無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

2009年面白かった本

更新最終号を前回書いたが忘れていました。

当店書店ですので私が勝手に読んで面白かった本の紹介を書いてみたいと思います。

あくまで勝手に読んだだけですから・・・・。

第一書名や目次は、よく見るのですが内容まで分らないというのが本屋の宿命です。

本好きの皆さんのほうがよくご存知です。お客さまからの情報に感謝しています。

 さて、前置きは、このぐらいにして今年読んだ本から

① 『反貧困』 岩波書店  湯浅 誠著  第8回 大佛次郎論壇賞受賞

   昨年の年越村問題で一躍話題になった著者ですが貧困の根底になる社会のしくみや

  家族関係と貧困など意味深いものがあります。景気低迷で職も食も厳しい人間がいる現

 実に目を向けることになる。

 『村岡花子の生涯』 マガジンハウス  村岡恵理著  

   村岡花子の名前は知っていても彼女がどのような生涯を送ったのか?彼女の生き 

   方や家族、当時の女流作家の躍進時代や女性の社会的地位の向上に奮起した仲

   間たちがいたこと。赤毛のアンの翻訳者としてだけでなくもっと奥深い彼女の人生が

   知れてよかった。

 作品名は、多いので著者だけにする。このミステリーなどでいつも名前が挙がる

  「道尾 秀介」「伊坂幸太郎を読んでいた。若手の作家の幅広い活躍が書店業を営む

  私を楽しませてくれた。   

さて これらは、読書会の皆さんからご紹介いただいた本です。これまで自分の好みで読んでいたのがいろんな方から教えていただいたら意外と面白いことに気づいた。

   

2009年12月26日 (土)

2009・年の瀬

学期末の仕事(集金)が続きようやく外商が一段落したお陰で今日は、PCに向かっている。

年末の仕事は、まだ残っているがなんとかなると気楽に考えている。coldsweats02

店頭には、カレンダー・手帳・家計簿・暦など例年のように並んでいる。

今年も残り少なくなり、頭の痛い大掃除が待っている。幸い物置と台所を早く掃除しておいたので何とかなりそう・・・。でも無理!たぶん・・・・。諦めることになる。どうせ新年は、やってくるのだ。

誰か応援団が欲しい!お掃除は、きりがないので去年掃除したところは、パスして前回やらなかったところだけ今年することにした。

障子貼りも数枚にしておこう!

お店は、31日まで営業して新年3日より初売りです。(以前は2日から営業していたが)

あと残っているのは、事務所の掃除と高校3校の来年度の教科書定価表作りとデータ処理。

あ!そうだ、月末〆が残っていた。まぁ~とにかく気楽にやっていこう!

では、PCの前で気分転換できたのでお掃除してまいります。ハイ!

年内は、多分これで更新おしまいになりそうです。

今年、ブログにご来店?いただきました皆様有難うございます。

重ねて御礼申し上げます。

皆さんのブログに伺いますので。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ

2009年12月15日 (火)

ユニクロは、すごい!

夜、犬の散歩に行くとクリスマスのイルミネーションがあちこちに輝いている。

ホームイルミも最近は、手が込んでいる。通行人のためにこれだけ飾ってくださる住人に金一封を差し上げたい!でも懐がどうも厳しいので気持ちだけにしておく。

さて、先日娘夫婦へのクリスマスプレゼントを買いに行った。地元の大型ショッピングセンターに行く。テナント数は、かなりあるがそこから何を選ぶか?が問題だ。

予算もあるので例の「ユニクロ」にしてしまった。第一ほとんど育児で外に出かけられないから。フリースやセーター、ヒートテックの肌着など・・・・・。とにかく温かいに越したことはない。ついでに自分の分も買う。

婿さんも寒い中娘と可愛い赤ちゃんのために必死に働いているのだから温かいものにしよう!

やはり部屋着のフリースとヒートテックの肌着になる。ナントとも味気ないがまぁいいか。

(即断即決がとりえのオバさんなのだ)

おばあちゃんには、パジャマにする。ダンナは、このところほぼ毎日忘年会や会議があり事務連絡ばかりでクリスマスなんてどうでもよくなっている。

そして孫のし~ちゃんには、ディズニーストアでおもちゃを買う。これは、娘のリクエストなのでまた予算内なのでまぁいいか!ついでにミニーのぬいぐるみを買ったら娘に「いっぱいあるからいい!」といわれていまった。ばあばは、つい余計なことをしすぎてします。

し~ちゃんがミニーのぬいぐるみに手を出してニコニコしてたのでつい財布の紐が緩んでしまった。ハンセイ!

そんなユニクロ一人勝ちの経済界に誰もがうらやましくもあり、書店業界の下降気味の売り上げにこのところ気持ちも落ち込み気味だ。

いざユニクロのフリースを着たら超ー温かい!この値段でこの温かさ!

