無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月25日 (水)

三島由紀夫最後の日

1970年11月25日、たしかごく普通の日だったはずだった・・・・。

先日雑誌だったか新聞だったかのコラムに今日25日が三島のあの事件の日だと書いてあった。

そう少し覚えている。午後の眠たい授業が始まるころ、センセイの名前は、忘れたが教室のドアが開いてつかつかと教卓の前に立ったセンセイは、出席も取らず

「さっき三島由紀夫が割腹自殺をしたの

「市谷の駐屯地のほうは、大変なことになっているらしいとか・・・・」

その後彼女は授業をせず、三島の作品への思い、きらびやかな芸術性は、源氏物語に通じるなど延々と作品の内容を説明しだした。

決して文学関係の授業ではなかった。90分授業のうち60分は、三島の話だった。

1970年ごろ少しづつ「学生運動」は、下火になり新宿も落ち着いてきた。ときおり中央線に乗ると「ヘルメットにタオル」をまいた学生がいっぱいいたこともあった。

しかし、ノーテンキな学生生活を送っていた私に例のセンセイは、かなり攻撃的に三島を語っていた。内容はほとんど記憶がない。

ただ彼がマッチョで耽美な世界の人で繊細な神経の持ち主だろうぐらいの知識しかなかった。第一ほとんど三島作品を読んでいなかった。高校時代に2~3冊読んだ程度だから語るに程遠いのだが・・・。

もうすぐ40年近くになる三島の割腹自殺は、とにかく若い私はあまりにも「古典的な死」と受け止めていた。カイシャクした二人の方は、その後どのような人生を送ったのであろうか?確かその後は本になっていたように思う。

過去は、常に忘れ去られていく。教室風景が走馬灯のように甦る。

そんな11月25日だった。

2009年11月23日 (月)

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊 in 埼玉

講談社さんの全国おはなし隊のキャラバンカーが埼玉にやってきています

11月は県内さまざまな場所に出没?しています。

いつもブログでお世話になっているそしてJPIC読書アドバイザー同期であるしいかさんも今回のおはなし隊、読み聞かせボランティアとして活躍されています。

22日は、地元のコープさんにキャランバンカーが来ました。私も9月にボランティアの申し込みをしていたので今回隊長さんと読み聞かせをしました。

隊長のKさんとは、JPICの研修のやはり同期だったとのこと。100人近くいたので分りませんでしたが同じグループだった超有名人になったけいたろうさんも隊長をしているそうです。

全国どこでもキャラバンカーで廻っているそうです。

Pb220594

さて、地元のコープさんは、車で5分ぐらいのところにあります。店長さんも朝から会場準備や駐車場の場所取りをして待っていてくれました。

会場は2Fで9時30分から準備に取り掛かりました。講談社さんの幕を張り、キャラバンカーの中の絵本を展示してお客さまが見えるのを待ちました。

途中雨が降り出して寒かったのですが11時には、止みました。

Pb220595 Pb220596

キャランバンカーの中には550冊以上の本

が並んでいます。子どもたちは、好きな本を

選んで読んでいます。

隊長さんと「読む本」の打ち合わせをしました。コープさんのような一般対象だと年齢層が分りません。今回は、8冊用意してその内3冊読みました。

当店でのおはなし会でも最初のころは、いろんな年齢層を想定して選書しました。

選書後、下読みをします。細かい間やテンポの確認、本の順番など全部頭に入れます。

声が一番後ろまで届くように発声にも気をつけます。本番1週間前ぐらいまでに練習しておきます。

幸い年齢より若い声?の私は、子どもたちを引き入れるようにしてます。ニコニコ笑顔で子どもたちを受け入れます。

 これも昔取った杵柄ということでしょうか?5ヶ月乳児~小学校4年生ぐらいの子どもたちが参加してくれました。お母さんやおばあちゃんやおじいちゃんなど和気藹々なおはなし会でした。

