無料ブログはココログ

« 『1Q84(上・下)』 ~村上春樹 | トップページ | 成長? »

2009年6月 7日 (日)

さいたま文学館へ

梅雨の季節がそろそろやってきそうな気候が続いていますね。

庭の草と格闘しなければなりませんが昨日は「さいたま文学館」へ行ってきました。

P6060624 絵本‘‘彩”発見という企画でこどものともの作者で埼玉県のかたの作品が展示されています。

6月7日までだったのでようやく行く機会ができました。

また当日のイベントとして

P6060627 P6060626

《聞かせ屋・けいたろう》 よみきかせライブがあったのでそれがメインでした。

けいたろうさんは、JPIC読書アドバイザーの講習で同じグループでした。

若いのにいろんなことに挑戦されてこのところマスコミにも多く登場していますのでご存知のかたもいることでしょう!

大人の方が多かったのですが小さいお子さんたちも10名ぐらい集まり総勢50名ぐらいのライブでした。

ギターや得意の「ウクレレ」などの楽器を用いて絵本の読み聞かせをしていきます。

詳しくは「けいたろう」さんのブログへ行ってみてください。

当日の様子~

      P6060628         P6060630              P6060631                 

先週5月末にアメリカから戻ってきたようですが元気にご活躍でした。

ギターの効果音が入るのでシ~ンとした読み聞かせ会と違いかなりアップテンポになったり、ライブ感覚で本の世界を覗けるかもしれません。

イメージがちと違うので戸惑うかもしれません。若いお母さんたちが多くなってきているので感覚的には合うのかもしれませんが・・・・・。

20代のけいたろうさんは、どんどん進化していきそうです。保育士を止めて読み聞かせ一本で生活するは大変でしょうがチャレンジ精神を忘れずに頑張ってください!

わが子より若い「けいたろうさん」にエ~ルを贈りたいと思います。

 余談ですが会場で隣のお家のTさんとお会いしました。数年前から「おはなし会」のボランテァ活動をされていたそうです。

お隣さんなのに全然知りませんでした。帰りは、私の車で活動状況など話ながら帰りました。お仕事を止めてから地域のボランテァ活動をしています。

バランス感覚のすぐれた地域のリーダーさんです。私は仕事の関係で余り外に出ていけませんがこれからも一緒に活動していけたらと思います。

たまには、外に出ていろんなことにチャレンジしていきたいと思います。

さて今週は、6月号の「おはなし会」があります。どんな本を読もうかな?

« 『1Q84(上・下)』 ~村上春樹 | トップページ | 成長? »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/nursery-teacher/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/nursery-teacher/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
FaBEBXKa

 さいたま文学館へ行かれたのですね!

 私は、「文学散歩」runと重なってしまって行かれませんでしたが、ここで様子を知ることができて、嬉しいです。

 けいたろうさんとは、お話ができましたか?

 アメリカから帰って、また一回り成長されたのではないでしょうか。

 若いから、チャレンジ精神とパワーupwardrightがあって羨ましいです。 

 桶川で、お隣さんと会うというのは、ほんとに偶然sign03

 近くに同志発見!ですね。

 6月のおはなし会book、こども達が楽しみにしているはず、頑張って下さい。

sirubeさま

ご来店ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い申し上げます。
リンク今止めておるようなので解除してこちらから貼らせていただきます。

保育士さんへの情報がいっぱい載っていましたね。

しいかさま


お忙しい中有難うございます。
早稲田界隈は、いかがでしたか?
さいたま文学館は、以前行っているので今回は、
「けいたろう」さんのライブを見に行きました。
やはり多少違和感がありますねぇ!
それぞれのやり方があるので刺激になります。
文学散歩も時折楽しいですよね。
またいろんな情報教えてください。
今週は、あかちゃん本舗に○○書店さんへのおはなし会ですね。頑張ってください。

「けいたろうさん」、初めて知りました。
いろんな人がいるんですねえ。
こういう、枠を破ろうとする若い人って
面白そうですね。
うちのほうの図書館でも「おはなし会」サークルがあります。
年配の女性が多く、よく訓練されていて上手です。
ときどきふっと思うのですが、大人向けの朗読を
してくれないかな、と。
時代小説なんか聴いてみたいですねえ。

ひろみママさま

さいたま文学館は、かなりお客さんが来ていました。ひろみママさんは、関東近県の博物館や美術館などほとんど制覇しているのですか?

おはなし会で大人(高齢者向け)を対象としたものもありますよ。
JPICのメンバーでも少ないですが介護施設に出向いている人もいるようです。
歴史ものも面白いかもしれませんね。
時間や会場など難しい面もあるかもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141903/45263428

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま文学館へ:

« 『1Q84(上・下)』 ~村上春樹 | トップページ | 成長? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31