無料ブログはココログ

« 世界経済は、??? | トップページ | 編集後記 »

2008年11月 8日 (土)

秋の夜長に読みたい本

本屋の仕事をしていながらお薦め本bookの一冊もあげられない。coldsweats02

取り立てて忙しいわけでなくただマンネリ化した自分から脱却できないだけだ。

店頭には、「カレンダー」「手帳」「暦」「家計簿」「年賀状イラストCDつき雑誌」その他この時期年末・年始関係のものがにぎやかに並んでいる。

本屋のオバさんは、ダンナと違い読書らしきことをしていない。ただ入荷した書籍のチェックのため斜め読みする。

目次をみてそれからぺらぺらと本をめくる。

最後のほうのページをチョット読み終わり。まぁ~読んだということではないがほぼこんな感じの毎日だ。

他店に行くとようやくお客さんになって文庫の立ち読みやハードカバーもかなり読んでみる。時折平台がずれているとなおしたり、スリップを押し戻したりたりと職業病がでてしまう。これは、書店で働いた人かなり分るとか言っていた。

さて、小さな町の書店でも企画として「秋の夜長に読みたい本」フェア~を読書週間にあわせてやっている。

最近の私がお金をだして買った本?では、『告白』湊 かなえ著  双葉社 (¥1400+税)  (小説推理新人賞受賞)がある。

湊氏は、この作品がデビュー作だそうだがすごい!何がって?構成とかでなく読者を引っ張っていく力と登場人物が語りかけてくる(告白)がぞくぞくと迫ってくる。

ダンナいわくこれが才能だそうだ。各メディアで取り上げられているからご存知のかたも多いかもしれない。

新人作家とは思えない作品で主人公(中学教師)が生徒にとうとうと語りかけるリアリティにどうして?

これだけ書ける著者に今後を期待してしまう。売れる作家になってくれることを願っている。本屋のオバさん上から目線になりつつある。wobbly

だいたい書店で働いている人は、本好きだと思いがちだがそれほどでもない人もいる。

ダンナは、年間100冊以上読んでいそうだ。毎夜本を抱えて布団にもぐっているから・・・・。

一応どんな傾向の本を読んでいるか知っているがお互い干渉しない。

第一、本屋のオバさんは、お客様に買っていただいてナンボですから。売れる本を探すのが商売ですから。

では、皆さん秋の夜長に是非ステキな本に出合われてくださいませ。

« 世界経済は、??? | トップページ | 編集後記 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

オバさん、こんばんは♪

「秋の夜長に読みたい本」・・・
春夏秋冬、本を読んでますが、今、これはって
本にはまっています♪
何を今更と言われるのを覚悟で発表します。

「精霊の守り人」上野菜穂子・著 新潮文庫
NHK(?)でアニメになっていたのは知って
いましたが、ありきたりのファンタジーかと思
っていました。
しかし、たまたま手に取った原作は日本民話か
伝承神話かと思えるしっかりとしたものでした。
これが児童文学とは・・・
「あさのあつこ」といい、上野菜穂子といい、
凄い書き手がいるものです。
児童文学、恐るべし!
人生無為に生きるのは、もったいないと改めて
実感した次第です。
全十部作、これから先が楽しみです。

だいぶ寒くなって参りました、暖かくしてお過
ごし下さいね。
では、又♪

私も他店で本が乱れてるとつい直しちゃったりします(笑)
立ててある文庫を上から見た時に本来白い所が茶色っぽくなってる本が多い本屋はあんまり売れてないのかな・・・なんて思ったりもしちゃいます

本屋に勤めてると季節を感じますよね
雑誌の表紙に紅葉の写真が増えたり・・・

そうそう、家計簿とか手帳とか年賀状の本とか・・・いっぱい並んでます
1年は早いですね

『告白』気になっていますが、まだ読んでいません。要チェックですね。φ(.. )
秋の夜長ついつい夜更かしが、明け方まで読んでしまって、翌日ふふぁ~ などと言う事になってしまいます。
カレンダー、暦、家計簿の季節がまたやってきましたね。
一年の過ぎるのが早いことsign01 (;^_^A

