無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

読書週間

10月27日~11月9日まで「秋の読書週間」として書籍・雑誌等500円以上お買い上げで「書店くじ」を進呈しています。

ハイ!当店も27日から配布しています。

さて 「秋の読書週間」ですが「紺屋の白袴」になりつつあります。

読みたい本は、いっぱいあるのですがテーブルの上に重なっていてほとんどツンドク(積読)状態です。仕事柄いろんな本に出会いますがなかなか読めないのが実情です。

言い訳になりますが老眼も進んできており遠近両用のメガネで読んでいると疲れるのでメガネを外して読みます。

しかし、我が家の同居人のダンナは猛烈な?読書家です。一ヶ月に最低15冊前後多いと20冊ぐらい読んでいます。ただし書名は知りません。多分歴史小説かサスペンスだと思います。

では、私の「積読」本をご紹介いまします。(月一回行っている読書会の皆さんからご紹介していただいた本もあります)

Pa110569 『アンのゆりかご』村岡 恵理著

村岡花子の生涯 マガジンハウス

この本は、図書館で借りたのですぐ

読みました。

少し前に大森の馬込文士村に行った時に

村岡花子記念館を知り、彼女の半生を孫の恵理さんが執筆しています。

読書会のメンバーがおすすめ本として紹介してくれました。村岡花子や宇野千代、吉屋信子、市川房枝など当時の第一線で活躍した女流作家たちとの交流や戦前・戦後の激動の時代をたくましく生き抜いた村岡花子がいます。「赤毛のアン」の翻訳家として後世に伝えられています。

シネカノンで映画上映されているようです。

そしてもう一冊は、『静子の日常』 井上荒野著  中央公論新社

2~3時間ぐらいで読み終わりました。夫を亡くした宇陀川静子75歳が主人公。彼女の息子夫婦・孫娘との同居、日々の生活から静子の行動力を見習いシングルになったらこんなふうになりたいと思う一冊でした。日常と言うぐらいですからかなりふんわりした作品です。

Pa110570

重松 清著『あの歌がきこえる』

伊坂幸太郎著『終末のフール』

道尾 秀介著『骸の爪』

道尾作品は、途中まで読んでいます。

他は、読み終わりました。若い作家にも挑戦しています。

Pa110571 「ガイアの夜明け」テレ東の番組からできた作品です。

経済関連ですので興味が分かれます。

もう一冊は、「~社長のノート」

赤字会社を黒字にした著者の成功マニュアル本?でしょうか。

経済情勢の厳しい中で努力されている著者の言わんとしていることは理解できるのですが・・・・・・。

本を読んだだけで成功するものでないことが分ります。行動あるのみでしょうか?

 最近始めたこととして「1時間早く起きて行動すること」子どもが小さいときは。学校に送り出すためあるいはお弁当を作るために早起きをしましたが最近テキトウになってしまったので再度早起きを自分に課しました。

1時間をうまく使う方法、読書でも良いし、家事を早く終らせて趣味の時間を作るとか・・・・。

さわやかな季節になったので充実した時間にしたいなぁと思います。

でも幾日つづくか?心配です。というより年を取ってきたので早く目が覚めてしまうというのが実情かもしれませんが???

2009年10月22日 (木)

衣替えの季節

湿度の少ない秋晴れの一日、思い切って押入れから「冬物」の衣装ケースを下ろし、タンスの中の夏物と交換する。

長袖シャツを数枚出してしのいでいたがそろそろ交換しないとまずい。

昨日はお休みだったので一日中、片付けしまくっていた。何しろ余り掃除しない場所なのでほこりやゴミがあふれていた。この際覚悟を決めて掃除する。

お陰でお店に出ているより疲れた。

片付けるというのは、右のものを左に移すだけで、きれいになったような気がするがよくよく考えると少しも片付いていないことが多い。

そう!どうしても捨てなくちゃ!『「捨てる!」技術』宝島新書  辰巳 渚著 数年前にヒットした本だ。

捨てるといってもある程度年を取ってくるとつい思い出の時間に浸ってしまう。

特にひいてあった新聞紙を読んでしまったり、アルバムを開いてまったりしてしまったり。

しかし、この際覚悟を決めて使っていない衣類を捨てることにした。押入れは、普段閉めてあるので中が見えないのをいいことにどんどん押し込んでしまい、見ないことにしよう!なんてことが多い。

