無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月22日 (水)

老いをみつめる

先日、ご来店のお客様が城山三郎著 『そうか、もう君はいないのか』新潮文庫をお求めになられた。

ハードカバーは、だいぶ前に出ていたが8月に上記の本が文庫になった。

彼女は、60代後半の華やかなで可愛い奥さまという感じだった。

そして1年前に旦那様をガンで亡くされたという。

この本は、城山三郎氏が亡くなった奥さまをしのんで書かれた作品でお二人の愛情あふれる生活や感謝がつづられている。

さて、くだんの彼女は、「私ねぇ、もしひとつ夢をかなえてくれるとしたら夫を一日この世に返して欲しいの」とおっしゃった。

「そしたらいっぱいいっぱいキスしてあげるの」なんと可愛いひとなのだろう!そして「アナタまだ若い?からわからないかもしれないけど旦那様大事にしてあげてねぇ。いつまでも旦那様と一緒にいられると思っているけどそんなことないのよ!」

なるほどねぇ・・・・。喧嘩ができるのは、お互い生きているからなのかもしれない。元気なうちは、健康のありがたさに気付かないのと同じなのかもしれない。

次に私の従姉(いとこ)といっても77歳だからかなりお姉さんだが・・・・。

私のことを○○ちゃんと呼んでくれる。それに彼女の息子と10歳ぐらいしか違わないのだから・・・。

その従姉のダンナさんが20数年の間にいろいろなガンに罹りながら克服してきたがとうとう脳腫瘍になり先日亡くなった。

告別式後、数日して弔問に行った。夫を亡くした後なので精神的にとても落ち込んでいたようだ。

もう少し生きていて欲しかったという思いにあふれていた。彼女の思いを1時間近くただ黙って聞いてきた。

彼女は、生まれ変わってももう一度だんなさんと一緒になりたいと言った。なんともうらやましいことだ。

私はできれば違う人生を歩みたいのでダンナにご遠慮願いたい!と思う。

いまだから言えるのかもしれない。ダンナに大きい声では言えないが。

そしてダンナの従姉の話である。伯父が先日亡くなったのでお彼岸を兼ねてダンナと一緒にお線香をあげに行った。

神奈川なので一日がかりだが・・・。義母の兄なので従姉もダンナより少し先輩である。彼女は、いろんな事情で両親のお世話に追われ、独身のままだった。

数年の間に両親を亡くし、一人になってしまった。これでやっと彼女は、自由になれたと思ったがどうしてよいか分からないのだとか・・・。

お金も時間もあり自由に動けるのに何をしてよいのか孤独との戦いが始まったという。

 この有り余る時間との戦い伯父さんの介護から解放されたがどう立ち上がるか体力がいるという。

だからジムに行って鍛えてから歩む道を探していくそうだ。

彼女の自宅は、インテリアや小物などとても洗練されていて魅力的な生き方ができると思えた。

ここ2カ月ぐらいの間に出会った女性たちの老後に幸あれ!と願っている私がいる。

そういう私も還暦になったのだった。他人事でなくなってきたのだ。

2010年9月15日 (水)

エコポイント

013_2

先日、エコポイントで購入した「こしひかり」です。

21年に地デジのTVを購入したがエコポイント申請しないままにしていた。

6月に息子の部屋のエアコンが壊れたので取り変えた。そうすると前回の家電店のおにいさんと違い丁寧に手続きの説明をしてくれたのでまとめて送った。

しかし、ポイントを何に交換しようか迷う。

商品券とかカタログギフトとかがいいとか?

我が家は、お米にした。残りはアイスクリームでした。この夏あまりにも暑かったせいだが・・・・。

ところでアナログTVから地デジに皆さん換えている家庭が多いと思うが

我が家には、まだアナログTVが1台頑張っている。寝室にあるTVだがほぼ一日に30分ぐらいしか観ない。寝る前に少し観る程度だから。

居間や茶の間にある地デジTVで充分間に合うので無理に買うこともないと思いそのままにしている。

ただアナログで観ているとしつこく「地デジ」へ換えるように画面の上下に案内が出る。これが意外とうるさい!

