無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

どうして?

自営業で主婦でホームヘルパー?の私の朝は、洗面後からスタートする。

まず洗濯機をまわす。その間にゴミだし。そして犬の散歩へと天気にかかわらず同じようなリズムで動いている。帰ってきてから朝食そして新聞チェックとなる。

時間の都合で新聞は昼休みになることもある。

 さて、先日アキの散歩に公園まで行く。往復1時間ノコノコといやヘトヘトになりながら行った。朝の時間でも汗びっしょりになる。

途中まで戻ってくるとどうもさっき住宅街であったワゴン車がやってきたようだ。

私の目の前でその車が止まった。運転席の女の人(多分30代)がドアをあけてすごいスピードで新聞紙を車の中に放り込む。

その間、約20秒?か。さぁ~と走り去っていった。

あ~!確かに彼らは、持っていったのだった。今日は資源ゴミの日だったのだ。

それも新聞紙だけを持っていくグループらしい。数ヶ月前にもお店の脇にあるゴミ集積所に軽トラックに乗った60代ぐらいの夫婦組み?が新聞紙の塊を丸ごと持って行くところを見つけた。

隣の奥さんも一緒にいたが「あぁぁああぁあ????」どろぼう~と言いたいところだったが余りにも早業に何も言えず走り去られてしまった。

車のナンバープレートをみたら他市のようだった。確かに地元じゃできないはず。

自宅に戻ってきてダンナに古紙泥棒の話をしたら現場の写真や車のナンバーが入っているものなど証拠がないと難しいらしい。つかまらないことのほうが多いのかもしれない。

 その後、犬の散歩途中別の道でも彼らの車に遭遇した。どうも人どうりの少ない住宅街を廻っていたようだ。7時半ぐらいが一番彼らの仕事時間?のようだ。

それにしてもただで稼ごうとするしたたかさに恐れ入った。

 ゴミとはいえ「勝手に持っていかないでください」という表示があるのですが・・・・。

いくら何でも景気が悪いせいかもしれないが見苦しい光景に遭遇してしまった。

 我が家は、仕事柄ダンボールや新聞紙・パンフ・宣伝物・古紙など学校の資源物回収に出している。少しでも子どもたちの母校に還元できるようにしている。

 ところで毎回、回収された資源ごみは、どのような仕組みで還元されているのだろう

か?ゴミ回収者の人件費の一部になっているのだろうか?情報公開があるのかもしれないがよく分らない。

 

2009年7月21日 (火)

高校野球大会

 朝、新聞を広げると最初に開くページがここ数日、スポーツ面になった。

特にサッカー・野球にもひいきのチームがない・・・・・。

実は、いつもの散歩コースに高校があり、毎日グランドで練習をしている。練習試合だとネット裏で散歩途中のおじさん連中が顔をつけて応援している。

取り立てて強い学校でない。埼玉県は、ベスト8までいくのに6回戦ぐらいまで戦わなくてはいけないのか?とにかく学校数が多いので大変だ。

 地元の高校は、商業高校なのでとにかく女子が多く、したがって男子の数はおのずとしれている。それに野球がやりたくて入ってくる学校とは、かなりの差がある。

だからどう数えても20名(1年~3年)いるかどうか分らない。女子マネージャーが2名いるようだ。サッカー部のほうは、たぶん全員で11名ぐらいしかいない。試合にでられるかどうかという具合のようだ。

さて、そんな高校でもみっちり練習している姿に心打たれる私である。生徒の体格は、それほど恵まれているとは言えず、こじんまりという言葉が似合いそうな学校だ。

でも毎日コツコツと練習している生徒を見てると彼らの夢はやはり「甲子園」なのだろう。

はるか遠くの夢であっても「一戦一戦勝つしか道はないのだから・・・・・。」なんてねぇ。

近所のオジサン・オバサンたちは、それなりに応援しているのだ。

 そして新聞の「昨日の結果」欄を見ると勝っているのだった。

それも3回戦までいっているのだった。すごい!また勝っている。

でも明日の対戦相手をみたら甲子園出場経験のある学校だ。少し気落ちする。

次の日、新聞をそっと広げる。7回コールド9対2残念!