こんにちは~
いつもご無沙汰です・・・。

仕事から離れて2年も経つのに
乱れた平台を直しちゃってることがあります。
おっと・・っと・・・ やらなくていいんだ・・・bleah
この季節から年末にかけては店内の模様替えも多いですよね。忙しさ+気温も下って腰痛に泣いていたことを思い出します。 

紅葉狩りにはお出かけになりましたか?
こちらの山々はすっかり冬模様ですよ。

ぶんぶんさま

当店にも『精霊の守り人』他『夢の守り人』『虚空の旅人』などしっかり入っておりました。
ハードカバーのほうを地元中学校の図書館に納品しました。
ぶんぶんさんは、ファンタジーにも造詣が深いのですね。
これからチャレンジしてみます。苦手意識から脱却していくと面白さが分ってくるのかもしれませんね。読み終わったら報告させていただきます。

ピグママさま

やはりピグママさんも職業病がでますか?
ついやってしまいますよね、平台直しを。
お店も年末・年始バージョンで忙しくなりますね。
でも夜になると疲れて本を読む前にソファで横になって居眠りなんてことありませんか?
ピグママさんは、若いからまだまだ大丈夫ですね。
寒くなりましたからお風邪などひきませんように
お仕事頑張ってくださいね。

となりのとまとさま

お久しぶりです。
『告白』かなり面白いですね。もしよかったら是非どうぞ!
とまとさんは、かなり読み込んでいますから。
いつも書籍のリストを拝見しています。
夜中にひとり読書の世界に入り込むのも楽しいですね。
でも次の朝がきつい!ですね。遠近両用のメガネで読んでいます。これがけっこう疲れますね。
では、お茶出ませんがごゆっくり読書タイムされてくださいませ。

沙穂流さま

福島は、もう冬景色ですか?早いですね。
書店のお仕事を離れてからもう2年経ちますか?
早いですね。それでも平台を揃えてしまう???
習慣でしょうか?

その後作品進んでいますか?お仕事やお嬢さんの受験など慌ただしくなりますね。

今年は、紅葉見ることなくここまできてしまいました。高尾山へ今月末行く予定です。

わたしは、同人誌の締切、一年に二回しか書かない小説なのに、もっか四苦八苦。つぎに書きたいものがないのです。とにかく書きたい範囲というか、書くときに力のはいるものでないと書けないし、いい加減なストーリーでは満足できないし…特異なことや病気を書かないとすれば、日常に起こる出来事はだいたい決まってしまいます。それだからヒントが欲しくて本を読みますが、悩ましいことです。

あきのさま

作家さんもやはりテーマや題材にご苦労されているのですね。
何を?難しいですね。家族やDVなど内的な問題だけでなく過去と未来の融合、う~ん!やはり作家さんは、大変ですね。
とてもエネルギーが要りますね。
でも書き続けること表現したいものが見つかると思いますよ。
あきのさん、ファイト!

『告白』『精霊の守り人』図書館にリクエストしました。 買わなくてごめんなさい!

 ここにコメントする方の多くが「書店で本の乱れを直してしまう」ようで、実は私も同じくです。

 小学校の図書室ボランティアをしていた為、つい、直してしまいます。
 直す必要ないんだよ、と思いつつ、気になってしまうのです。

 読書の秋、たくさん本を読みたいと思います。

しいかさま

コメント遅くなって申し訳ありません。
事情は、別途ブログに書きますので。

さて、お忙しいのによく本を読んでいるしいかさんは、すばらしいですね。
このところ歴史小説に凝っているのでしたね。
幅広い読書家で驚きます。

図書館でも是非リクエストしてお読みください。
一人でも多く本好きの人がいると幸せですので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/43051089

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に読みたい本:

« 世界経済は、??? | トップページ | 編集後記 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28