分かっているから別にこちらの都合で観ているのだから。。。。

観られなくなっても別に問題ないのだから・・・と画面に文句を言っている。coldsweats01

そういえば「エコカー減税」もとうとう終わりましたね。

車は、ダンナと私が運転する程度なので大きいのはいらない。

「こども店長」のCMの影響は、大きかったのでしょうか?

景気対策でいろんなエコ関連の商品がでているが庶民の財布は、相変わらず厳しいものがあります。

これからは、不要なものを処分して身軽な生活を心がけたいです。

あ!そういえば写真の「こしひかり」残念ながら21年産でした

新米は、実家の父が持ってきてくれました。

まず、我が家は食糧の確保からです。(苦笑)

2010年9月 5日 (日)

日曜日、朝の出来事

昨夜、というより今朝に近いが2~3時ごろ、3階の寝室の窓を開けて網戸だけにして眠っていた。すると2軒隣の長屋になっている飲み屋街からカラオケが聞こえてきた。

いつも12時ぐらいで終わるはずが土曜日のせいかお客さんが長くいたのかわからないが延々とうまくない歌が流れてきた。

だいたい気にしだすと気になるものだが防音装置のない古い長屋居酒屋は、隣のマンションの壁に反響してよく聞こえてしまう。

これまで数回警察の方にお願いして指導してもらい気にならなくなっていたが・・・。

今回は、眠れなくなり、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ではないがだんだん腹が立ってきた。

そんな夜中の出来事からか朝の寝起きが悪くいつもより遅く起きた。

ダンナがアキの散歩に行ってくれた。

日曜日はお店に入るのが10時でよいのでそれまでに掃除・洗濯義母の世話・そして新聞を読むなど起きて3~4時間の間に済ませる。

しかし、どうも虫の居所が悪いのか、イライラがとまらない。

義母は、記憶が持たないらしくパジャマから着替えるように持ってきた衣類を洗濯場においてきてしまった。

「どうしたの?これから着る服だよ!」

食事をし終わるとバックにタオルを入れ「散歩に行く」という。

足腰が弱っているのでもう7年ぐらい散歩に行かなくなっているのだが・・・。

記憶が混戦しているようだ。玄関から出ていく義母。でもいつもだったら止めるのだがイライラがつのり黙ってみていた。

とぼとぼと階段を下りていく義母。

少し経ってから様子を見に行く。事務所の前で待っている。車で乗せて行けという。「どこにいくの?」「どこでもいいからグルって廻ってくれ!」という。

ダンナが用事で出ているし、これからお店の時間だから無理だよ!というと仕方なくあきらめたようだ。

義母は、ディーサービスの車に乗っていくことと散歩に行っていた過去が混線いるようだ。

しかたなく自宅に戻るが思い通りにならないのか不満があるようだ。

冷蔵庫を開けっ放しにして麦茶のポットから直接口に流し込んでいたのであわててコップに注いで渡す。

どうも面倒くさいらしい。家じゅうのコンセントや家電品の電源を切ってしまいついには、ブレーカーの電源(たまたま義母が届く高さにあるボックス)を切ってしまった。

洗濯機が動かず朝から大騒ぎなんてことも日常茶飯事だ。

このところ認知症が刻々と進んでいるようだ。

家族は、介護のほかに仕事や日常の生活があるので疲れがたまる。

お店定期購読されているHさんは、自宅介護のベテランですでにお母さんを見送られた方だ。

ストレスをためないように週1度完全に休めるようにいろんな介護サービスを使い山に登ったり、映画を観に行って気分転換をされたようだ。

まだ新米の私は、お休みの日にいろんな用事や母の見舞に行くなどつい自分の時間を作れない冴えない日々を送っている。

なんだかブログに愚痴を書いている自分がちょっと悲しい。

そしてカラオケの騒音で眠い!

午後交代で休憩をとることにしよう!

でも昨日は、白髪が広がってしまったので美容院に行ってきた。少し身の周りも気にする自分でありたい。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31