そんなに夢のようなドラマは、ないのだ。練習量だって違うだろうし、夜間照明やスポーツジム並みの器具もないだろうし・・・・・。まぁ~しかたないのかもしれない。

もう一校、息子の母校は、順当に勝っている。当然だろうが毎回ベスト8か4まで残っている。シード校になることが多い。甲子園の春大会にも出ているのだから。

でもまだ紙面応援は、続いている。野球のルールもたいしてわからないオバさんでも青春時代へタイムスリップさせてくれる生徒たちに感謝しながら・・・・。

 数年前にキャンペーンで『おおきく振りかぶって』講談社コミック  ひぐちアサ著が人気になった。埼玉の高校がモデルになっている野球漫画だ。(現在12巻まで出ている)

そして『バッテリー』あさのあつこ著 角川文庫 数巻でているので読みがいがあるかもしれない。(夏休みの課題図書にいいかもしれない)

暑い夏にアツイドラマが生まれそうだ。夏の甲子園が始まると夏休みが本格化して優勝が決まる頃、夏休みの宿題に取りかかったような気がする。

このところサッカー人気に押されているが野球は、寝転びながらTV応援というリラックス姿が定番のようだ。

夏祭りのポスターには、土日どこかでお祭りや花火大会がある。若者には、ハンター並みのにぎやかな季節がやってくる。

中高年は、自宅でビール片手に隣と隣の隙間から花火見物といきたいのだがマンションが建ち、自転車でノコノコと公園近くまでこいでようやく花火の姿がお目見えするようなこの頃だ。

 そんな夏もあっという間に過ぎていきそうだ。では暑い夏を乗り切って楽しい夏休み(ないですか?)をお過ごしください。

2009年7月12日 (日)

♪がんばらな~い♪

朝から調子が悪い。決して夫婦喧嘩したわけでもない。

ダンナがアキの散歩に行ってくれた。このところ「歯肉炎」になり右顔面が腫れ保冷剤をタオルでくるんで冷やしている。

 食事の度に「高血圧の薬」「痛み止め」「化膿止め」など飲まなくてはいけない。薬嫌いな私にとってかなり過酷な出来事になりつつある。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 今朝から「がんばらな~い」♪という頭痛薬のCMの音楽が私の頭の中で繰り返されている。別に頭痛はないのだが・・・????

『がんばらない』という本を思い出した。鎌田 實氏の著作で集英社から出ている。長野県の諏訪中央病院で地域医療にかかわり、活躍された方です。ロングセラーの癒し系本ですね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 日曜日は、家族で朝食を一緒にとるようにしている。新聞に載っていた「サマージャンボ宝くじ」の広告を見つけ、「10枚で3000円かぁ~」と独り言を言いつつ「当たる訳ないかぁ~」とため息をついていた。

義母に「宝くじ買いますか」と聞くと「私はお金欲しくないよ。使い道ないからねぇ~」と言う。

「じゃ、何か欲しいものはないの?」と聞く。「何もないよ。そうだねえ~80歳ぐらいまで生きられたらいいかな」????

もう86歳ということを理解していません。義母は、77歳から年を取らないようです。新しい記憶は、すべて消えていくようだ。

ただねぇ~赤ちゃんの小さい手や足を見ると可愛いね。みんなあんな小さかったんだねぇ~」と言う。ひ孫の笑い顔やバタバタさせる姿が義母を和ませているようだ。

娘の赤ちゃんもそれなりに「癒し」てくれているのだった。

 上記にあげた著者の作品で『あきらめない』『なげださない』『いいかげんがいい』以上集英社刊がでているのよかったら手にとってみてください。

最新刊で『へこたれない』が5月に出ています。PHP研究所(1470円税込)

大丈夫。きっとあかるい明日が来る。と腰巻きに書いてあります。

 私もへこたれず頑張らないで肩の力を抜いていつものように仕事をしますか?

もう九州のほうは梅雨あけしたのでしょうか?暑い夏がやってきますね。

   どうぞお体大切に!

2009年7月 8日 (水)

脳の話

少し前に「川島隆太氏」が脳を元気にする本を出し、大ヒットしましたね。パズルや漢字などいろんな方法で脳を活性化させるのだそうですが・・・。

最近はそれほど売り上げが伸びていません。その後マスコミに登場されているのが「茂木健一郎氏」ですね。こちらは、生活術・勉強法・仕事術等マニアル的な本が多いですね。

 TVでも「MR.BRAIN」キムタクが脳科学者・でしょうか?この時間TVを観てないので分りませんが。ブームがきているのでしょうか?

