無料ブログはココログ

« 待合室 | トップページ | 冬の読書 »

2012年1月21日 (土)

初節句とお人形

関東地方は、久しぶりの雨模様で寒い日が続いています。

先日、娘と孫たちがやってきたので昨年6月に生まれた孫のユノちゃんへの初節句のおひなさまを見に行きました。

上の孫にも2年前におひなさまを贈ったので今回は、お金でいい?なんてことを言ったのですがやはり後で問題が起こるとか?

義妹も昨年同じように女の子の孫が2人でお雛様を買ったという話を聞き娘と相談して買うことにしました。

それにしてもせまいマンションぐらしには、おひなさまもさぞ大変な思いをすることでしょう!

というより私が住む地元は一応お雛様で有名なところなので贈らないのも難しいことなのですが。。。

商店街の人形屋さんも少しづつ減ってきています。若い職人さんも減って地場産業も停滞気味です。最も少子化で赤ちゃんも少ないですね。

知り合いの人形屋さんから親王飾りだけのシンプルなものを買い求めました。お節句が終わると当店の倉庫か物置に戻ってきますが。

立春には、少し早いですが春を感じていただければと思いお店で数枚写真を撮ってきましたので。

162_3

これは、立雛で少し大人ぽい感じです。

163 お顔が命とか写真がボケてしまいあまりよくわかりません。

164

最近のお雛様は、モダンな感じになっています。屏風のイメージも違いますね。

孫のお雛様は、ダンボールに入れて発送の手続きをしてしまいましたので残念ながら撮っていませんでした。

商店街には、若いご夫婦が赤ちゃんを連れてお雛様を見に来ています。

お値段は、ガラスケース入りの小型のもから3段飾りの大型のおひなさままでピンからキリまでです。

何は、ともあれ健康ですこやかに育ってほしいという願いを込めて 厄除けでもあるおひなさまを買い求めました。

後日、孫のおひなさま飾ったものをUPしますので

最後にお店のお客様にいただいた手作りの毛糸の犬とキューピーのお人形さんをUPいたします。

165

お孫さんへと持ってきてくださいました。

今日、彼女の甥ごさんという方からTELがあり数日前に突然亡くなられたということでした。

おひとりで暮らしていた70代の女性で彼女のお姉さんに息子が小学校の時に担任していただいたというお付き合いでした。

おしゃれで知的好奇心旺盛なかたでした。病院通いされていたと聞いていましたが人の命のはかなさに甥ごさんへお悔やみの言葉を申し上げるだけでした。

おひなさまとこの手作りの毛糸の犬とキューピーをお節句に飾りたいと思います。

« 待合室 | トップページ | 冬の読書 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

そうね〜そちらはひな人形で有名かな?と思ったらやはりそうでした。
私にも孫娘がいまして何年か前に 好きなおひな様を買う足しにお金を上げました。
私は7段飾りが!と思っていましたが住宅事情がね〜
3月にはいつも飾っているようです。
私の町は4月なんですよ〜
戦後の貧しい時代に生まれた私にはおひな様はありません。
子供も男の子ですから・・・
お友達の家が羨ましかったです。
 素敵なひな人形を見せていただき嬉しいです。

こんばんは♪

ひな祭りですね。
我が家も初孫が女の子ですのでお雛様ですね。
お雛様は女房方の実家が贈るものでしたっけ。
奥方と相談してみます、なにせ自分の娘に買ったのは遠い昔ですので(笑)
お雛様をしまうのが遅かったせいか、未だにお嫁に行っておりません(笑)

我が家も新婚当初は公団のアパートだったので、お雛様は段飾りでは無く親王飾りでした。
それでも、かなり立派な物だったので部屋を占領していたことを思い出します。
鯉のぼりも、ベランダに飾るミニミニ鯉のぼりでした(笑)
その分、武者人形は立派で、またまた部屋が圧迫されたりして・・・(笑)
最近はお雛様も飾らず、幼稚園用の紙のお雛様で代用しています。
(これも、遅れている原因でしょうか 笑)

お話し会の休演、残念ですが仕方ありませんね。
オバさんの身体は一つなんですから・・・
仕事や介護に一区切りついたら、また、子供たちに楽しいお話をして上げて下さい。

いつもありがとうございます。
くれぐれも、ご自愛の程を。

では、又♪

思い出に残る 「おひなさま」 をいただけましたね
・・縁起物 だから 必ず1年に一度は 飾ってお祝いしてあげなきゃナ
と云うのが 父が 五月人形の前で飲むときのキャッチコピー になっていました
うちでもご近所のおばあちゃんの手作り兜や高速の料金所でもらった小さい鯉のぼりが捨てられずに
いまだにとってあります
今日母とちゃきちゃんとで四十九日に行ってきました
いつどうなるかわからないから だから気持ちよく一生懸命生きたい ですね
初節句 おめでとうございますbud

 そちらは雛人形で有名な街ですからお孫さんの初節句にはやはり雛人形を飾ってやりたいものですね。女の子二人だと、それぞれに雛人形が必要なのですね。うちは一人なのでそんなことは考えもしませんでした。

 写真の人形、穏やかな優しい顔をしていますね。

 私の娘も雛人形を妻の実家からいただき、飾っていましたが、もう大分前からしまいっぱなしになっています。孫ができる様子もありませんのでしばらくはこのままかなと…。

 寒い時期ですからお体に気を付けて、お孫さんとの日々を楽しんでください。

すてきですね、お雛様。
立ち雛というのもあるのですね。凛々しい感じがします。
我が家の雛飾りも、去年は入試などで出さずじまいになってしまったので、今年は出さなくてはと思いました。
本人は離れて暮らしているのですけれど、健康への思いをこめて。

