無料ブログはココログ

« 学校は、いま? | トップページ | まちかど雛めぐり »

2009年2月25日 (水)

卒業式の思い出

茂木健一郎氏がある小冊子のコラムに文章を寄せていた。

確か「卒業式の思い出」だったと思う。氏の高校時代の恩師(数学の先生)がとても魅力的な人だった。彼のお陰で数学が大好きになったこと。

そして、卒業式を迎える季節となり式後、クラスの仲間たちは、興奮していたのか誰も恩師の話を聞こうとしなかったとか・・・。

そのとき恩師が言った言葉がいまも心に残っているとか・・・。

それは、「人生で今日の卒業式を終えたらもう二度とこんな場面やこの仲間とこのような形で出会うことはないのだ」「人生を振り返った時にこの日を思い出せるような生き方をして欲しい」とか・・・・。(多分そんな内容だったでしょうか?間違っていたらごめんなさい

私自身、本当にそう思えるようになったのは、かなり時間が経ってからのような気がする。

子どもを持つと彼らの卒業式で涙腺が緩んでいる母の顔になる。

私の卒業式の思い出は、中学校の卒業式だったような気がする。初恋の人にこれで逢えなくなってしまうという完全なる「少女コミック」の世界のような甘酸っぱいものだった。かなり年を重ねているので勝手に美化しすぎていますね。

高校の卒業式は、中途半端だった。まだ大学の試験が残っていた人もいたのか忘れたが卒業式を迎えられる余裕がなかったのだろう。クラス中がそんな雰囲気だった。

大学の卒業式は、前日まで出席しようか悩んでいた。それぞれグループで集まって騒いでいた気がする。証書を3月の終わりに取りに行ったことだけ覚えている。

学長の話なんか誰も聴いていないようだった。何を言っていたのだろうか?その後の飲み会だけが楽しい思い出になっている。ちょっと悲しすぎる?

一人ひとりの「人生のアルバム」に残っている思い出がその人を豊かにしてくれるのでしょうか。

さて、皆さんはステキな恩師に出会えましたでしょうか?恩師のたった一言が「人生」の心の支えにもなりますね。

卒業の季節を迎え感じたことでした。

« 学校は、いま? | トップページ | まちかど雛めぐり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 卒業式、毎年出席していますが、小学校の場合教師側の演出が多く、あまり感激的にはなりません。中には落涙する子もいますが…。
 教室に帰ってからのほうが感激するようです。式当日は、実はほとんどクラスで何かする時間は無いのです。前日に成績表を配ってしまったおいたり、話したいことは話してしまったりすることが多いようです。
 最近は、出席する保護者もビデオや、デジカメをとることに余念が無く、式の内容はどうでもいいようです。
 私は卒業生担任として望んだのは、1度きりです。

しのさま

3月に入るとめまぐるしいくらい忙しくなりますね。
一年があっという間に過ぎていきますね。
子どもたちとも時間がもっと欲しい時期ではありませんか?

卒業・進級など春の季節は、なんだかうきうきそしてちょっとさみしいですね。

3月のJRACの会には、残念ながらいけませんが4月にお目にかかりたいと思います。
では、体調気をつけて頑張ってくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/44173623

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式の思い出:

« 学校は、いま? | トップページ | まちかど雛めぐり »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31