無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

雨の松江~2日目

松江は、独身時代にツアーの旅行できていた。

JR松江駅で降りてまず観光案内所に行く。そこで地元情報やクーポンなど集めて活用することが大事だそうだ。ダンナは、旅オタクなので事前にいろんな情報を集めておくことや観光の見所などチェックを欠かさない。

それでかなり得することもある。

しかし。天気だけはどうにならない。

まず「ぐるっと松江レイクライン」お得な一日乗車券を買う。 ¥500

この乗車券で団体割引扱いで観光施設に入場できますよ。

036 039

雨の松江城、少ない観光客でじっくり鑑賞できました。

松江城から歩いて小泉八雲記念館から武家屋敷へ

040 041

そして塩見縄手の風景

042 043

堀川めぐりの船も雨のせいか今日は、1~2艘しか浮かんでいません。

昼食は、この近くの出雲そば処「八雲庵」で食べました。

寒かったので今回は『鴨なんそば」にしました。

お店じゅうに有名人のサインが飾ってあります。出来上がるまでそれらを見て待ちました。また和菓子の名店もあります。茶席に出すお菓子は、金沢や京都、松江など歴史のある都市に脈々とつながっているのですね。

山川や春日という和菓子を買ってきました。

次にぐるっとバスに乗って「月照寺」に向かいました。

こちらも傘をさして雨に打たれながら参拝しました。巨大亀形の寿蔵碑が有名です。

松平不マイ公の菩提寺でもあります。

044 亀の姿わかるでしょうか?

いよいよ3時半の出雲空港行きのバスの時間まで1時間半となりました。

最後は、「カラコロ工房」へ立ち寄りました。

神戸に行ったときにも同じような廃校を利用して地域の工芸品を制作体験・販売しています。

カラコロ工芸は、旧日銀松江支店の跡地にできた施設です。

045 046

こちらで勾玉付きのストラップとアクセサリーを買いました。

すごく短い旅でしたが時間に縛られずに自分旅ができました。

神在月にあやかって息子に見合うソレナリのお嫁さんがきてくれればありがたいのですが・・・・。

あまり欲張らず、健康が一番というのが還暦になった本屋のオバさんの本音です。

長らく出雲・松江の旅におつきあいいただきありがとうございました。

神在月

春に還暦を迎えた私ですがバタバタといろんなことが起こり時間ばかりが経ってしまった。

ダンナの場合は、ホテルのレストランで家族で会食ということだった。

しかし、イベント企画の苦手なダンナは、そのうちにということで何もなく過ぎてしまった。

最も実家の母の入院もあり孫娘の誕生会や夏休みの家族旅行もあったのでそれなりによかったのだが・・・・。

そしてようやく10月になり、お店に入ってくれている人が孫が生まれるので11月からお休みするという。

そうだもう今年もあと2か月しかない。ということでダンナにスケジュールや旅行計画を作ってもらった。

そうなると急に元気になりさっさと仕事した。

気の抜けたビールのような話題で申し訳ありませんが数枚写真を撮ってきたのでUPしたいと思います。

<出雲大社>

11月15日は、旧暦の10月10日だそうで海から全国の神様が集まるそうです。

たぶん出雲は、今そこらじゅうに神様がやってきて良縁会議?でも開いていることでしょうか。。。。

このところTVの旅関連番組でも出雲・松江方面が放映されていました。

さて、出雲空港から大社行きのバスに乗りました。

023 024 025

出雲大社前で降りて参道をゆっくり歩いていきます。

できるだけ真ん中よりはじを歩くそうです。真ん中は、神様の通り道だからだそうです。

縁結びスポットとして全国的に有名な出雲大社です。

現在約60年ぶりに遷宮が行われています。平成25年に完成予定だそうです。

出雲大社を後に参道近くになる茶店で「出雲そば」で昼食をとり、次に

10分ほど歩いていける島根県立古代出雲歴史博物館へ行きました。神話の世界や『古事記』『日本書紀』  スサノオノミコトやヤマタノオロチとの出会いが待っています。

027 出雲大社脇の駐車場からバスで出雲日御碕灯台へ

その前に日御碕神社にお参りしました。私たちともう一人若いお嬢さん一人だけしか参拝していませんでした。

歩いて御碕への灯台へ私は独身時代一度来ていました。

朝から天気が悪かったのがここにきてきれいに晴れてきました。

029 030

日本海のおだやかな景色です。灯台は、階段175段ぐらいあるので登れるか悩みましたが思い切っててっぺんまで登り切りました。

先に上っていた若いお嬢さん2人がにこにこして迎えてくれました。

お互いに写真を撮りあいお別れしました。

その後、バスでJR出雲市駅に戻り、今日の宿に向かいました。

3時のおやつに「ぜんざい」を食べました。

ぜんざいは神在祭のときにつくられた「神在餅」(じんざいもち)が訛って「ぜんざい」になったといわれています。

宿はとてもひなびた湯元「湯の川」日本三美人の湯といわれる出雲空港から10分ぐらいのところです。

032

息子さんが都会から戻ってお嫁さんとおかみさんと一緒に旅館を継いでがんばっています。自営業の私としては、学ぶことが多い旅館でした。

とにかく温泉が最高です。肌にいいこととくつろげる宿です。

朝起きたらほんとに肌がつやつやしていました。

朝の湯の川庄原駅の風景です。

033 034_2

では、また明日~

だいぶ長い間、下書き状態のブログでした。今日ようやくUPしました。

2010年11月14日 (日)

仕事風景

このところ更新も滞っている本屋のオバさんですがなんとか乗り切っております。

10月後半に遅れていた「還暦祝い」の記念に出雲・松江方面に出かけてきました。義母のディサービスの関係で余裕のない旅でしたが私にとっては、息抜きができました。

その後、外商の仕事「書き初め」の画仙紙・手本などの配送が入り倉庫にこもり作業をしていました。

あっという間に11月に入ってしまいました。

一緒に働いているスタッフの方が娘さんの出産でお店をお休みしてしまいましたので今月は、みんなフル回転です。

さて、そんなオバさんの最近の様子から

11月第2週土曜日は、「おはなしマラソン」11月号  おはなし会でした。

002_2

いつも来てくれる地元の子供たちです。

今月は『山のごちそう どんぐりの木』 ゆきのようこ 文

理論社

小学生の子どもたちにドングリやまつぼっくりを見せて歌も歌いました。

その他 『くいしんぼライオン』長 新太絵・  『あいうえおべんとう』

くもん出版  など

来月はいよいよクリスマスです。楽しみが増えました。

Photo こどもたちの表情がとてもいいのですが

残念ながらお見せできません。

001

がんばって毎月続けていきます。

秋の読書週間は、終わってしまいましたが寒い夜に是非読書の時間を作ってくださいませ。

来月は2学期終了まで請求書書きや集金のサポートなど忙しくなります。

そして倉庫には、来年度の教科書が入荷してきます。

小学校が改訂期なので役所との注文表の取り扱いが忙しくなります。

会社でしたらもう定年扱いですが体力が続く限り仕事をしなくてはなりません。いいのか悪いのか?

でも適度に出かけて気分転換します。ハイ!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31