脳のパーツで「海馬」とか「前頭葉」とか「視床下部」とかその部分でもいろんな役目があることが分り、かなり心というくくりでなく感情もどこの部分が作用しているとか???

とにかく脳の断面図みたいなものをよくみます。自分で脳の中身が見えないのでよく分らないですね。

年齢とともに老化して物忘れが多くなることや運動機能が衰えることなど司令塔としての役割でしょうか。このところ機能が衰えていることを実感しています。

さて、先日脳の活性化とは関係ないのですが40代の女性が顔のしわ・たるみを再生医療により若さを取り戻すという施術場面を観た。

耳の裏にある比較的新品な自分の皮膚を取り、それを数週間かけて新鮮な細胞に再生してそれらを顔のしわの部分に注射器で注入するということです。

30万以上かかるらしいです。どのくらい効果があり・持つのか忘れましたが・・・・。

確かに若返って見えました。科学が発達していろんな場面に活用されることが多くなるのしょうが将来「不老長寿」の世界が実現するのでしょうか?

100年後???分りませんがありうるのでしょうか。

100歳以上の老人が元気に活躍していたらそれはそれでコワイ気がします。

 私はある程度でいいのではないかと思っています。生物学的にどこかでひずみが出てくるかもしれないので・・・・。

世界の人口問題や環境問題「地球温暖化」も含め脳をもっと違う方向に使っていけるといいですね。

 「認知症」も治療方法が見つかるかもしれませんね。そしたらちょっとウレシイです。

では、だいぶ脳を使いましたので休ませますので・・・。私・老化現象、確実に目にきております。

2009年7月 2日 (木)

7月のたより

この季節、梅雨が続きカラッと晴れる日が待ち遠しい気がします。

雨がないと植物には、困るのであと少しの梅雨明けまで我慢といきましょうか?

さて6月後半からのほぼ休みのない生活が続いています。

地元中学校の「職場体験学習」が3日間ありました。中学2年生(4名)なのでとても動きがいいですね。子どもたちの話の中に「お母さんがパートで働いている」「高校に入ったらバイトってできますか?」とか話していました。

昨年度は、年間3校引き受けてしまいかなり疲れたので今年は、2校までとしました。

子どもたちと一緒について作業しないといけないので最低2名スタッフが付かなければなりません。その分、仕事ができません。でも取引先でもあるので仕方ありません。

 次に7月になると学校さんへの集金が始まります。集金袋には小銭がいっぱいです。

それらを片付けるのに時間がかかります。先生方も集金作業が大変なのでないかと思います。7月20日ごろまで続きます。

1学期が終る20日ぐらいまでのバタバタと外商へ出て行くのでお店は、交代で入ります。

私は6月25日以降必死で残業して請求書作りをしました。ただPCは、賢いですが扱う人間がきちんと作業しないと請求書が間違えたりします。

最終的には人間がチェックして持参します。一日中PCの前に座りっぱなしになっていました。役所への請求書も片付けてファイリングして出来上がり!

毎年同じことの繰り返しですが早くお嫁さん来て!

ただいま息子の嫁さん 募集中!

 健康であれば条件なしです。(息子にも都合ってのがあるらしいのでこればかりはうまくいきません)

昨日、1日は、朝からこちらの風習だと思うのですが

   「初山」に行ってきました。

今年1年間に生まれた子どもが始めて「富士山」におまいりするという行事です。

子どもの額に「判」 ~浅間神社~を押していただいて無病息災・健康に育つようにお願いするという行事です。

  娘と孫のシズキを乗せて浅間神社へお参りに行ってきました。住宅街の一角にある小高い山になっている上に祭られています。

地元の小学生や1歳前の赤ちゃんを連れた家族がいっぱいで道路まであふれていました。クラッシックなうちわとお菓子をいただいて帰ってきました。

まだ首がすわっていないのでスリングで抱いていきました。外に出かけるときはベビーカーに乗せて出かけるらしいのですが慣れないため緊張の連続です。

そして来週は、おはなし会のプログラム作りや夏休み向けの店内POP作成や平台交換などしてお店もようやく夏向け店内にヘンシンです。

暑い夏もキツイですがこんな湿度が多い湿っぽい季節も辛いですね。

 体調管理して頑張りましょう!

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30