無料ブログはココログ

« 読書の秋ですが・・・・。 | トップページ | たまには・・・・。 »

2011年10月30日 (日)

家族の変遷

先日、夕飯時にたった2人で食事をする機会があった。

とても不思議な光景だった。還暦を過ぎたじいじとばあばの二人だけの食事に感慨深いものを感じた。

というのも私たちは、結婚して以来ほぼ2人だけの食事という機会がなかった。

結婚当初には、祖母(ダンナのおばあちゃん)、義父、義母、義弟にダンナと新米の私、6人家族でのスタートだった。

そして息子が生まれ7人家族に。義弟が結婚して娘が生まれてまたもや7人家族になった。

しかし、娘が2歳のときに祖母と義父が亡くなり5人家族になった。

その後は、家族の変遷もなく子どもたちが大学に行くころに下宿などで4人になったこともあった。

息子が30歳を前にようやく群馬から戻りいつもの家族の生活が始まろうとしたら娘が結婚するためアパートに引っ越していった。

それから4人家族の生活が4年近く続いていた。ただし、息子は、土日、祝日ほとんど友人と遊びに出かけいないので3人なんてことが多かった。

そして先日、義母が骨折で入院して転院などで約1ヶ月近く家にいない。

つい義母の部屋を開けて声をかけたくなってしまう。病院通いも1ヶ月が過ぎようとしている。

土曜日の夜、息子に夕飯どうするの?と尋ねると「いらない」という。

立った2人の夕飯になんだか作るのが面倒くさくなってしまった。

商店街には、ラーメン屋、和食屋さん、パスタ屋などあるので適当に食べることができる。

でももったいない!二人だけの味噌汁を作ろう!(気持ちだけでほとんどやる気なし!!)

いつも4人分の分量で作っているせいかどうしても残りものが冷蔵庫にある。

もう少し、分量を減らさなくてはいけない。最も「もったいない」と胃袋に片付けてしまい減量作戦は、いっこうに変化なし。。。。

(家族は、少なくなった半面、私の体重は、増えていた。)

今度は、2人用の料理本でも買おうかしら????

でも目分量の私の料理では、あまり効果ないかもしれない。

« 読書の秋ですが・・・・。 | トップページ | たまには・・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

本屋のオバサンの「不思議な気持ち」拝見しました。
長年大家族の中で「お嫁さん」として一生懸命に尽くされていらした様子がよく分かります。

お料理はたくさん作る方が美味しいですよね。
クッキング教室でも、レシピ本でも材料は4人分ですもの。

お義母様のお部屋につい声をかけてしまいたくなる習慣は、本屋のオバサンが如何にお義母様を大事に思っていらっしゃるか、思いやりがひしひしと感じられます。

しばらくの間は、ご主人とお二人のロマンを楽しんではいかがですかheart

「そんな年ではぁ。。。」なぁんて返ってきそうですねぇ。

お仕事の量が減ったわけではないようですので
どうぞご自愛くださいませね。

 二人だけの食卓、初めての経験では戸惑いもありますよね。

 我が家は子供たちが独立?してしばらく前から2人での食卓です。でも、妻はやはり分量を多くしてしまいがちのようです。

 初めての2人だけの食卓、楽しんでください。

あにどるさま

ありがとうございます。
このところ2人分だったり、息子がいると3人分になりめんどうな日々を過ごしております。

土日に孫2人と娘が来て急に4人分と孫用の食事なんてことになりました。
たまにはいいですが・・?大勢で食事をするのも。

あにちゃんのように海外で多くの人とお食事なんて夢のようですが。

しのさま

2学期もあっという間に後半戦にきてしまいましたね。

その後体調よくお過ごしですか?

しのせんせいのお宅はもう2人ぐらしが続いているのですか?
いずれ2人から最後は、1人かとも思いますが先のことは分かりませんので今の生活だけでも楽しく過ごしたいと思います。

しのせんせいご夫妻のようにアルコールを囲んで夕食ということができないので(ダンナが下戸なので)さっさと夕食が終わるのがいいのか悪いのか?ですね。
そういえばアルコールまだ解禁でなかったのでしょうか???

あっという間に師走を迎えてしまいますね。

こんばんは^^v
我が家も同じ経験をしてきました
父と母 それに私たち4人家族の計6人の食卓でした
いただきますを云う前に食べ始めた子供をしかったり
お父さんのお醤油の量に文句云ったりと それはそれは賑やかな食卓でしたが
父が逝き母が施設生活に入り 子ども達も帰りが遅く今では
私たち二人だけの食卓になっています
それも 私が台所にたてる訳もなく ちゃきちゃんの買ってきた出来合いのもので
少し淋しい食卓になっています
夏の間 私が入所していて たった一人の食卓だったのかと思うと
・・ 申し訳ない気持ちでいっぱいです 。。v

オバさん、こんばんは♪

「食卓」って、大事ですよね。
でも、テレビドラマのように「一般的な食卓」は、なかなか
有りませんね。

我が家も、ご多分に免れません。
自分達の生活習慣と家族の「和」・・・

昭和の食卓、例えば「寺内貫太郎一家」みたいな家族の疑問を
食卓でと、いう現象は理想なのでしょうね。

勿体無いと言うより、商店街の「食堂」で、お二人の時間を
過ごされたら、いかがですか。
家事からの解放、旦那さんは店主とのコミュニケート、他人
(はた)がいる新鮮感、たまには良いのでは。
直ぐに「お嫁さん」が入って、四人家族になるのですから・・・