こころの寒さを少しでも和らげてくれる。

ところで忘れていた我が家の放蕩息子は、「バーバリー派」でブランド男だ。

決してお金があるわけでない。ただ友達がバーバリーに勤めているので季節ごとに買わされていたらしい。最も売れ残り気味の商品を割り引いてもらったらしい。

そんなバーバリー息子の洗濯物に例の「ユニクロ」の上下のフリースがあった。

とうとう彼もヘンシンしたのだった。この経済情勢に彼の財布もユニクロ化していたのだった。安くても丈夫な男になれ!っと母は願うのだった。

2009年12月 7日 (月)

コンプレックス?

昨日は、久しぶりに「神楽坂」へ行く。

読み聞かせサポーター実践講座~ステップアップ編で選書のヒントやプログラムの立て方などを学ぶ。講習のあとグループディスカッション・実際に絵本の読み聞かせをした。

読み終えた後、グループの人たちがアドバイスする。そこまでは経験ずみだった。

そして、ほとんどボランティア経験が長く年齢層も同じようなおばさん軍団であるから体型や話し方まで似ている。

乳幼児サークル・図書館・公民館・小学校の朝読・老人ホーム等それぞれの活動場所は、違うが絵本の読み聞かせという共通の話で盛り上がる。

10人グループで順番に絵本を読んでいき、ようやく8番目に私の番になる。

いつも子ども相手に読むが今日は、試験?みたいで多少緊張する。しかし読み出すといつもどおりの読み方になる。

それぞれが声のトーンや雰囲気を持っている。

一人の人が「とても優しい声ですね」「はっきりとよく聞こえましたよ」

「読んでいる姿がとても穏やかでほっとしますね」

いやいや~そんなに褒められても困ります。と言われた私は、「ありがとうございます」とぺこぺこ頭を下げていた。

だいぶ長く人生の時間を過ごしてきたのである程度のことでは、慌てふためくことも少なくなってきたと思うしイライラすることも少なくなった。

しかし、学生時代のほとんどが、コンプレックスの塊みたいな私だった。

皆が自分より賢く見えたり、美人に見えたり・・・・今になった思うのは、自分に自信がなかったのだ。

ピアノの上手な友人、誰からも可愛いと認めれてモテテいた友、成績優秀でいつも表彰されていた人。

自分にないものに憬れるそんなヒガミ根性だけは、人一倍だったのだ。

そして時間が経ち子どもたちもそれぞれ自立して孫も生まれ、私は変わっていたのだった。

自分がどう思われてもいい。自分なりに生きればいいのだと・・・・。

モチロン努力も必要だがもがき苦しむこともなく、日々それなりに生きればいいと思うようになっていたのだ。

環境や生活などそれぞれが作用して人は変わっていく。いや諦めに近いかもしれない。(*^.^*)

 今回の講習でステキな人に出会い学びなおしができたような気がする。

2009年12月 2日 (水)

落ち葉  ~今昔物語~

いよいよ師走ですね。12月は忙しいと言っている間に年が替わる気がする。

さて、今朝犬の散歩に行くと学校の隣に住む方が話しかけてきた。

犬好きなその人は、手ぼうきで落ち葉を掃いていた。毎年、紅葉したサクラの葉が道路際にいっぱいたまるのだそうだ。確かにそこらじゅう落ち葉が広がっている。

彼女は、いつものことだからせめて自分の家の前だけでも掃いているのだと言う。

隣には、新築の家ができたが若夫婦だけなので落ち葉が道路わきに吹き溜まりになっていた。

「今の人は、掃除なんかしませんよ!箒なんて持っていないですよ」って70代の彼女は、言う。

多分ローンがあるので共稼ぎだから時間がないのだろうと思うが・・・・。

その後実家が農家だったので昔は箒を持っていつも庭掃除をさせられたとか木の葉を集めて焼き芋した話をしてくれた。

私にもそんなのんびりした思い出がある。

確かにどこの家にも大きなケヤキやクヌギ、いちょうなどあちこちにあったような気がする。

いまでは、どこもアスファルトなので落ち葉の行き先がなく道路わきの側溝に吹き溜まりになっている。

ひらひらと落ちる葉の風情は、最近では、町内のゴミ問題に発展しているのだ。

神社の隣にあるイチョウの木は、今まさに金色に輝いている。そして金色のじゅうたんになっている。子どもたちがイチョウの葉を空高く投げるさまは、CMのようだ。

しかし、現実はそういかない。毎日神社の隣に住むおばあちゃんが掃除しているのだ。

ビニール袋いっぱいになったイチョウの葉は、おばあちゃんの朝の仕事の成果だ。

黙々と箒で掃くおばあちゃんは、お会いするとニコニコしながら挨拶してくれる。

最近では、庭先や屋根に落ち葉が落ちるということで近所同士が喧嘩になり、とうとうケヤキは、切られてしまったという話・・・・・・。

ついこの間聞いた話だった。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28