無料ブログはココログ

« 神在月 | トップページ | 12月のたより »

2010年11月21日 (日)

雨の松江~2日目

松江は、独身時代にツアーの旅行できていた。

JR松江駅で降りてまず観光案内所に行く。そこで地元情報やクーポンなど集めて活用することが大事だそうだ。ダンナは、旅オタクなので事前にいろんな情報を集めておくことや観光の見所などチェックを欠かさない。

それでかなり得することもある。

しかし。天気だけはどうにならない。

まず「ぐるっと松江レイクライン」お得な一日乗車券を買う。 ¥500

この乗車券で団体割引扱いで観光施設に入場できますよ。

036 039

雨の松江城、少ない観光客でじっくり鑑賞できました。

松江城から歩いて小泉八雲記念館から武家屋敷へ

040 041

そして塩見縄手の風景

042 043

堀川めぐりの船も雨のせいか今日は、1~2艘しか浮かんでいません。

昼食は、この近くの出雲そば処「八雲庵」で食べました。

寒かったので今回は『鴨なんそば」にしました。

お店じゅうに有名人のサインが飾ってあります。出来上がるまでそれらを見て待ちました。また和菓子の名店もあります。茶席に出すお菓子は、金沢や京都、松江など歴史のある都市に脈々とつながっているのですね。

山川や春日という和菓子を買ってきました。

次にぐるっとバスに乗って「月照寺」に向かいました。

こちらも傘をさして雨に打たれながら参拝しました。巨大亀形の寿蔵碑が有名です。

松平不マイ公の菩提寺でもあります。

044 亀の姿わかるでしょうか?

いよいよ3時半の出雲空港行きのバスの時間まで1時間半となりました。

最後は、「カラコロ工房」へ立ち寄りました。

神戸に行ったときにも同じような廃校を利用して地域の工芸品を制作体験・販売しています。

カラコロ工芸は、旧日銀松江支店の跡地にできた施設です。

045 046

こちらで勾玉付きのストラップとアクセサリーを買いました。

すごく短い旅でしたが時間に縛られずに自分旅ができました。

神在月にあやかって息子に見合うソレナリのお嫁さんがきてくれればありがたいのですが・・・・。

あまり欲張らず、健康が一番というのが還暦になった本屋のオバさんの本音です。

長らく出雲・松江の旅におつきあいいただきありがとうございました。

« 神在月 | トップページ | 12月のたより »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

「出雲・松江の旅」拝見いたしました。
私も、三十数年前に松江・津和野・岡山地方に旅行したことがあります。
宍道湖、出雲大社、小泉八雲記念館、等懐かしく思い出しました。

「出雲そば」は三段重ねで、いろいろな汁をぶっかけて食べたと記憶していますが・・・
そして、旅館は「玉造温泉」に泊まりました。

十分に鋭気を養われたご旅行だったことと存じます。
有難うございました。

では、又♪

松江には私も学生時代に一度行きました。
八雲記念館なんとなくウロ覚えです。

亀の姿よく分かりました。
松江には雨も良く似合います。
しっとりと落ち着いた街並みですね。

すてきな旅でしたね。
おすそ分けをいただいた気持ちです。
わたしはまだ松江にはいったことがないので
いつか行ってみたいなあという思いがふくらんできました。
雨も風情があってすてきですね。
古代の香りの出雲も
温泉もおそばも、ホントに魅力的ですね。

私も、このコースへ行ってみたいのですが、なかなか機会がないままです。
今月は神様が出雲に集合しちゃってますね。
息子さんに良縁がありますよ。

ぶんぶんさま

だいぶ時間がかかりようやく出雲・松江の旅がupできました。

一応コツコツと書きためていたのですが数行かくと用事ができ下書き状態ばかりでした。

ぶんぶんさんは、お仕事で関西方面や山陰・山陽等あちこちお出かけされたことでしょう!

私も最初に行った時は、玉造温泉に泊まりました。
旅は気分転換にいいですね。やはりその後忙しくなり12月末までほとんどお休みがなくなりそうです。
ぶんぶんさんのご紹介イルミネーション、今年ひとつでも行きたいと思っています。

となりのとまとさま

10月のイギリスの旅とてもすばらしく圧倒されてしました。
読み逃げばかりでコメントできず申し訳ありません。

今回の出雲・松江の旅は、TVで紹介していたので出かけようかということですんなり決まってしまいました。
高齢の家族を抱えているので長い旅は無理ですが少しづつ出かけていきたいと思っています。

つぼみさま

山陰方面は、しっとりしていていいですよ。
出雲・松江は、この時期若いお嬢さんたちや家族連れが多くいらっしゃいました。

松江の雰囲気は、金沢や京の都のようなきらびやかさがありません。でも生活感がありますね。

お城もかなり地味ですが古いので赴きがありますね。
よかったら是非お出かけくださいませ。
出雲そばとてもおいしかったです。関東では、味が濃いですが少し甘い感じですね。

セルラーさま

そうですね。今月は、神在月だそうです。
出雲は、にぎわいを見せていました。
関東からだと飛行機で1時間半ぐらいで行けますから楽になりましたね。

でも山陰方面は、行きづらいかもしれませんね。
ツアーで周るほうがいろんな場所に行けるので楽かもしれませんね。

お休みができましたらすばらしい温泉がいっぱいありますから是非お出かけくださいませ。

素敵な旅でしたね。雨の松江は落ち着いていいですねー。
城下町というのはほんとに雰囲気がありますね。
その雰囲気を保存していくというのは地味で、きっと大変なお仕事でしょうが、地元の方の努力が感じられます。
山川は松江を代表する上品な落雁ですね。大好きです。

こうして紹介していただくと、どこにでも行きたくなる私です。

ひろみママさま

今年は、大変な一年だったことでしょう・・・。
いつも明るく頑張っているひろみママさんですからお休みがいただけるといいですね。

私は、義母と実家の母の入院など厳しい一年でしたが神戸と出雲・松江などに行けたのでよかったです。

米子にJPICで一緒になった今井書店の方が活躍しています。山陰方面で書店人の育成されているお店ですが。

健康であれば旅も楽しい気分転換になりますね。

ひろみママさんは、御子息さんたちが住んでいる沖縄への旅が一番の楽しみでしょうね。

 楽しい旅行で、私も写真見ながら観光気分に浸っていました。

 2~3年前のNHK朝の連ドラの舞台が松江で、主人公の家が宍道湖でしじみをとる仕事をしていて、松江城がでてきたりして、とても興味をもちました。

 ブログを拝見して、本当にいいところで、行ってみたいなあと思いました。

 私もいつか・・・旅行できたらいいなあ。

何と、ぜいたく感のある旅をなさったことか。わたしも松江城に上った一昨年を思い出しました。

しいかさま

お元気ですか?松江の旅から帰ってきて急に忙しくなってしまいました。
松江へ向かう駅舎で宍道湖近くに通う70位の女性と世間話をしました。お互いお店の話で盛り上がったようです。
旅の良さを感じた気がします。
還暦なんて、まだまだと思っていたのに早かったです。しいかさんのような行動力が無いですが楽しんで読書会続けていきたいです。
では、また連絡します。

あきのさま


あきのさんも一昨年、松江にいかれましたか?この時期観光客が多いですね。最初に行ったは、独身時代ですからかなり昔になりますね。
雨の松江も良かったです。

還暦ですが定年退職が無いのでまだまだ働いております。お嫁さんがきたら、今度は、海外に行きたいです。
まだまだ、介護がありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神在月 | トップページ | 12月のたより »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30