽しさを味わって

もらうには、読み手としての心構えを

学ぶ機会になりました。

書店経営も大型店に読者が流れ地方の小書店がこれから生き残っていくことが難しくなってきています。もちろん大型店も大変ですがより多くの読者を育てる努力が必要になっています。

そして子ども時代にお母さんの膝にのってあるいはお布団のなかで読んでもらった絵本が想像の世界を広げていったような気がします。

DVDやPCなど便利なものができアナログの世界が消えてなくなりつつあります。

図書館を活用されてもいいので是非「よい本」と出会われてください。

私も来年孫が生まれたら赤ちゃん絵本から見せてあげたいです。あるいは母親である娘のサポートにまわりながら・・・・。

幼いころの思い出は、ほとんど記憶にないかもしれませんが想像の世界で遊んでみませんか?

最近は「高齢介護施設」でお年寄りへの「読み聞かせ」出張サービスがあるとか?

誰かに温かいやわらかな声で読んでもらうなんてホッとしますね。

経済情勢は、厳しくマイナス思考に陥りやすいですが「書店」の仕事に誇りを持って

明日も「本屋のオバさん」で頑張ります!!note

当日私が持っていった絵本です。お隣のかたと交代で読み聞かせをしました。

Pb160438 『りんごがひとつ』

  岩崎書店

2008年11月15日 (土)

編集後記

 実は、つい先日義母が玄関マットにつまづき転んでしましました。朝の時間私がお店に出る前、洗面所にいるとごろんという音がした。

85歳という年齢でこのところ外出せずほとんど部屋の中で生活いる。

耳が遠いのと足腰が弱ってきたのでゆっくり手すりを触りながら家の中を歩いている。

骨折?どうしよう!あわてて義母のところに行き抱え込んで起こす。ひじとおでこにかすり傷で何とかと立ち上がれた。

シップをしてとにかく寝かせたが・・・。整形外科がお休みだったので少し様子を見ることにした。

昨日どうも肋骨がひび?骨折してないらしいが義母が痛い!イタイ!というのでもしかしたら折れているかもしれない。

ダンナがこの2月に蛍光灯を交換していて脚立から落ちて肋骨を折っている。

そのときも一回目のレントゲンでは分らなかったのだ。

とにかくそんな状態で私は、完全に「ホームヘルパー」にヘンシンしております。

シップした後コルセットを巻いてゆっくりするしかないらしい。

   さて、そんなこんな中ダンナが地元誌のかわらばんに編集後記を書いていた。

本人の了解を取って転記させてもらった。今回は、ブログ手抜きしております。

    編集後記

小金井の一里塚まではもうすぐ夏の光の中、今日の旅は終る。

宇都宮から20キロ、お江戸日本橋を目指すに日光街道徒歩旅行は、残り100キロ

を切った。思えば学生時代に東海道と中仙道を完歩し、甲州街道は、甲府までの道 を歩いていた。

17年10月、40年目の甲州街道徒歩旅行として信州諏訪への旅の出発5日前、すべての旅を一緒し、寺・公民館・国鉄バスの営業所・学校・河原等さまざまな場所で寝起きした友にドクターストップがかかり再起の日、新たなる旅立ちの日はついに訪れなかった。

19年6月友の想いと写真を胸に甲府から歩いた。2泊3日の旅、南アルプス・八ヶ岳 諏訪湖。友が大好きだった御柱祭りの街、終着地下諏訪の街並み、この旅が残り二街道への旅を誘った。

日光街道が修了すると奥州街道白河への旅となる。物言わぬ友との二人だけの旅

江戸時代へのタイムスリップ、五街道完歩のその日を夢見てまたいつか街道を一歩

一歩あるき始める。   

 ダンナの友人は、18年12月に「急性骨髄性白血病」で永眠した。(享年59歳)  

2008年11月 8日 (土)

秋の夜長に読みたい本

本屋の仕事をしていながらお薦め本bookの一冊もあげられない。coldsweats02

取り立てて忙しいわけでなくただマンネリ化した自分から脱却できないだけだ。

店頭には、「カレンダー」「手帳」「暦」「家計簿」「年賀状イラストCDつき雑誌」その他この時期年末・年始関係のものがにぎやかに並んでいる。

本屋のオバさんは、ダンナと違い読書らしきことをしていない。ただ入荷した書籍のチェックのため斜め読みする。

目次をみてそれからぺらぺらと本をめくる。

最後のほうのページをチョット読み終わり。まぁ~読んだということではないがほぼこんな感じの毎日だ。

他店に行くとようやくお客さんになって文庫の立ち読みやハードカバーもかなり読んでみる。時折平台がずれているとなおしたり、スリップを押し戻したりたりと職業病がでてしまう。これは、書店で働いた人かなり分るとか言っていた。

さて、小さな町の書店でも企画として「秋の夜長に読みたい本」フェア~を読書週間にあわせてやっている。

最近の私がお金をだして買った本?では、『告白』湊 かなえ著  双葉社 (¥1400+税)  (小説推理新人賞受賞)がある。

湊氏は、この作品がデビュー作だそうだがすごい!何がって?構成とかでなく読者を引っ張っていく力と登場人物が語りかけてくる(告白)がぞくぞくと迫ってくる。

ダンナいわくこれが才能だそうだ。各メディアで取り上げられているからご存知のかたも多いかもしれない。

新人作家とは思えない作品で主人公(中学教師)が生徒にとうとうと語りかけるリアリティにどうして?

