無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

介護のはなし。

先日役所の高齢福祉課に行き「介護関係」の用紙をいただいてきた。

去年辺りから義母の物忘れが多くなり、転んだり日常生活がうまくできなくなってきたので。

今年86歳の義母は、とても物静かで本を読んだりテレビを観ていることが多い。昼間はほとんど一人で過ごすことが多い。お昼の時間や午後の休憩時間に戻って声をかけるようにしている。疲れるとベットで横になっていることが多くなった。

さて、今日来店されたKさんに「おばあちゃんは、お元気ですか?」と話をしたらディーサービスに行かれている様子を話された。Kさんのおばあちゃんは、一人ぐらしで(78歳)このところ物忘れが多くなったので介護サービスを利用するようになったらしい。

 Kさんの話だと親が前にきちんとできていたことができなくなるとつい「どうしてできないのだ」とか「何度も同じこというんだぁ!」とかついイライラしてしまうらしい。(Kさんは、私より少し若い息子さんですが)

実は私も「もぉ~!どうして洗濯物間違うの」とか「食器が汚れている」とかイライラしたことがある。義母には、面と向かって言うことはないが・・・。

以前は、当たり前にできていた義母のものさしで判断してしまうからだが。

実の親子だと特に親に対する気持ちのどこかに昔のしっかりした姿が焼く付いているせいかもしれない。

年を取ることは、老化への階段を登っていっている。

しかし、できるだけ否定して若くありたいと願っている。誰しも通る道と分っていても老化は、人それぞれに否応なしにやってくる。

少しでも遅らせることは、これまでの人生の過ごし方にも影響されるかも知れない。最もDNAも侮れないと思うが高齢社会がいろんな場面で問われることが多くなった。

 さて、義母が寝たきりにならないようにまた認知症が進むのが遅くするためにある程度家族は、何らかの手を打たないといけない。

義母は、とてもプライドのある人で教養もあるが人とコミュニケーションをとることが苦手だ。そんな義母をどう説得して介護サービスを受けてもらうか?

 「お母さん、寝たきりになるとつまらないでしょ!」

 「だから脳が年を取るのを遅らせるように少し外に出て気分転換しましょう!」

 義母は「77歳?だからあと10年ぐらい生きたいからねぇ~」という。

しかし、「86歳だよ」と訂正しないことにしている。だって未来時間を否定したら義母を悲しませるから。

そんなこんなの説得に介護認定がでたら「お年寄りの幼稚園?」へ行くことになった。

「行ってみてよかったら続けようか?無理しなくていいからね」と言う。

これからが義母と私たち家族の戦いになるかもしれない。

できればおだやかに人生の終末を看取れる温かい関係でありたい。お互い持ちつ持たれつの関係だから。現実を知っている私も年を取ってきていることに気づくべきだが。

(30代に義母と一緒に祖母の介護をした経験が生きるように)願っている。

 そして、義母が子どもたちの世話をしてくれたお陰でいままで仕事ができたのだから・・・・・・。

2009年6月21日 (日)

日々努力!なんてね。

旅行雑誌を眺めつつ行きたいところがどんどん増えていきます。

「早割」「夏旅」など各社にぎやかに夏休み向けCMが流れています。。。。

しかし、今年も旅予定のない「本屋のオバさん」は、日々スケジュールをこなしています。

(※9月に京都へ研修に行くかもしれないが?)

このところ駐車場になる畑の草刈に出かけます。次の日、体がガタガタになっています。

農家の方がかぶる帽子(ゴルフ場のキャディーさんがかぶるようなもの)にタオルを首に巻き手甲をして長袖のシャツ等完全武装をしていきます。もちろん水分補給を忘れずに。

5月は孫の世話に追われ、6月は駐車場関係の仕事にほぼ時間を取られブログの更新ができませんでした。業者との打ち合わせに関係者への挨拶周りなど本屋の仕事は、後回しになっていました。倉庫周りの片付けに草取りなど環境整備というところでしょうか?

