無料ブログはココログ

« 編集後記 | トップページ | エネルギーが足りない私。 »

2008年11月16日 (日)

子どもの読者サポーター講習会

15日(土)、「子どもの読書サポーター講習会」へ出席のため都内神保町に出かける。

内容は

 講演 「子どもの本を楽しもう」 講師  とよたかずひこ氏

② 実技とポイント 「子どもと本を楽しむために」

    講師  児玉 ひろ美さん・  佐々木貴美子さん

 とよたかずひこさんは、『でんしゃにのって』(アリス館) 『どんどこももんちゃん』(童心社)などヒット作が多いので小さいお子さんをお持ちのかたは、きっと絵本コーナーで目にしていると思います。(とよた氏のリンク貼ってあります)

 内容は、とよた氏の作品の紹介や読み聞かせ、そして午後は、実際に読み聞かせのしかたのテクニックや絵本の選び方・おはなし会の進め方等でした。

 これらの内容を実践してきたのであまり新鮮さは、なかったが基本に返って学ぶことの大切さを知りました。

資料としていただいてきたもの

Pb160433 Pb160434               Pb160435

Pb160436

子どもたちに絵本の楽しさを味わって

もらうには、読み手としての心構えを

学ぶ機会になりました。

書店経営も大型店に読者が流れ地方の小書店がこれから生き残っていくことが難しくなってきています。もちろん大型店も大変ですがより多くの読者を育てる努力が必要になっています。

そして子ども時代にお母さんの膝にのってあるいはお布団のなかで読んでもらった絵本が想像の世界を広げていったような気がします。

DVDやPCなど便利なものができアナログの世界が消えてなくなりつつあります。

図書館を活用されてもいいので是非「よい本」と出会われてください。

私も来年孫が生まれたら赤ちゃん絵本から見せてあげたいです。あるいは母親である娘のサポートにまわりながら・・・・。

幼いころの思い出は、ほとんど記憶にないかもしれませんが想像の世界で遊んでみませんか?

最近は「高齢介護施設」でお年寄りへの「読み聞かせ」出張サービスがあるとか?

誰かに温かいやわらかな声で読んでもらうなんてホッとしますね。

経済情勢は、厳しくマイナス思考に陥りやすいですが「書店」の仕事に誇りを持って

明日も「本屋のオバさん」で頑張ります!!note

当日私が持っていった絵本です。お隣のかたと交代で読み聞かせをしました。

Pb160438 『りんごがひとつ』

  岩崎書店

« 編集後記 | トップページ | エネルギーが足りない私。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 講習会、お疲れ様です。
神保町だったのですね。

 ミズノさんは、すでにおはなし会を実践されているから、知っている事ばかりだったかもしれないです。

 とよた氏は、年配のほっそりした方ですね。
国際ブックフェアで読み聞かせを聞きました。
『でんしゃにのって』の大型絵本、その他でした。

 かわいらしい絵で、私のおはなし会では、使う回数がダントツで多いのですが、「このかわいい絵をあの先生が・・・」と思っちゃいました。

 お孫さんが生まれたら、是非、赤ちゃんの時から、たくさん本を読んであげて下さい。

 それから、15期の同期生で、金沢在住のUさんも、書店の奥様。

 彼女のすごいのは、ネットで本を売ったり、絵本キッズ便を立ち上げたり、赤ちゃん向けのおはなし会や、絵本の相談会を定期的に開いて、自分の店の本の売り上げに貢献している事。

 最近では、サンタ便も実施している。
サンタ姿で、絵本を届けるのです。
あれやこれやとアイデアを駆使しているのには、ただただ、感心しています。

 ミズノさんも、ネットでのサイトを立ち上げて運営してみてはどうでしょうか。

Uさんのサイト↓ 
http://www.utsunomiya.co.jp/

Uさんのブログ(私も時々コメント書かせていただいています)
  ↓
http://blog.kids-book.shop-pro.jp/

すてきですね。
本を読むことは、とっても大切なことだと思います。
わたしも図書館やネット利用が多くて申し訳ないとは思いつつ
(林真理子さんが言っていたように)本屋さんにはゼッタイがんばってほしいな~、と思います。
読み聞かせ、いいですよね。大好きです。
でも、我が家の子どもたちが小さい頃には生活に追われていてろくに本を読んであげませんでした。
子育てがすぎてしまわないうちに、気づいていただきたいし、ご高齢の皆様にもお役に立てたらいいな、と思います。