今日こそ思い切り全部出して捨てるものは、ビニールの袋に入れること。

次に掃除に使えるバスタオルの古いものやタオルケットは、小さく切って掃除に使うことにする。色あせた布団カバーなんてものも残っている。

かなりの年月が経っている。私は捨てるのが苦手だったのだ。

その他、物置には、「手提げの紙袋」があふれている。もったいないと思ってたたんで集めてあったのかもしれない。どんどん増えていくので今回数枚残してすべて処分することにする。

 もうすぐ60代になるにあたってできるだけ必要な分だけで生活するようにしたい。

それがきっとECOな生活になるような気がする。

そういえば病院の先生から「体内脂肪も少し減らしたほうがいい」と言われたのだった。

減らすもの物ばかりが増えていく。

2009年10月17日 (土)

芸術の秋!

先日の「10月号おはなし会」で手遊びで「おおきなくりの木の下で」をした。

動きを確認するために本でチェックしていたら音があったほうが楽しいだろうと思い

物置にしまってあった「キーボード」を出してきた。

右手は、何とか弾ける。左手でコードで押さえる。すると昔取った○○らしくスイスイ??弾けた。(かなり自己満足!)

といっても初心者レベルだが・・・・。

手遊びをロック調にしたり、サンバ調にして動きをつけた。子どもたちが乗ってきた。

そしてその後、「おおきなかぶ」を読む。この本は、100回以上読んでいるので見なくてもリズムをつけて読むことができる。

 さて、その日をきっかけに気を良くした私は、もう一度ピアノを習ってみようか?と思った。

でも待てよ!そんな時間が取れるか? 英会話も数年しか続かなかったし、中高年のためのピアノ教室なんてものがあるというが。

独身時代に習っていたものは、「エレクトーン」「ピアノ」これらは、仕事柄必要にせまられてだが・・・・。

そういえば高校時代に「マンドリン」なんてのもやっていたのだった。

音楽的センスは、ほぼゼロに近い私(オンチともいう)には、かなりキツイことだった。

そんな我が家に今ころがっている楽器類を紹介したい。ほこりをかぶっているのをきれいに掃除してお披露目したい。

Pa110566 キーボード(娘が使っていたもの)

Pa110568

フルート これも娘のもの。だいぶ使ってなかったので使えるか心配。

Pa110567 20数年我が家に

居座っている。

もう弾かなくなって

何年になるのだろう!

私の老化予防のために少し弾いてあげたい。でも何せ指がまともに動かない。

教則本やらピアノ曲集などは、かなり残っているのだが宝の持ち腐れになっている。

今はこのような形のピアノは、流行らないらしい。

 処分するには、まだ覚悟ができない。

芸術の秋は、今日も暮れていく。 孫にでも渡そうか?

多分、いらないというだろうが。

2009年10月12日 (月)

地デジ

金木犀の香りがほのかに漂い秋の深まりが感じられるころになりましたね。

しかし、私個人は、10月に入り慌ただしく過ごしておりました。結果ブログの更新もできず、気が付いたら「本屋のオバさん、今日も行く」も4年目が過ぎ勝手に5年目に突入しておりました。

家族いわく、「よく続くよなぁ~」という感想にため息をつきつつ今日も仕事を続けております。

 先週は、娘が体調をこわし孫の世話を頼まれました。娘のマンションに行き2人を連れてきて自宅でみることになりました。ダンナは、教科書関係の会合で泊まりの出張でした。

我が家の放蕩息子もこうなるとおやじの代わりにお店に入って頑張ってくれました。

どうも人間やる気になれば何とかなるのだということが分りホッとしたオバさんでした。

そして彼は意外と妹思いだったことです。メイになるシ~ちゃんをベビーカーに乗せ、散歩させていたのです。

 タイトルに戻って10月に入り、義母に地デジのテレビを買いました

購入日当日、電源の入れ方や切り方(ON/OFF)の練習をしました。しかし、数時間たってそっと部屋を覗いたらコンセントが引き抜かれていました。

「どうしたの?」「消えないからここを抜いたの」

やはり忘れてしまったのです。(そうだ紙に書いておくべきだった)