毎日の食事の献立は本当に大変な事と思います。
「献立日記」をつけると、少しは楽みたいです。
池波正太郎が奥さんのために、つけた日記が本になってます。

所詮、人生はひとり、かと思います。
考え方でしょうね。

では、又♪

台所のキフジンさま

ちゃきちゃんさんは、しっかりエイコさんをフォローされているのですね。

エイコさん宅も2人だけの夕食になりますか?
でもちゃきちゃんさんは、きっとエイコさんがいるだけでいいのですよ。たとえ台所に立てなくてもこれまでいっぱい作っていたのですから。。。

でも2人だけだと会話が一方通行になりませんか?我が家は、私が8割であと2割がダンナが話すというたわいない会話の連続です。

すずかけもいいですけどお家が一番ですね。
ちゃきちゃんさんもいろいろ大変でしょうが楽しみでもあると思いますよ!

少し寒くなってきましたので体調気をつけて
。あとNHK、句の入選おめでとうございます。

ぶんぶんさま

いつも含蓄のあるお言葉をいただきありがとうございます。

そうですね。今度2人だけの食事になったら商店街のお店で食事でもします。

若い時と違いお店で食事が出てくるまで待っている時の間の悪さがきついですね。
お互いじっと待つ不自然さが妙にヘンなものです。孫や娘がいるとめちゃくちゃにぎやかになるのに??と思ってしまいます。

たぶんアルコールがないせいでしょうねぇ・・・・。

二人の夕食。お互いに最後に頼り合う人が分かってきましたね。それで、これからは誰を大切にしていけばよいのかも……。
とかく毎日目の前にいると、忘れていることが多いものです。
そういう人がいながら年取っていく心地よさ…これからを大いに楽しんでください。

わが家は二人だけの食卓になってから3年になります。
夫は薬の副作用で難聴気味、ますます静かな食卓になりました。
静かも慣れるといいものです。
たまに誰かが来てにぎやかな食卓になると、もちろんそれも楽しい。
時の流れでなるようになってこうなりました。
上の、あきのさまのおっしゃる通りに。

あきのさま

人生の先輩の言葉にほんとうに励まされます。
そろそろお互いに介護問題も含め頼りあう時期になったのですね。

まだまだ腹の立つことが多いのですが残り時間を共に楽しく過ごせたらいいかなとあきのさんのコメントから改めて感じました。

ひろみママさま

ひろみママさん宅も2人生活3年目になりましたか?
ときおり息子さんたちがいらしてご両親を支えているのですね。

我が家は、まだ新米でいまだ2人になると食事つくりが面倒くさくなります。

慣れることも大事ですね。
皆様のそれぞれの家族の変遷をうかがいうれしく思います。

旦那様の具合は、いかがですか?
これから寒くなりますので体調気をつけてお過ごしくださいませ。

こんにちは〜
私のブログにおいで下さりありがとうhappy01
たぶん同世代だと思います。
我が家も二人の食事です、夫殿は仕事で留守がちなので一人の時も多いです。
もう子供が独立して10年以上になります。
大きなテーブルは年に何回かしかいっぱいになりません。
夫殿のはそのテーブルに新聞を広げて横目でご飯を食べています。
暖かなおかずも冷めてしまい・・・
諦めています、何十年も暮らして来るとこんなものでしょう。
ただひとつ「おいしかったよ〜」と毎回言ってくれますので許します ははは〜
これから遊びに寄らせていただきます、よろしくです。

せせらぎさま

早速お出かけいただきありがとうございます。
大きなテーブルで新聞を広げられる旦那様は、幸せですね。せせらぎさんのほうが一枚上手かとお察しいたします。

おいしかったよ!一言がうれしくなりますね。
我が家にもできればその一言があればこれからの人生かなり違うかと思っております。

またせせらぎさんのブログにいかせていただきます。
お察しのように同世代かと思いますので???

あ~、わかります。
我が家も6人の食卓でした。
義父が亡くなり、息子と娘が上京し・・・
週末は義母とも一緒ですが
ふだんは夫と二人の食卓です。大きなテーブルで。

家族の変遷ですね、ほんとうに。
今も楽しみ、未来もちょっとは楽しみにして・・・。
つながりのある人たちがいることに感謝しながら・・・。

つぼみさま

遅くなって申し訳ありません。

あっという間に2学期ももうすぐ師走を迎えてしまいまいますね。

つぼみさん宅もお嬢さんが大学へ行かれてからご夫婦での生活になりましたね。

子どもたちの自立で子育てを卒業し新たな2人の人生のスタートですね。

還暦を過ぎてようやくお互い労わり合いつつ生活しなければと思えるようになりました。
家族の変遷と子どもたちが巣立つがリンクして思い出のアルバムがいっぱいになりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書の秋ですが・・・・。 | トップページ | たまには・・・・。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31