無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

iPad発売と書店の今後

28日に発売になったiPadにマスコミがこぞって「電子書籍元年」だのペーパーレス社会などセンセーショナルな話題として取り上げた。

かつて「石炭」から「石油」に代わりそしてECO社会の推進で「エコカー」電気自動車へ今まさに時代は動いている。

それを考えればキンドルの発売からようやくiPadのきれいさ見易さから短時間に日本中に普及することが確実視されている。

書店業界では、指をくわえて見ているわけでないが

業界ルートには

① 出版社(版元)・著者   編集 、印刷、 製本等の世界

② 取次 国内では、ほぼ90%東販 (トーハン)と日販 (ニッパン)の2社で書店への配

  本、集金等を取り扱っている。

③ ルート配送業者を通じて 書籍および週刊誌、月刊誌など雑誌類が毎日書店に入荷

  してくる。

④ 店頭に紙製品の書籍や雑誌が入荷し、棚や平台に並べられる。

⑤ 読者に届く。 あるいはア○ゾ○の場合②から⑤に即届く。

iPadで購入する本では、①?(印刷・製本を除く)から⑤に数秒に届いてしまう。

そして安い。薄くて持ち運びやすい上に最大数万冊入っているデータを検索でき利用できる。なんて便利なものだろう。

高校生向けに電子辞書が出てきたときにそれほど違和感なく販売していたがiPadも同じように短期間に普及していくのだろうか?

紙には、紙のよさも確かにあるのだがマスコミでは、これからは、図書館も書店もなくなると書いていたが・・・・。

当店も岐路に立っていることは、事実だがこれまで書店だけできたわけじゃないのである程度違う方向に向かって仕事が変化していくだろう。

過去に「印刷業」「運送業」「新聞販売店」「火薬銃砲取り扱い」「不動産業」など明治・大正・昭和と時代の流れにあわせて仕事をしてきたので今必要とされている仕事にまい進しるしかないと考えている。

いずれにしてもiPadでもよいので本を読む人が増えてくれることを願っている。

それぞれのよさがあるのだから・・・・。

ただあと5年後にどう変化しているかう~ん!難しい。

今回も結論もなく流れに任せた文章で失礼いたします。

2010年5月23日 (日)

傾聴とは・・・・。

お店にご来店されるお客様には、いろんな方がいらっしゃいます。

男性の方は、ご自分の専門分野のお話が多いです。歴史や水の研究の話、太極拳を長く続けているかたなど・・・・。

反対に女性は、ご家族のことや家庭のこと(病気や孫さん、娘さんのことなど)が多くお話の時間もかなり長いです。

私は、土・日・祝日、夕方ぐらいしかお店に入りません。ウィークデーは、事務所で仕事をしています。

そんな私ですが先日小学生のお子さんを持つお母さんがとても深い話をされていかれました。プライベートなことなので内容を変えて書かせていただきます。

このところマスコミでもよく取り上げられている「こどもの虐待」や「家族関係」です。

彼女は、アダルトチルドレンだったとのこと。長女に生まれたが両親が可愛く優秀な妹との比較に長いこと苦しんできたこと。

両親からの暴力により内臓がはれ6ヶ月も入院した小学校時代の話、警察も介入したが当時は、虐待が表に出にくい時代だったこと。

小・中・高と学校でのいじめと両親からのネグレクトにより家族から早く離れたくて結婚への道を選んだ。

しかし、夫は、アルコール依存症に、そして生まれた息子は、知的障がいをもって生まれた。

両親は、孫や夫のことでまたしても彼女を拒否非難したようだ。

夫の父もアルコール依存症だそうだ。そして彼女の祖父も同じ病気だそうだ。

共依存関係が見られること。

さて、かなりの間彼女は複雑な家族関係の中で生きてこられたことを一人で話した。

私は「これまでよく生きてこられましたね。」といった。

そして見ず知らずの私に話してくださってありがとうと言った。

 漫画家の「西原 理恵子」さんがアルコール依存症のご主人のことを書いていること。

彼女は、ほかのお客様がレジに来たので少し時間を置いて続きを話した。

両親との問題、息子さんの問題、だんなさんの病気の問題、彼女自身の健康問題など解決の糸口は、どこにあるのだろうか?

何のアドバイスもできないまま(素人の私では当たり前ですが)彼女は、帰っていった。

人生には、「婦人公論」に書けるぐらいの生き方をされている人が大勢いることを知る。

暗い長いトンネルからどう抜け出していけるか?

彼女はどんな行動を起こしていくか?飛び越えていける勇気がきっと生まれると思う。

ただ黙って聴くのみだった。 傾聴とは、  難しい・・・・・・。 

2010年5月22日 (土)

5月の風にのせて

五月に入ってから二度ほど更新したがいつの間にか仕事に追われてPCを開けることなく過ぎてしまいました。

そこでデジカメに撮ってあった画像をUPしながら近況に代えさせていただきたいと思います。

別に近況どうでもよかったですね。(苦笑)

P4230984 「ボストン美術展」 於   六本木ヒルズ森タワー

いただいた招待券で久しぶりに都内へ雨の日だったがかなり混んでいました。

P4240987 母の日と誕生日へのミニ花束

P5041005 姪の結婚式へ  群馬県まで行ってきました。

P5081049 5月第2週の土曜日は、「おはなしマラソン」のお話会でした。

地元の学童保育の皆さんです。

P5151059 P5151061 P5151062

P5151063 P5151065 地元近くのバラ園にて

さわやかな季節にバラがとても似合いますね。

P5161066 たけのこをゆがいて持ってきてくれた

皮をむいたりゆでたりするのが面倒だけど

今回は、見事に料理する前して持ってきてくれました。

たけのこご飯・たけのこ入りハンバーグ・煮物など

夕食は、たけのこだらけになりました。

5月もあと少しになってしまいました。アジサイが似合う季節がやってきます。

では、また

P5161067

2010年5月 9日 (日)

