無料ブログはココログ

« 読めそうで読めない漢字? | トップページ | 書店大プッシュ本!! »

2009年2月 8日 (日)

アラサー・アラフォー・アラ還(カン)?

関東地方は、青空が続いています。からっ風が自動ドアの隙間からピューピュー入ってきます。

昨日は、JRACさいたま支部の例会がありました。今回は、「芥川龍之介」の作品を読んでの討論会でした。

当店の棚にも「芥川作品」が数点並んでいますがかれこれ20数年前に読んだきりでした。

会長からのメールで5点ほど読むことになりましたが若いときに読んだ記憶があるのですがほとんど忘れています。この年齢になると過去のことは多少覚えているがついこの間読んだ本のタイトルさえ思い出せないのです。(だったらメモしとけばいいのですがメモ用紙が見つからない?いつの間にか自分は、何を探しているのかなんてね)

綾小路きみまろ氏いわく「中高年、朝快調  昼ボチボチ 夜ぐったり」

「なんだっけ?とりに来たのに、また戻す」お店にとりに行ったのに何を取りに行ったか忘れているなんてざらなのです。

今回参加者の皆さんは、とてもお若い?かたばかりのようです。アラフォーの方もいました。他は多分「アラカン」でしょう!もちろん私も?その中に入ります。

でも自分では「アラカン」という自覚がなく気持ちだけ50代前半だと思っている。

娘いわく思っているのは、自分だけらしい。40代後半だろうが50代だろうがほとんど見分けがつかないしみんなオバサンだから・・・。とのたまう。

しかし、「若いと思うなあなただって、いづれお母さんと同じ運命を辿るのだから・・・。」と言い返す。すると「年をとってもきれいでいるからお化粧もきちんとするシェイプUPするからいいの!」言うのは簡単!です。育児に追われて髪ふり乱し、自分の洋服は、後回しでしっかりオバサンにヘンシンしていくのである。

きみまろ氏いわく「若い時はきれいだったのです。そこで笑っていらっしゃる奥様、面影はないですけれど!!」

ところで「アラカン」という言葉は61歳で「紅白」に出場された「秋元順子」という歌手の方の活躍から登場したとか?定かでありませんが

60代前後の還暦世代の皆さんへのエ~ルでしょうか?

いずれにしても何かにチャレンジされるエネルギーがあることはステキですね。

そしてブログ仲間の皆さんに刺激をいただきながらボケないようにしたいと思います。

<オフ会より>

しいかさん、ありがとう!いろんな情報また教えてくださいね。ぶんぶんさん、明るく朗らかなお人柄お若いですね。同年代としてそして地元つながりということで今後ともよろしく!です。

しのさん、職人さんのような教職人生まっとうしてくださいね。それにしてもお酒強いですね。

今回ご紹介の本    綾小路きみまろ著   PHP文庫

『失敗は、顔だけで十分です』  『こんな女房に誰がした?』

『有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房』

« 読めそうで読めない漢字? | トップページ | 書店大プッシュ本!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オバさん、こんばんは♪

アラカンといえば、「鞍馬天狗」=嵐寛寿郎でしょう(笑)
冗談はさておき、ほんと物忘れが多くなってきました。
「あの映画に出てたあの人・・・」あの人が出てこない、オマケにあの映画も思い出せないこともしばしばです。
脳の活性化が衰えて来ているんですね、とほほ

オフ会、恐る恐るの参加でしたがブログで人となりを多少は感じていましたので、さほど違和感は有りませんでした。
皆さんが私をどう感じたかは疑問ですが・・・
お疲れのところ、有難うございました。
又機会がありましたらよろしくお願い致します。

では、又♪


 きみまろさんは、パパが好きで、DVDあるのでみていました。
なるほどの本音で苦笑してしまいます。

 「若いと思うあなただって・・・」には同感!
うちの娘も、40だろうが50だろうがオバサンはオバサン、という事で、どうせ、オバサンはねー、という感じでおばさんひとくくり、なのですが、それはあなたがその年齢になればわかる事です。

 でも、だれでも、いつでも、夢も希望もあるのです。
いくつになっても、チャレンジ精神を失わないで頑張ってほしいです。

 秋元順子さん、大好きで、いつも歌っています。

ぶんぶんさま

先日は有難うございました。しいかさんの計らいで飲み会ができてよかったです。
でも残念ながら余り飲めませんのでcoldsweats01
アラカンなんてちょっとキツイのですがここ最近ミステリーに凝り始めました。
目をショボショボさせて読んでいます。
荻原浩著『誘拐ラプソー』を読んでいます。
埼玉県内地元も出ていますので。よかったら。
もしかしたら読んでいらっしゃるかも?

しいかさま

相変わらずお仕事後は、図書館でおはなし会の絵本準備されているのでしょうか?
先日の『魔術』芥川の作品をすばらしい絵本でそして読み聞かせも最高でした。
読み手と絵本と聞き手との関係がぴったり来た時最高の時間になるのでしょうか?
そんな気がしました。
私もまず読む楽しさを味わってからと思っています。

 先日はオフ会にお誘いいただき、ありがとうございました。楽しい時間を過ごせました。
 これから学校は超いそがしい時期に入ります。学期末の通信票のほかに、指導要録という学校保管の書類も書かなくてはならないので、1,2学期の2倍以上の仕事量になります。
 指導要録は、希望があれば閲覧できますので、記述に気を使います。
 なるべく頻繁に来て見たいと思いますが、来ていなかったら、お許しください。

しのさま

そうですね。3学期の忙しさは、先生にとって一番ですね。「指導要録」懐かしいですね。
授業日数が少ない上に学年最後の締めくくりですからあれもこれもといろんな行事も重なり大変ですね。
またJRACでお会いできますように・・・。
当店も3月は教科書販売や配送で忙しく猫の手も借りたい?ぐらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/43995906

この記事へのトラックバック一覧です: アラサー・アラフォー・アラ還(カン)?:

« 読めそうで読めない漢字? | トップページ | 書店大プッシュ本!! »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31