無料ブログはココログ

« 球技会 | トップページ | 2008年ミステリーベスト10 »

2008年12月23日 (火)

東京文学散歩 VOL.2

年の瀬もせまり毎日大掃除に明け暮れている。

しかし、今年は「障子貼り」「浴室」「換気扇」など汚れのひどいところを先にやっておいたので先週土曜日久しぶりに都内に出かけた。

今回のテーマは「樋口一葉の文学を訪ねて」

京浜線で王子駅から「都電荒川線」に乗る。終着の「三ノ輪駅」に降りる。

Pc200465 Pc200466

そこから新吉原と呼ばれた「たけくらべ」の舞台へ~

最初は、「浄閑寺」明暦元年(1655年)創建で新吉原で亡くなった遊女が埋葬されている。(投げ込み寺)

Pc200467 Pc200469

国際通りをまっすぐ歩いて一葉記念館へPc200474 

樋口一葉が吉原茶屋通り大音寺前に暮らした明治

26年7月~翌年の4月まで

ここで荒物・駄菓子屋をしながら小説を執筆した。

この地での体験から名作「たけくらべ」が誕生した。

Pc200471 Pc200475

一葉用の旧友「佐々木信綱の歌碑」         台東区立一葉記念館

                               料金 大人 300円 月曜休

一葉が明治の時代に自立した生活を求めて「小説家」になっていく過程と24歳という若さで結核で亡くなったこと。

彼女の作品『たけくらべ』が世に出て脚光を浴びるのは死後だった。

現代では考えられないぐらいの女性の地位がたくましい一葉によって多くの女性作家の出現の一助になっているのではないか?

さて少し疲れましたので

次は浅草へ「浅草寺」は、新吉原からバスで数分です。

Pc200478 Pc200479

年末というのにすごい人出です。仲見世通りもこのとおりです。

(「五体不満足」の作家今は先生?乙武 洋匡氏に浅草寺前でお会いした)

もうすでにお正月バージョンです。どこもクリスマスイルミネーションですがここはお寺ですので仏教でしたね。coldsweats01

人形焼きを買い、折角来たので「参拝」してきた。

その後、先日教えていただいたぶんぶんさんのブログから「カレッタ汐留」へ出かけました。かなり足が痛くなりました。

TV,マスコミで超人気のイルミネーションを見に

Pc200480 Pc200482

4時から日テレ前の「ホワイトイルミ」は、ライトアップされていたのですが「カレッタ汐留」は、5時からだった。

でも私は風邪気味で体調最悪状態だったので30分寒い中待つことができずライトアップを観ずに帰宅した。

次の日見事な風邪が体中を駆け回っていた。

とにかく皆様、年末出かける時は体調気をつけて~。

« 球技会 | トップページ | 2008年ミステリーベスト10 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 体調が悪い中、あちこち移動して、大変でしたね。
掃除や何やかやで、お疲れになっていたのでしょう。 

 浅草は、すごい人出ですね。
乙武さんに会ったというのは、びっくりeye
最近は、どうされているのでしょう。

 風邪は、とにかく寝ているのが一番。
なかなか難しいでしょうが、早めに休んで下さい。
どうぞ、お大事に。

オバさん、こんばんは♪

「東京文学散歩 VOL.2」拝見させていただきました。
風邪を押しての東京散歩、浅草だけでも充分だったのかな?と思います。
余計なお世話で、汐留まで・・・
ゴメンなさい、気苦労をお掛けしまった様で恐縮しています。

安静をといっても、なかなか大変な事と思います。
どうぞ、ご自愛下さい、風邪には「休養」と「栄養」です、お大事に。

有難うございました、では、又♪

しいかさま

風邪だいぶ良くなりました。熱が出ないのでマスクをして仕事してました。

年には、勝てないですね。
乙武氏は、例の車に乗って4人グループでお寺の中に入っていきました。
今小学校で教員をされているのですか?
クリスマスのお話会忙しく過ごされたのでしょうか?

ぶんぶんさま

コメント遅くなって申し訳ありません。
PCの調子が悪く書き込みできない状態が続きました。

風邪はしっかり治りました。たぶん誰かうつっていると思います。
せっかくご紹介いただきまがら申し訳ありません。
ほんとは夕方出かける予定だったのが例のダンナが都内の散歩をアレンジしたため早く出かけたのですが逆に体調悪くして返ってきてしまいました。ぶんぶんさんのブログでイルミ楽しませていただきましたので。
暮れも押し迫ってまいりましたね。今日26日が年内最後ですか?
では少し早いですが良いお年を
そしてぶんぶんさんにとって来年がすばらしい年でありますように!notes

わあ、懐かしい。
わたし、卒業論文が樋口一葉だったので、
このあたりはとっても懐かしいんです。
一葉記念館で幸田さんの読み語りを聞いたりして。
また行きたくなりました。

あ、実は今実家のPCからなのですけれど
今日、越谷レイクタウンに行ってきました。
・・・・くたくたです。(+_+)

つぼみさま

越谷レイクタウンにお出かけでしたか?
広すぎてほんとに大変ですね。
当店は、越谷のお隣の街なので車で40分?でしょうか。

さて、卒論が「樋口一葉」ですか?すばらしいですね。もう一つの名所菊坂町へもお出かけですよね。お札になってから一段と人気になりましたね。
ご実家でゆっくりされて英気を養ってくださいませ。
どうぞ、よいお年を!notes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/43504213

この記事へのトラックバック一覧です: 東京文学散歩 VOL.2:

« 球技会 | トップページ | 2008年ミステリーベスト10 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30