手作りのものをくださった方の突然の訃報はどれほどか心傷むものだったと思います。でもきっとその方も、お孫さんを守ってくださることでしょうね。

せせらぎさま

お雛様のこの時期、商店街を歩いていれば店頭に並んだお雛様が見られます。

商店街でも2月中旬から「まちかど雛めぐり」というイベントがあります。

春が待ち遠しいですね。まだまだ寒い日が続きますからお風邪などひかないようにお気をつけてください。

せせらぎさん同様お雛様私のは、ありません。
戦後の混乱の時期ですから仕方ないですね。

幸い義妹のお雛様が残っていて「御殿飾り」を先のイベントに飾ります。
せせらぎさんのところは、旧節句ですか?
桃の花が咲いていいですね。

ぶんぶんさま

そうでしたね。初孫さんのゆいちゃんのお節句ですね。厄除けや健やかに育つように願ってのお祝でしょうね。
でも最近の住宅事情もありますからお雛様も飾らないお家もありますね。

お嬢さんは、お仕事でかわいいお雛様を作ってお子さんと一緒に楽しんでいるのですね。

早くしまっても少し遅くてもあまり変わりませんのでご心配なく。

ぶんぶんさんのお宅も初節句ですね。
楽しみですね。

台所のキフジンさま

寒い中、ちゃきちゃんさんとお母さんで叔父さんの49日へのお出かけ大変でしたね。

やさしいちゃきちゃんですからお母さんも安心ですね。
ほんとに人の運命のはかなさを感じますね。今日一日精いっぱい生きることを教えられました。


お亡くなられた女性は、先週の始めお店に本の代金をお持ちになり写真のお人形をくださいました。

独身で通されたようですがとても明るくチャーミングな女性でした。

書店の仕事を通じて多くの皆さんに出会い教えていただきます。そしてブログでも同じように教えていただいております。

寒いですからエイコさん、お風邪引かないように!
春になったら桜見にいけたらいいですね。

しのさま

奥さまの退院おめでとうございます。

あと2ヶ月ぐらいで暖かくなりますから多分お彼岸を過ぎるとと言いますね。

こちらお雛様の季節で街には、あちこちでお雛様に出会います。
しのせんせいのお宅もあっという間に初節句を迎えるようになりますね。
子どもたちに飾ったお雛様も押入れのどこかにしまいこんでしまいますがまた日の目を見ることでしょう。

つぼみさま

2年前に伊豆熱川のつるし雛を見に行きました。
すばらしいですね。お雛様は、春の香りがしますね。

昔は、子どもが成長するまでに病気で亡くなることが多かったのできっと願いを込めて子どもの行事あったのですね。

少子化の時代でも女の子が生まれるとお雛様を飾って無病息災を願うのでしょうか?

でもお子さんが大きくなるとお雛様も押入れの中ですね。我が家も娘のお雛様でもは、押入れの中です。

 雛祭りというと本屋のオバさん様書店の立派なお雛様を思い出します。

 お雛様の地元ですから、目も肥えていらっしゃいます。
写真のお雛様はどれも素敵です。

 毛糸のわんちゃんとキューピーちゃんは、作った方の心がこもっていますね。

こんばんは。

お客さまからの手作りのワンちゃんとQP人形は形見になってしまいましたね。でも、お雛様と一緒に飾ってもらえたらきっとお喜びになると思います。

最近の雛人形はずいぶんモダンになりましたね。お顔もしもぶくれの引目鉤鼻より、お目々ぱっちり現代風です。

私の姑は「長女にはセットを、二女以下は舞踊人形や京人形など単品を」という習慣だったそうです。それに習って、私も長男には五月人形のセットを、次男には金太郎人形を貰いました。
長女にはもちろんセットを。いま、ぜーんぶわが家にあります。やれやれ。引き取りに来るでしょうか。
お人形たちは、幼な児のそばで厄災を引き受ける役目を終えた後、孫に引き継がれるか、しまいこまれたのちどこかに寄贈されるかの運命でしょうか。
勤める博物館にも毎年のように寄贈の申し出がありますが、手狭ですからよほど年代物でない限り受け入れをお断りすることもあります。

しいかさま

遅くなって申し訳ありません。
本格的に介護が始まりましたので。
義母の自宅介護でお店に入る日が4日ぐらいになりました。

以前、雛めぐりにいらしていただきありがとうございました。先日K町のご友人さんの親戚が経営経営されているレストランに行ってきました。

娘さんも頑張っていました。
地元もあと少しで雛めぐりが始まります。今年は少し早くからはじまるようです。
2月の読書会できるだけ出席できるように調整しています。

ひろみママさま

遅くなって申し訳ありません。
お子さんたちが大きくなるとお雛様も五月人形も押入れのなかですね。

そして、お子さんたちが家を出るとお雛様も長い間眠りについていますね。
なにしろ飾るのに時間がかかりますね。

博物館に寄贈されても保管できませんよね。
地元では、人形のお焚きあげなんてのがあります。
要らなくなったり、壊れた人形をお坊さんが拝んでご供養するらしいです。
一度も見に行ってないのでが???
孫のお雛様も多分大きくなったら物置のお荷物になるのでしょうがじじばばの見栄で買った?ということで笑い話にしておこうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待合室 | トップページ | 冬の読書 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31