無料ブログはココログ

« お年玉 | トップページ | 商店街の出来事 »

2009年1月11日 (日)

西新井大師へ

今日は鏡開きということでお供え餅を下げたり、松飾も処分した。

昨日は、ダンナが「厄年」ということで埼玉県のお隣都内足立区にある「西新井大師」へ厄除けに行ってきた。

P1100486

3連休ということでお大師様は、大賑わいでした。多分25年ぐらい前に私が厄年だったころかもしれないが西新井大師に行った記憶があります。

子どもたちが小さくてチョロチョロ歩き回るので迷子にならないか心配で大変な思いをした記憶がある。P1100484_2 P1100483               P1100488              

門前町に昔からある草団子やさんは、大賑わいです。

参拝客があとから後からやってきます。

今回真面目に護摩の申し込みをしてお祓いしていただいた。とにかく足の踏み場もないくらい本堂いっぱいで座ることができず30分立ちっぱなしの状態だった。

隣にいた若夫婦は、小さい男の子が厭きてしまいおしっこに行きたいといい出す。でも動けないまるで満員電車状態だった。赤ちゃんが泣き出すわ、家族はなだめるのに大変という本堂の中だった。

景気回復が望まれる今日この頃ですが今年も厳しさが増すとの景況だから少しでもよくなるように神頼み?でしょうか。いや大師様は、仏様でしたね。

ダンナは、昨年蛍光灯交換して脚立から落ちて「肋骨骨折」と秋になぜか38・9度という高熱にみまわれて入院騒動になった。

忙しくて昨年は、厄除けしていなかったせい?かと反省して今回出かけたのだが・・・。

まぁ!気のものですから。それに都合のよい神頼み・仏頼みという人間のごうということなんでしょうか?

お坊さんの説教でも言っていました。厄除けは、「人生でアクシデントの多い年齢なので気をつけなさい」という暗示だそうです。これまでの人生ですごい厄は、なかったことが幸せなことです。

参拝が終わり大師様をでるころには、清らかな心がすでに邪悪な心にヘンシンしているのでした。草団子への食欲が増し、つい並んで買いこんでいました。

ダイエットなんて言葉が吹っ飛んでいってしまいました。

(東武伊勢崎線 西新井駅より大師線終点目の前が西新井大師です)

関東では、「川崎大師」や「佐野厄除け大師」とともに参拝者が多いところです。

下町っぽくてとてもいいですよ!

初大師は、1月21日だそうです。

« お年玉 | トップページ | 商店街の出来事 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オバさん、こんばんは♪

「西新井大師」に行かれたのですね。
川越も混んでいましたが、こちらも負けず劣らずですね。
厄を祓ってご主人も今年は良い年になりそうですね。
「厄落とし」の草団子ですもの、ダイエットは別ですよね(笑)
別腹、別腹・・・

たまの休暇、のんびりされたご様子がレポートにも表われています。
又、どこかご紹介下さいね。
では、又♪

 人気のお寺などでは、「お祓い」も大混雑しますね。
本当は、近くの寺社で十分なのだけど、人が集まる所のが、ご利益があるような気がして・・・。

 でも、「お祓いしてもらった」という事で、安心できればそれでいいと思います。

 草団子、美味しいのでしょうね。
ご主人が、大好きなのではないですか。

ぶんぶんさま

ぶんぶんさんは、まだ厄年とご縁がないようでいいですね。
西新井大師は、東武伊勢崎線ですからちょっと行きにくいですね。
大師線がミニで一駅だけど面白いですね。
ぶんぶんさんのようにきちんと細かく取材できないので申し訳ありません。
相変わらず大雑把な性格ですので・・・。
今年は何事もなく過ぎることを願っております。

しいかさま

今年も宜しくお願いします。
HPにお邪魔しながらコメント書き込めず申し訳ありません。
ダンナは、おっしゃるとおりお屠蘇で赤くなるようなアルコール拒否症らしいので・・・。
今度私の地元へおいでいただいたら是非親戚で作っているお酒をお飲みいただきたいと思います。
「万両」という酒です。
日本酒いまいちなんですがスッキリしていてほどよい甘さらしく人気がありますよ!

西新井大師、なつかしいです。
20歳までは・・・○○区出身ですので。
でも・・・お参りに行ったことがない。(+_+)
よく行っていたのは、なぜか帝釈天でした。
こんなに混むのですね~。びっくりです。
厄除け、いちおうその年にはおはらいに行くようにしています。33(わたし)も42(夫)もすぎ・・・次はいつなのだろう??

おばさん、おはようございます♪
厄年、だいぶ昔に「佐野厄除け大師」に出掛けた事を思い出しました。
今年で58歳になりますが、まだ厄年はあるのでしょうか?
もう無いですよね?

電車の中から、携帯からのコメントでした

では、又♪

つぼみさま

厄年男性も女性も42歳・33歳の後は男女60歳?数えの61歳とか?だそうです。
方位よけとかもあるようですが気にしすぎると分らなくなりますね。

ほとんど気休めなのですがお客さまで60歳の還暦になって病気をされて入院されたか・・・・。やはり気になりますね。
帝釈天もとてもいいところですね。柴又の寅さんのイメージがいつまでも続いていますね。
また行きたくなりました。
伊豆にもすばらしい神社仏閣があるようですね。

ぶんぶんさま

お仕事お疲れさまです。
私のほうが1学年上かもしれませんね。
ぶんぶんさん、まだ厄年あるようですよ!
61歳(数えとか満年齢?)だそうです。
そろそろ体にガタがきているようです。
駅に階段がキツイので・・・。
太りすぎということもありますがcoldsweats01
しっかりしすぎ(?)といわれる本屋のオバさんですが。( ^ω^)おっおっおっ来年厄年かも???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/43706119

この記事へのトラックバック一覧です: 西新井大師へ:

« お年玉 | トップページ | 商店街の出来事 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28