母の日に寄せて

赤いカーネーションがお花屋さんの店先にたくさん並んでいる。

5月の第二日曜日は、「母の日」だと気づいてもプレゼントの準備ができないまま今日になってしまった。

一緒に同居する義母には、部屋の大掃除とマクラカバーや布団カバーの交換、冬物をしまい古い衣類を処分するか聞いていらないものを片付けた。高齢になると処分することができずなんでも溜め込んでしまう。

でもよく聞いてからにしないと問題が起こる。

ようやくダンボールに片付けて防虫剤を入れて押入れにしまった。

義母は、「ありがとうねぇ」という。押入れにはいっぱい母の日や敬老のに日にプレゼントされた衣類があふれている。

どうももったいないというのかついタンスの中に入れてしまうらしい。

でも一応義母には、夏用のパジャマを買い揃えた。

義母は、1月に87歳になった。米寿の祝いをする予定だが多少記憶があいまいになり足腰も弱くなっているので外には出られない。

ダンナの妹弟と相談しよう!

さて、私の母は、5月10日で90歳になる。義母と暮らして33年、そして実母とは26歳までだから嫁ぎ先のほうが長くなりつつある。

しかし、実家の母の顔を見に毎月1回行ってしまう。

「元気?」「かぜ引いてない?」「ごはん食べている?」

なんだか質問ばかりで母は「うん!うん!」というだけであまり会話にならない。

もう赤ちゃんのようになってしまっているようだ。

母は、戦争で亡くなった兄さんの分まで長生きしているように思える。

要介護4になってしまったが帰るときに「気をつけて帰りなよ」という。

義母の様子を聞いてくれる。やはり母親をやっているのだ・・・。

姉夫婦や父が母を世話してくれていることに感謝。

子どものころだが農家の娘の私(4姉妹の次女)に帰りが遅いと心配したり

夜遅く受験勉強していると「早く寝なよ!」という。

しかたがないので朝4時おきして勉強した。勉強よりどちらかというと洗濯や掃除片付けするように言われた。

都内に通勤していた私が仕事で行き詰まっていたころ「笑顔」が一番という感じで黙って支えてくれた。そしていつも田舎料理だったが祝いの席には赤飯や煮物・五目御飯を作ってくれた。

嫁ぐときにもすごく心配していたらしい。次女で気が強いのとしっかりものという鎧をかぶり親に心配かけないように頑張っていた私がいる。嫁ぎ先は、両親、祖母、ダンナの弟と大家族だったからだが・・・・・。

そんな私も2人の子を持ち昨年孫まで生まれた。

決して順風満帆ではなかったが長い暗いトンネルがあったから今があるのだと思うようになった。

お店の仲間や近所の人などいろんな人に支えられて大人になったのだと思う。

最近、娘が育児をしながら「お母さんって大変だったんだねぇ」といった。

みんな同じ道を通るんだよね。でも楽しかったよ!人生で一番充実していたかもね!って言った。

いろんな形で母の生き方を受け継いでいる。嫁いでからは、義母に教えてもらいながら仕事をしてきた。

二人の母から学んだことが私を大きくしてくれたのだろう!

そして私にとって健康が一番と感じるこのごろだ。

2010年5月 3日 (月)

GWですが・・・・。

地元から車で走っていくとすぐ「東北自動車道」が見える。陸橋を渡って自動車道をみると

見事な渋滞が続いていた。下り車線福島や仙台方面、那須など観光地へ向かう車の列が延々と続いている。

 お店のBGMであるFMラジオから交通渋滞を聴きながらブログを書いている。

毎年のことだがなぜ混む事が分かっていながらでかけるのか?

休みが続いて子供が厭きるから・・・・?

久しぶりに田舎の両親に孫の顔をみせたいから・・・。

夏休みまでこんなに長く休みがあることないから・・・・。

お天気のいいさわやかなこの季節に出かけないと勿体ない・・・・。

まぁ~いろんなことが言えるがとにかく外にでていい空気を吸いたいとか・・・・・。

そうですね。とてもさわやかな季節で若葉が風に揺れています。

当店は、お休みがないので毎年ゴールデンウィークは

ゴールデンウィークは、どこにも行かないゾ!」というあなたに贈る読書案内

というフェアをささやかにしている。だってみんなほとんど外に出かけてしまってお客さんがみえるのは午後2時過ぎぐらいからなんです。

中学生や高校生など親と行動をともにしなくなったおにいちゃんたち・・・。

そしておじいちゃんは、歴史小説を買いにみえる。

時折、一家で見えることがある。昨日きたお客さんは、息子さん夫婦とおじいちゃん・おばあちゃんとお孫さんが二人だった。

孫さんたちに「好きな本を買いなさい」と言って数冊買ってくださった。

超うれしい~!です。どこのじいじ・ばあばのお財布も完全に孫オンリーでした。

少ない子供たちのお財布は父母の両親計4人もあるとか?

「子どもの日」おじいちゃん・おばあちゃんのところにご家族でみえる親子関係っていいですね。

我が家は、婿さんがサービス業なのでゴールデンウィークは、お休みが1日だけで6日以降になりそうです。

孫と娘は、毎日我が家に通勤?しています。

時折公園に連れて行ったり、絵本で遊んでいます。

仕事もまじめにしてますよ。

では、4・5日まだあと少しありますのでGW楽しんでくださいね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31