Pb220597 隊長さんの紙芝居

さすが迫力がありました。

地元のブログ仲間のSさんも来てくれました。もうお子さんが大きくなって絵本の読み聞かせなんて久しぶりだったようです。(お忙しい中有難うございました)

今回は、 ① 『しろとくろ』小学館 しりとりえほん  

          ~最初のつかみにはいい本です。。

      ② 『わにわにのおふろ』福音館書店

      ③ 『まいごのどんぐり』童心社 計3冊読みました。

30分は、あっという間に終りました。

子どもたちにお土産を渡してさよならしました。

コープの子育て支援の方やボランテイア活動している方たちと名刺交換して自宅に戻ってきました。

お天気は悪かったのですがちょっと違った一日になりました。

若いお母さんたちをみていると娘の子育てと重なるところがあり応援したくなりました。

来月は当店のおはなし会とともに地元書店さんから依頼がありおはなし会をします。

本屋のオバさん、常にチャンレンジ精神で歩いていきたいと思います。

2009年11月22日 (日)

いい夫婦の日

今日は、「いい夫婦の日」(11月22日)だそうだ。語呂合わせのような日だ。

それにしても3連休の中日は、雨模様で冷たい一日になりそうだ。

別に我が家が冷たい状況でない。かと言って平穏無事なわけでもない。

日々戦いは、続いている。自営業は、職場も一緒、家庭も一緒であるからともに同居人として生活しなくては、いけない。

普段ご主人がお勤めの方は、数日間お休みが続くとかなり疲れるとか?

まぁ分らないでもないがこの年になるとあとどれくらい一緒にいられるのかと考えてしまうのである。

若いときと違い健康に気をつけるとか、食生活の問題などいたわりあって生きていくしかないのである。

さて、お店にいらっしゃる60代のご夫婦にとても魅力的な方がいた。奥様は、いつもきちんとしたウエアを着てウェーブのかかった髪型がステキだった。

ご主人は、ファッションセンスがよく背の高い今風に言えば「イケメン」タイプの方だった。

週一度、夜の散歩(ウォーキング)の途中当店に寄ってくださっていた。

このところお見えにならないのでどうしたのか心配だ。

二人の会話は、いつも楽しそうで奥様がそっとご主人の分を会計されて帰る。

さて、私の両親は、二人とも80代後半になるがおかげ様で健在だ。母は、要介護3になるが何とか自宅で姉夫婦と一緒に生活している。

決して仲のよい夫婦だったか?子どもにはよく分らない。小さいころは、よく喧嘩をしていた。双方とも譲らないし自分のほうが正しいと思っていたのだろう。

それは、私たち夫婦も同じだった。親の姿をみていたのだった。同じ繰り返しなのかもしれない。

しかし、お互い年を取ってきてからはまあるくなったのかともに譲り合うことにそれほど負担と思わなくなった。年齢とともにお互いを認め合うようになったのかもしれない。

最も老後を支えあう相手としてある程度お互いに調整して生きていかなくてはならない。

他人同士が夫婦となって両親と別れて新しい家族を作り過ごした時間のほうがず~と長くなってしまったのだ。その時間の積み重ねが現在の姿になっているのだろう。

先のことは分らないがまた毎日同じような時間が流れていくのだろうか?

いや決してそんなに生やさしくないことは、分っている。

お互いが自分の生き方を見つけ、ともに刺激し合い人生の時間を過ごしていきたい。

一人になっても大丈夫なように地域のおともだちを大切にしたい。

そんな思いにさせられた11月22日だった。

2009年11月15日 (日)