急いで電源の入れ方(テレビを観るとき)と消す時は・・・・・・。

大きな文字で書いて貼っておきました。そして数日うまくいっていたと思ったらまたコンセントが引き抜かれていました。(どうも忘れてしまったらしい)

もう一度張り紙を見せて練習しました。ようやく一週間後何とかTVの操作ができるようになりました。

もちろん、そのほかの細かい操作は、私が対応します。時折他のボタンを押して映らないと言ってきます。とにかくボタン操作が難しいようです。

その他家電もので「電気ポット」を買い換えたたら「ロック解除」ボタンと「給湯」ボタンの順番が分らずいろんなボタンを押しまくり「お母さん、お湯が出ないんだけど」となってしまうのです。

この頃、家庭内は、「お風呂が湧きました」に始まり、冷蔵庫が少しでも開いているとピーピー合図してくれます。電子レンジやオーブンなどいろんな音源があふれています。

高齢者は、扱いが難しいらしく大変です。

義母がシャンプーをしようと浴室のボタンを押したら数分後、お風呂が沸いていました。

昼間からお風呂に入れません。weep

ダンナいわく、「人がどのようにボケていくか証明しているみたいだ」と言う。

義母は、とても聡明な人で知識も教養もある人でした。

でも手伝うと「お母さん、ありがとうねぇ。バカになっちゃったんよ」と言う。

小川洋子著 『博士の愛した数式』の主人公も記憶が数時間でなくなっていくので服にメモ紙があちこちについていたことを思い出しました。主人公は、ケガによる脳の記憶障害ですが・・・・・・。

すこし、愚痴になってしまいましたがお許しください。

こんな日常をおくる本屋のオバさんでした。

2009年10月 3日 (土)

孫バカですいません。

9月30日まで決算書類の最終提出しなくてはと思い、事務所でせっせと作業をしていた。

ようやく提出が終わり、経済情勢だけでなく消費の冷え込み、出版関連、書店も同じように前年比われが続いている。

続きは、読書会に行ってきてから書きます。ごめんなさい!

では、・・・・・・(3日土曜日記入)

夜は、TVを見ていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

というわけで日曜日の朝に書き込みしている。

 最近、銀行からダイレクトメールで「年金相談会」のご案内や定年後のなんたら・・・・かんたら・・・・というものが届く。

確かにそういうものが届くようになってきた。一応、市・県民税も支払い確定申告もしているので今後のことが気になる。

一般企業だったら退職は、誕生日の月までか?その年度まででしょうか?

自由な時間が欲しいと無いものねだりばかりしているがパパママストアに近い当店では、辞めるという選択肢がないに等しい。

しかし、息子に少しづつ仕事を譲っている。ダンナの仕事は、対外的な仕事だけで外回りは、息子がほとんどしている。

私の事務仕事は、多分息子のお嫁さんか、パートさんを雇うかどちらかになる。

子どもが小さい時、ず~と20年近くパートさんが事務仕事を引き受けてくれていた。

過渡期の今少しづつ仕事を減らしていく作戦を考えなくてはいけない。

考えすぎると白髪が増えるので「くよくよせずなるようになる」という気持ちで今日も頑張りましょうか?

さて、そんなジイジ・ばあばを癒してくれるのが娘の子・孫のシーちゃんです。

 先日、娘から「シーちゃんが寝返りできたよ!notes(o^-^o)」というメールが入り写真が添付されていた。

ダンナと一緒に目じりを下げて可愛い・可愛いと成長を喜んでいた。

わが子の頃は、余りにも忙しく感激の様子も記憶にないぐらいだった。いまでは、デジカメやビデオカメラで即撮りまくるというパパママも多いことでしょう。

では、そんなジイジ・ばあばのアイドルの写真を

 寝返り成功写真です。

P9230814 P9220786

ジイジと詩ちゃん

 

P9140785

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28