無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

雛まつりの頃

もうすぐ雛祭りですね。

先日、孫の「初節句」のお祝いをしました。しかし、婿さんのご両親がおばあちゃんの急な入院、手術で来られなくなってしまいました。

 延期する予定でしたが我が家も3月は、一年で一番忙しい教科書仕事があり、婿さんも3月は忙しいのでお休みの予定を入れられない。ご両親もおばあちゃんのお世話があり無理だということで娘夫婦の近くにあるホテル内のレストランで会食ということにしました。

慌ただしいことこの上ない一日でした。

さて、私の住む町は、人形の産地なのでどこの人形屋さんとも知り合いです。

2月27日から3月28日まで「まちかど雛めぐり」が開催されます。

当店もこのイベントに参加しています。このブログに数年まえに紹介した戦前製造された「御殿雛」です。幸い義母がきちんと取ってあったので今でも飾れる状態です。

P2270954

お店の中で撮ったので蛍光灯でハレーションを起こしてしまいました。

次に孫へ贈った平成22年版の「お雛さま」です。

P2250939

この頃の3段かざりだそうです。知り合いのお店で値切って買いました。

ダンナがスポンサーです。

でも1日限りで親王様セット以外は、箱に入れました。孫が触ってなめてしまいます。

まだお雛さまがよく分りません。

それに狭いのでお雛さまを飾ったら大変です。しまう場所にも困ります。

最後に被布(お人形屋さんからいただいた)を着た孫の写真で失礼いいたします。

相変わらず孫バカで申し訳ありません。お許しください。

お近くへお越しのおりには、是非お立ち寄りくださいませ。

粗茶?・・?でご接待させていただきます。

P2250941

2010年2月16日 (火)

最近の私の仕事は、

土・日は、宿題?の「確定申告」書類のデーター打ち込みをしていた。

毎年この時期に税理士の先生に渡すので作業は、ほぼ15日前後で終らせるようにしている。

几帳面な性格とは程遠いので領収書や請求書の控えや銀行振り込み控えなどホッチキスで止めて経費の分類をする。

会社の決算書類は、毎月処理するのでいいのだが3月の確定書類は年間まとめて渡すことが多い。

医療費は、家計簿についている袋にいれて整理する。

今回は、病院に行っていなかったので対象にならないようだ。

確定の仕事が重なっている税理士先生は、朝4時起きして仕事をするのだそうだ。

夜だと数字が間違う大変なので朝方が良いそうだ。でも間に合わない場合は、徹夜になるそうだ。

会社の決算と確定の仕事が重なるセンセイはたいへんだ。

我が家ももうすぐ恐怖の教科書配送と販売の日程が重なり、ほぼ休みなく働くことになりそうだ。

 ダンナは、60歳を過ぎているで普通だったら定年なのだが働かざるを得ない状況だ。

しかし、仕事があるだけいいと思うことで健康に過ごせている。

私もまだ働かなくてはいけない。。。。。

先日、病院検査の帰りにデパートへ寄ったら駅のホームに新幹線が入ってきた。

何だか急にこの新幹線に乗って遠くに行きたいと思った。

開放されたい自分がいた。

でももう少し~~~~。5月連休すぎまで待とう!

2010年2月 9日 (火)

この頃~   読書案内

ニッパチなんて言葉もいらないくらい書店業界ももはや厳しさは、うなぎのぼり?だ。

うなぎのぼりという使いかたは間違っているが・・・・どちらかというとマイナス○○度という感じだ。

先日も書店仲間のブログに「キンドル」や「アマゾン」などの話が載っていた。時代とともに活字から電子機器へ世の中全体が流れていくのが見えている。

書店という役目が今、問われているのだ。商品知識や接客態度、特に何を売りたいかなど店内の改装も予定しているので次世代への橋渡しのためにもう一度棚構成や商品入れ替えなど検討していく。

 

