無料ブログはココログ

« 夏の終わりに | トップページ | シルバーウィーク? »

2009年9月 5日 (土)

赤い万年筆

先日の○○新聞に一面広告が出ていた。それは、パイロットというメーカーで女学生と万年筆と手書きの繰り返しの言葉が書いてあった。

多分「万年筆」という言葉自体「死語」になっていないだろうか?

若い方は、ほとんどPCで打ち込むことのほうが多いだろう。第一手書きで書くという機会が少なくなってきた。

 当店にくる若いお客さんは、携帯を見せて「この本ありますか?」と聞く。

そこには、書名に本の表紙が載っている。確かに分りやすい。

さて「万年筆」ですが事務所の机の引き出しからこの春に見つけた。

シャープペンや鉛筆やボールペンなどと一緒に使わなくなった筆記具が輪ゴムで留めて引き出しの奥に入っていた。

 万年筆を取り出すとシルバーのキャップで赤いだ?いやワインレッド?どうもあずきが一番似合いそうだ。キャップを取るとそこには、私の名前が書いてある。

ただし、○○という旧姓だが・・・・。いまから30年以上も前の話だが、3月の卒業時に保護者から職員全員に記念品としていただいたものらしい。

当時としては、万年筆なんて上品な贈り物だったのかもしれない。私が嫁いで来る時に多分一緒に持ってきたのだろう。

 どうもこの万年筆を使った記憶がない。記念品ということでしまいこんでいたのかもしれない。最も当時からしてほとんどボールペンやシャープペンで書くことが多かった。

その後水性ボールペンが万年筆並みに書けるので必要がなくなったのかもしれない。

いずれにしても私の万年筆は、今も眠ったままだ。第一「スペアインク」がないので書けない。

思い出の万年筆で書くこともなくなってしまったが捨てられない。

 広告の最後に

    言えないことの方が

      多いから人は書くのだと思う  (パイロット広告より)

アナログ時代が懐かしく思う反面、新しい発見や商品が生まれるのだからしかたない。

 「万年筆」は、30年以上前の私にタイム・スリップされてくれた。

 一つこの万年筆で書いたことを思い出した。

  ○○さんへ    借りていた本の間に挟んだ手紙だった。

     たった一行「さよなら」。

                    

« 夏の終わりに | トップページ | シルバーウィーク? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 1本の万年筆から、いろいろな事が思い出されますね。

 私は、中学生になったお祝いに、時計と万年筆を買ってもらいました。

 両方とも、大人になった気分がして、嬉しかったです。

 万年筆は、学校では使わないので、日記を書くのにつかっていました。

 確かに、現在は万年筆を使うことは皆無といっていいかも。
作家も、万年筆で書いていたのは昔の話で、今はPCですから。

 でも、「手で書く」という作業は、大事です。

 万年筆のスペアインクは、デパートとか、大きな文具店に行けば、合うものがあるはずですから、是非、インクを購入して、思い出の万年筆をいかして下さい。

 「さよなら」の1行、気になりますね。
すごいドラマがありそうです。
今度会った時、追及しちゃおうかな。

しいかさま

今週もおはなし会でしょうか?秋の季節に合う絵本探さなくていけませんね。

さて、都会生まれのしいかさんらしい合格祝プレゼントですね。
いつまでも大切にされのでしょうね。
今度はお嬢さんが大学入学祝に何をプレゼントされるのでしょうか?多分高額になりそうですね。coldsweats01
12日(土)に(浦和)へ行きます。例の講談社さんの件です。
浦和に行った時にスペア・インク買ってきますね。しいかさん、有難う!!note

こんにちは♪

「万年筆」・・・
懐かしい響きですね。
ほんと、持っている人が少なくなってしまいましたね。
そういえばと、探してみました。


ありました!
棚のペン皿に当時のまま残ってました。
最後に使ったのはいつだったかも忘れてしまいましたが・・・

これは、確か高校に入学した記念に親から買ってもらったものです。
PILOT製でオールスチール・シルバーの本体とペン軸が一体になっている、当時でも斬新なデザインでした。
キャップが長く、閉めると短く書く時は標準サイズになるという優れ物です。

オバさんと同様に、インクはありません。
「しいかさん」の言うように、「銀座・伊東屋」でインクカートリッジを探してみようかな。

「万年筆」で、私も当時にタイムスリップ♪
あれこれ、思い出しました。
有り難うございました。

では、又♪

ぶんぶんさま

ぶんぶんさんもやはり万年筆お持ちですか?
よかった!
そうですね。若い頃銀座「伊東屋」で文具買った記憶ありますよ。
おしゃれなイメージありましたね。
ぶんぶんさんは、色彩感覚のすばらしい方ですから若いころから絵画や歴史などいろんなことに興味をもたれたのでありませんか?

 万年筆捨てずに取っておいてよかったです。
ぶんぶんさん、ご自宅に保存されている宝物をまた是非ご紹介ください。
私はO型性格?か割となんでも処分してしまうタイプですから・・。coldsweats01

 再度の書き込み、失礼致します。m(_ _)m 

 9月12日、私も浦和に参加します。

 本当は、赤ちゃん本舗のおはなし会で、行かれなかったのですが、「インフルエンザ」の影響で、急に中止になったのです。

 会場でお会いできますね!

 申込みは、ずっと前にしてあって、資料だけ送ってもらう事になっていたのですが、思いがけず、参加可能となりました。happy01

 娘が入学できたらお祝い?!
とんでもないです。

 我が家の家計dollarでは、入学させるだけで精いっぱい。

 万が一入学できても、祝いは言葉だけです。sweat01

懐かしい響きですね。
私も中学生になった時、腕時計(母のおさがり)と万年筆をもらいました。
急に大人になったみたいでうれしかったです。
授業でも、ノートに万年筆で書いている級友は多かったです。

先日「ペリカーノ」という万年筆を買いました。
カジュアル万年筆の一種です。いま、若いOLなどの間でもはやっているとか・・・。
オバさんのように引き出しにしまい切りにしないよう、頑張って使います。

しいかさま

わぁ~!浦和でご一緒できますね。
私は始めての参加ですのでしいかさんにいろいろと教えていただきたいです。

土曜日お会いできること楽しみにしています。
その前に絵本の下調べしておかなくては・・・・。

ひろみママさま

遅くなって申し訳ありません。途中でコメント書き込めなくなってしまいました。

いつも有難うございます。
普段からスケッチされているのですか?
とても絵がお上手ですね。ひろみママさんのお人柄がでていますね。
新しい筆記具は、違う絵がかけそうですか?
それとも手帳用にお使いですか?

 またブログお邪魔されていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の終わりに | トップページ | シルバーウィーク? »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28