私の本業は、不動産関係の仕事が多いので「本屋のオバさん」とは仮の姿?としておきますが。名刺を2枚持ち使い分けています。

世界的景気低迷がささやかれて早1年?でしょうか。書店業の厳しさがひしひしと伝わってきます。でも諦めません。そこに読者がいる限り・・・・。なんて思いつつ現実の厳しさに疲弊しております。

息子への事業継承が近づいているので重荷を背負わせているのか悩みながら結論のでないこの頃です。ダンナは、コツコツ焦らず自分のペースで進めていきます。車の両輪なのでどちらが欠けても前に進みません。

先日、道路工事をしている場所で交通整理するオジサンやおばさんたちに出会いました。彼らは決して若くない年齢のようです。一日中立って車を動かしています。現実は深いものがあります。

慌ただしい日々に自分なりに人生を見つめなおし刺激を与えていきたいと思います。

来年春に出来上がる新しい物件を楽しみに仕事に励んでいます。

2009年6月14日 (日)

成長?

孫の成長につい顔がゆるんでいる。もうすぐ2ヶ月になる孫の顔がどちらに似ているか?って両家が観察している。

どうもダンナに似ているらしい。????おでこのあたりのカーブが良く似ている。ダンナは、おじいちゃんにあたるがどうも娘の赤ちゃんの時に似ている。

こればかりは、どちらに似ようと娘夫婦の子に間違いないのだから・・・。

先日のお宮参りの時にやはり婿さんのご両親が「お父さんによく似ていますね。」という。

DNAは、確かに争えないようだ。だが子どもに顔は時間とともに少しづつ変っていくから確定的なことは言えない。反対にほとんど婿さん系に似ているとまた違った印象になるかもしれない。

 今日は半月ぶりに孫が我が家に来た。もちろんクルマに乗せてきたのだが・・・・。

新生児の時とかなりの変化が見られた。反応がよくなったこと。母親をしっかり見つめている。あやすとご機嫌がいい。母乳の飲みかたが力強くなった。

わが子のときは、夢中であまりよく覚えていないが成長の様子がみえて面白い。

みんな責任がないぶん楽だという。

ふにゃ~と笑った顔に癒される。

明日も頑張れそうな気がする。

2009年6月 7日 (日)

さいたま文学館へ

梅雨の季節がそろそろやってきそうな気候が続いていますね。

庭の草と格闘しなければなりませんが昨日は「さいたま文学館」へ行ってきました。

P6060624 絵本‘‘彩”発見という企画でこどものともの作者で埼玉県のかたの作品が展示されています。

6月7日までだったのでようやく行く機会ができました。

また当日のイベントとして

P6060627 P6060626

《聞かせ屋・けいたろう》 よみきかせライブがあったのでそれがメインでした。

けいたろうさんは、JPIC読書アドバイザーの講習で同じグループでした。

若いのにいろんなことに挑戦されてこのところマスコミにも多く登場していますのでご存知のかたもいることでしょう!

大人の方が多かったのですが小さいお子さんたちも10名ぐらい集まり総勢50名ぐらいのライブでした。

ギターや得意の「ウクレレ」などの楽器を用いて絵本の読み聞かせをしていきます。

詳しくは「けいたろう」さんのブログへ行ってみてください。

当日の様子~

      P6060628         P6060630              P6060631                 

先週5月末にアメリカから戻ってきたようですが元気にご活躍でした。

ギターの効果音が入るのでシ~ンとした読み聞かせ会と違いかなりアップテンポになったり、ライブ感覚で本の世界を覗けるかもしれません。

イメージがちと違うので戸惑うかもしれません。若いお母さんたちが多くなってきているので感覚的には合うのかもしれませんが・・・・・。

20代のけいたろうさんは、どんどん進化していきそうです。保育士を止めて読み聞かせ一本で生活するは大変でしょうがチャレンジ精神を忘れずに頑張ってください!

わが子より若い「けいたろうさん」にエ~ルを贈りたいと思います。

 余談ですが会場で隣のお家のTさんとお会いしました。数年前から「おはなし会」のボランテァ活動をされていたそうです。

お隣さんなのに全然知りませんでした。帰りは、私の車で活動状況など話ながら帰りました。お仕事を止めてから地域のボランテァ活動をしています。

バランス感覚のすぐれた地域のリーダーさんです。私は仕事の関係で余り外に出ていけませんがこれからも一緒に活動していけたらと思います。

たまには、外に出ていろんなことにチャレンジしていきたいと思います。

さて今週は、6月号の「おはなし会」があります。どんな本を読もうかな?

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28