子どもが小さい頃は読んであげていましたが、字が読めるようになったら手抜きになっていた私です。今は、職場でチビちゃんたちが自然と膝に乗ってきて本を読んで~とやってきます。ババちゃんになった気分で読んでいる私です(笑)

お久しぶりです
本屋さん それも文庫の前辺りですが 帰りの1時間くらいヮイツモお邪魔させていただいていました 若い頃 失恋中の本屋さんの棚ヮ どんな気持ちも吸い尽くしてくれるようで よくお世話になりました 物理的に 本ソノモノが売れなければイケナインデショウケレド 私にとって環境をくれた そう思えて仕方ありません 今 本屋さんのあった場所が 大きなビルに建て変わっても駅前を通る時 私に見えるのヮ あの 昔の本屋さんです 難しい時代ですが 欲しているものもイルというコトを胸に 頑張ってください

しいかさま

ありがとうございます。

金沢のUさんのブログにいってきました。
お顔は存じていましたがおはなしする機会がなく残念でした。
児童書への取り組みとても参考になります。当店も来年4月に「子どもの本フェア」をします。
どちらかというと赤ちゃんより幼児~小学生低学年向け対象です。

しいかさんに勇気をいただきました。いつも常に前向きに取り組んでいる姿に刺激をいただいております。
これからもいろいろ教えてくださいね。

つぼみさま

ありがとうございます。子どもたちといつも接してしらっしゃるつぼみさんは、幸せですね。
お子さんを育てながら常勤で続けてこられたのですから。
孫が生まれるとわかってから昔、忙しくて膝にのせて絵本を読んで上げる時間がなくこのところ赤ちゃんや幼い子をみるといとおしく感じられます。
スキンシップや親子関係の安定など絵本が少しでも役に立てばと思っています。
学期末が近づいてきましたのでお忙しくなりますのでどうぞお風邪ひかないように!

セルラーさま

お仕事お忙しそうですね。とても生き生きされていらっしゃるのではありませんか?

お子さんと接する関係で「インフルエンザ」の注射をされませんでしたか?
妹も保育園で仕事をしているので風邪をうつされたりキックをされたりとめちゃくちゃ大変だとか・・????
セルラーさんも子どもたちに負けず(?)頑張ってくださいね。

台所のキフジンさま

お元気になられてよかったですね。
私も相変わらず本屋のオバさんで頑張っています。あと数年で還暦ですから何かに挑戦する意識を持ちたいと思います。

キフジンさんの挑戦にいつも励まされます。
今いる場所、自分の足元に目を向け、リラックスして本屋の仕事に挑戦していきます。
またブログにお邪魔しますね。

おじゃまします、金沢のえほんキッズ便店長:BALBON@JPIC15です。
ブログの方にもお越し頂きまして、ありがとうございました。

私の方も、最初は幼稚園~小学生向けの読み聞かせ会からスタートしたのです。
丁度、学校などが完全週休2日制を導入した頃(自分の第1子が幼稚園に入園した年)で、まだ子どもたちもどのように土曜日を過ごしてよいかわからずにいたようで、一時は2部制にしたほどでした。

でも、最近は幼稚園さんよりも、ベビーちゃんのファーストブック選びに悩んでいるママさんたちからのオファーの方が増えてきて、現在に至っています。

『りんごがひとつ』うわあ、すごい偶然!
実は今年度のJRAC総会のときに、私が読み聞かせ実演をさせていただいたときに、やっぱり『りんごがひとつ』を演目にチョイスしたんですよ!
※この絵本、不思議と、ハイティーンでベビーを授かったヤンママに受けるんですよ(当社比)☆

これからも、ちょくちょく遊びにお伺いいたしますので、よろしくご指導をお願い致しますm(__)m

本屋さん コメントありがとうございました。素敵なレイアウトですね また寄らせて頂きます。

BALBONさま

ご来店有難うございます。
いろんな企画を立てられてご活躍の様子JRACニュースで拝見いたしました。
児童書への取り組みすばらしいですね。
私は、40代に学習塾を経営して学参商品に力をいれました。(教科書を扱っている書店です)
その後、小さなお子さんへの取り組みとして「絵本」販売を企画したのですが難しいです。
お店で売れないのが悩みの種になっています。
これから是非ともご指導ください。
BALBONさんから元気をいただきました。

児玉ひろ美さま

ご来店有難うございます。
先日は大変お世話になりまして有難うございます。
これからも細々と「おはなし会」続けてまいります。
ご指導宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/43134761

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの読者サポーター講習会:

« 編集後記 | トップページ | エネルギーが足りない私。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31