子守り

先日、娘の誕生日に一日孫の子守をした。娘は、プレゼントいいので代わりに一日し~ちゃんを見て欲しいと言ってきた。

シフト休みを調整して当日朝8時過ぎに娘夫婦のマンションに出かける。

いつもと違い今日は長期戦になるので覚悟を決める。婿さんも休みを取り二人で紅葉を見に日光に出かけた。

さて、離乳食(冷凍庫に保管してあったもの)を解凍して裏ごしし与える。ここまでは、まぁ何とかスムーズにいく。その後散歩に行き少し経ったら昼ねをしてくれた。

ホッと一息ついてから自分の昼食(コンビニの弁当?)を取る。

しかし、どうも貧乏性の私はお風呂掃除にベランダの片付けをしてしまった。ついでに網戸も拭いておいた。布団も干しておいた。かなりおせっかいなおばさんになっていた。

1時間は、あっという間に過ぎてしまった。その後ひと遊び知っている童謡を歌い、手遊びなど何とかごまかしつつ時間が過ぎる。

かなり疲れてきた・・・・。

夕方になるとさぁ困った。孫は泣き止みません。やはりママがいないことに気づいたのかもしれません。母乳に育っているのでミルクは少ししか飲んでくれません。マグカップ式の容器でミルクを飲ませて何とか乗り切る。

困ったゾ!そうだ昔取った杵柄だと思い、おんぶ紐で孫を背中にくくりつけ近くの公園まで歩いていく。外にでるとニコニコご機嫌がいい。

イヌを散歩させている同年代のおじさんに出会い、世間話が始まる。

「何歳ぐらいですか?」とイヌの年齢を聞く。少しイヌの話で盛り上がっていると

おじさんが「いくつですか?」と聞く。「3歳ですよ。おとなしいです」「???」

「背中の子ですよ」「孫ですか?7ヶ月になります」ハハハ・・・・ようやく話がつながりました。

私は我が家のアキの年齢だと思って話していた。おじさんいわく最近おんぶしている人はめずらしいとか、抱っこ兼用になっているのだがほとんどベビーカーに乗せて移動するようだ。

私たちの頃はおんぶして動いていたような気がする。寝ると重くなるのでくたくたになった。

子育ては、とにかく体力がいる。

ようやくメールが入り、駅に着いたらしい。ママが帰ってきたら早速おっぱいをもらった孫は、ご機嫌だった。

やれやれようやく開放された。娘夫婦からのお土産をもらいようやく自宅へ戻る。

 

そして昨日は11月号の「おはなしマラソン」おはなし会だった。お天気が悪かったがいつもの皆さんがやってきてくれた。

 選書に時間をかけ、事前読みあわせをした。このところ、真面目に準備している。

Pb150588

先日作った指人形もデビューした。手遊びや歌もマンネリにならないようにいろんなものに挑戦しようと思う。

来週は、講談社の「おはなしキャラバン」が地元にくるのでボランテァで読み聞かせをする。

いつもと違うことに挑戦すると少し違ってみえる気がする。

本屋のオバさん、11月も中旬になりましたが忙しく楽しく過ごしていきたいと頑張っております。はい!

2009年11月 4日 (水)

ただの風邪

昨日からどうもだるい。

足が重たいし、寒気がする。しかし、勤務の日だったのでマスクをしてお店にでた。

新型インフルエンザ流行っているのでうがい・手洗いは、いつも心がけていた。

今日は、朝からさらに調子が悪い。午前中休んで午後からお店に出た。交代要員がいないからもう一人が土曜勤務のため連休になっていた。

あ~あぁ~、頭が重たい。睡眠や食事等気をつけていたはずが・・・・。

どうも休みらしき休みになっていなかったのかもしれない。うまく気分転換を図れていなかったのだ。

義母の世話に孫のせわの応援など自分の時間がとれないのが原因かもしれない。

お店に出ればシャキっとして何とかなるが。風邪症状がでているので他の人にうつさないようにしなくては・・・。

 でも洗濯も掃除も夕食作りもだれも替わってもらえないのがきつい!

明日はすっきりしたい。キーボードを押している指の運びが怪しくなってきたのでこのへんで

夕方からもう一度寝ることにしよう!

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30