 さて、そんな思いとともに外商のほうは、新学期体制で高校入試が終るとともに「入学説明会」が始まる。

高校教科書の販売、電子辞書、学習参考書など慌ただしく仕事が押し寄せてくる。

児童数や生徒数が年々減っているなかで書店としても役割をとつとつと進めていくことだが・・・・・・・。

 そんな仕事がらみの愚痴ともつかない日々の生活は、それなりに続いている。

最近、自分用に購入した本に

  PHP研究所 『ぼくたちはなく』  内田麟太郎詩集 

本屋さん仲間のブログか本好きのかたのブログか?わすれたが紹介されていたのでどうしても欲しくなり注文した。

 『きんじょのきんぎょ』も楽しい詩集だが内田氏の哲学が奥深く詰まっている。

絵本作家さんでは、「長谷川義史氏」も大好きな作家さんだ。このところ「おはなし会」でどういうわけか自分の好きな作家さんの本を読んでいる。

そして先月末にポプラ社で「絵本カフェ」~作家先生と話そう~という機会があったが都合で行けなくなってしまった。

 『クラウディアのいのり』  ポプラ社 村尾靖子・文 小林 豊・絵

小林氏が当日いらっしゃることになっていたが残念欠席した! 

この本は、事実を元に作られた作品で日本人の兵士(シベリアに不法に抑留された)と地元で知り合ったクラウディアという若い女性(幼い頃戦争で家族を失った孤児)との出会いと別れのストーリーです。

 読み聞かせとしては、「老人介護施設」向きかもしれない。

戦争で引き裂かれたそれぞれの家族の長い時間が作品の絵とあいまって深く心にしみる物語です。

さて、働かなくちゃ!本屋のオバさん、これからも楽しく仕事していきます。

梅がチラホラ咲きだしましたね。もうすぐ春ですよ!(o^-^o)

2010年2月 1日 (月)

ウイルス性胃腸炎?

もうすぐ豆まきそして立春という時期になってしまいました。

ここ2週間ぐらい更新できずバタバタしていました。

まず、飼い犬のアキが「膝蓋骨手術」を受けて入院やら治療で毎日薬や消毒をしなければならないのでした。

そして娘が1週間自宅に戻っていました。孫が夜泣して疲れたのと頭痛がするという。

そして戻ったと思ったら今度は、ウイルス性胃腸炎という今流行っているらしい病気になってしまいました。孫が最初に下痢をしたとかそしてそこから娘にうつってしまい下痢と吐き気でうなっています。

孫も下痢状態でうんうん唸っていますがときおりあそび出します。おいおいどうしてくれる。

まず孫を日曜日やっている病院に連れて行く。午後から娘がガンガン吐いてしまいとうとう時間外でみてもらうことになる。

ダンナが運転して病院まで送っていく。待合室でもゲーゲー吐いてしまう。

私は孫を背中におんぶしてガンバレ~・ガンバレ~と二人を応援していた。

薬が効いたのか娘の吐き気・下痢は、止まってきた。

しかし、困ったぞ!孫のおっぱい、ミルクを飲まないのだ。やはりママのおっぱいを欲しがる。離乳食は、一時お休みにしてミルクを薄めて飲ませる。少し経つと嫌がってママの寝ているところに這っていく。

おいおい!困ったぞ!

とにかくおんぶして寝かしつける。夜中に2~3度泣きだす。

うつらうつらしていたら朝になってしましました。

8時になってもダンナが起きてこない。階段を上がっていくとダンナがうなっている。

夜中じゅう、下痢と吐き気でうなっていたらしい。やはりうつっていたのだった。

そして義母に部屋に様子を見に行くと同じように下痢になっていたのだった。

感染性の強い菌でこのところ流行っているらしい。

私は昨日ユンケルと葛根湯を飲んでおいた。そしててぶくろをしてオムツのしまつをした。

石鹸で何度も手洗いをしたが・・・・。とにかく散々な日々が続いてしまった。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30