これだけ書ける著者に今後を期待してしまう。売れる作家になってくれることを願っている。本屋のオバさん上から目線になりつつある。wobbly

だいたい書店で働いている人は、本好きだと思いがちだがそれほどでもない人もいる。

ダンナは、年間100冊以上読んでいそうだ。毎夜本を抱えて布団にもぐっているから・・・・。

一応どんな傾向の本を読んでいるか知っているがお互い干渉しない。

第一、本屋のオバさんは、お客様に買っていただいてナンボですから。売れる本を探すのが商売ですから。

では、皆さん秋の夜長に是非ステキな本に出合われてくださいませ。

2008年11月 4日 (火)

世界経済は、???

海の向こうでは、「オバマ」とか「マケイン」だとかにぎやかですが。

例のサブプライム問題後遺症やリーマンさんの倒産後など世界経済のにぎやかな情報が新聞紙上を賑わしています。

かといって我が家にどんな影響があるかといえば少ない「株」が値下がりしたりお付き合いで買った某銀行の営業さんが持ってきた「投資証券」などなど・・・・。結果はみるも無残な状態でありますが・・・。downcrying

『週刊エコノミスト』、『週刊ダイヤモンド』なども見事にネガティブな記事だらけです。

投資雑誌も動くがよくありませんな~!

『ダイヤモンド・マネー』『ダイヤモンドZAI』『経済界』『あるじゃんその他もろもろ

これらの雑誌も停滞気味で棚で眠っています。

旧住宅金融公庫関連の10年前の金利がこれから元に戻って値上がり?4%でしたか。

まずいですね。日本版サブプライム問題になってしまったらもっと大変ですな~。

書店業界も商店街も閑古鳥があちこちに飛んでおります。追い払ってもやってきますね。

「枯れ木も山のにぎわい」でもいいのでお客さんがお店に来て欲しいこの頃です。

ちょっと弱気な本屋のオバさんでした。

でも今日もガンバルぞ~!

2008年11月 2日 (日)

レイクタウンへ行ってきました。

10月初めに越谷市にオープンした全国一と言われる「レイクタウン」へ行ってきました。

11月の3連休できっと混んでいると予想してたとおり「新しいもの」に関心があるようです。

今回は、ダンナが役員会で仕事のため娘と一緒に行きました。

第一、男性はあまりファッションに興味ないでしょうからとにかく広いので歩きやすい靴で行ったほうがいいですよ。

それに「MORI  「KAZEの二つのスペースからなる巨大なショッピングセンターですから。

たぶん全部一日で見終わらない気がします。

このところ株価の値下がりや景気動向が気になる時期でもあり、消費者の財布の紐は硬いと思います。

ショップングセンターの周りは、ほとんどまだ家が建っていない開発途上の状態です。

二つのゾーンを結ぶデッキには人~人~ひとまた人だらけです。

昼食を取るにもレストランは、どこも満員で並ばなくてはいけません。

とにかくくたびれます。

娘に誕生日のお祝いのソフトとマタニティーの洋服をプレゼントしただけで2時過ぎには帰りの車の中でした。

越谷市は、車で40分ぐらいのところなのですがもう一度行きたいと思わないです。

お店を回るだけで疲れるのです。でも通路にいっぱい椅子が置いてありますから大丈夫ですよ。

一応本屋のオバさんですから「未来屋書店」いま人気の「時代屋」という歴史関係の書籍やグッズを販売しているお店、雑貨が山盛りで書籍はどこにあるのか分らない個性的な「ヴィレッジバンガード」など書店関係のお店を回ってきました。

書籍、雑誌このところ売り上げが下降気味で書店業界は、いま株価と同じような厳しい状況になっています。

新しショッピングセンターから消費者のニーズを探ることや何がいまうけているのかなど。

施設だけでなく接客や新鮮さなど興味を引く仕掛けがあるのか?など

皆さんが買っているものは、どんなものが多いのか?手提げ袋をみると意外に買っている人は少ないようです。様子見に来たようですね。

ただ「クリスピードーナッツ」は、人気があるようで並んで買っていました。

後は、皆さん、興味がありましたらお出かけくださいませ。

Cocolog_oekaki_2008_11_02_20_11

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28