無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月24日 (土)

埼玉B級ご当地グルメ in 草加

23日(祝日)、お天気はあやしかったが以前から行こうかと決めていた第10回B級ご当地グルメ決定戦I  in 草加 に出かけてきた。

最近は、全国大会も開かれていて地域活性化、町おこしなどでいろんなB級グルメが有名になっている。

さて、あまり自慢できるものがない「埼玉」にもB級グルメはかなり盛り上がる。

まず東京スカイツリー線(旧東武伊勢崎線)で松原団地駅で降りた。

駅前には、パンフレットが置かれ家族連れがぞろぞろ歩いて行くので会場まで迷うことなく歩いていけた。

B23_001 会場までには、途中松林が続いている。日光街道として整備されている。

B23_002 B23_003

お天気があやしい。今にもふりだしそうです。

松並木を過ぎるともうすぐ会場です。

B23_004 B23_005

ようやく会場につきましたが(12時)お昼時だったので大賑わいです。

一応何を食べようか決めていたのですがあまりにも長い列が出ていると待ち時間と相談です。

B23_006 B23_007

食べ物は、地元の食材や代々伝わっている料理などをアレンジして多くの皆さんに知っていただくように頑張っています。

さて、私とダンナが食べたのはB23_008

呉汁です。少し甘めでしたがお腹いっぱいになりました。

読書会のメンバーでいつもお世話になっているしいかさんのところにお邪魔した時にごちそうになりました。地元のお店のほうがおいしかったかな?

地元のB級グルメは、第1回と3回のグランプリに輝いた「豆腐ラーメン」があります。私は一度だけ食べたことがあります。

次は今映画「のぼうの城」で有名になっていますが行田の「ゼリーフライ」に挑戦しました。

ゼリーフライについては、ぶんぶんさんのブログに詳しく情報が載っていますので

B23_009 B23_011

ゼリーフライは、おからのコロッケという感じです。

でも口当たりもよくおいしかったです。

地元の塩焼きそばは、イベントで食べたことがあるので今回は、パスしました。というよりダンナが焼きそば苦手なんだそうです。

今回も焼きそば系が多く出店していました。

そういえば食べるのに忙しくとにかく立って食べるのと大勢周りにいて食べるだけでも大変な状況だったので写真取り忘れていました。

お許しを!!

B23_013 草加せんべいの手焼きです。

B23_016

焼きたては、熱くてお醤油の味がなんともいえません。

さて、お次はなにを食べようかというよりもう結構お腹まんぷくです。

甘いものが欲しい。

長い列ができている東秩父の「あずきすくい」で汁粉の中にほうとうが入っていました。温かい一品でした。甘いもの好きなダンナが並んで買ってきました。

イベント会場ひろばでは、よさこいや歌手のかたの歌が聞えてきましたが雨が!!!!とうとう降ってきました。

傘をさして1時半近くになったので孫へのお土産を買って帰ってきました。

B23_017

かめとブタのパンでした。

※ 『特選!埼玉B級ご当地グルメ47選』埼玉新聞社  ¥600

詳しくは、こちらの本に載っていますので。

学園祭のノリで地元のイベントを楽しんできました。お味のご報告ができず申し訳ありません。

2012年11月17日 (土)

有言不?実行

週末天気が悪いらしい。とうとう雨が本降りになった。

私は、前回のブログ更新よりみごと風邪を引き散々な日々を送っていた。

したがって言うは、易く。。。。その後○ーブスをお休みしている。

11月に入って口唇ヘルペスになり、地元の病院に行った。

多少疲れが出たのかと体調管理に気をつけ仕事を休み家事していた。

しかし、その後鼻水が出て喉が痛いわ、咳が出るわと症状だけで風邪だ。

でも熱が出ない・・・????

どうも免疫力が弱くなっている。病気をするとつい弱気になり「ヤバイ」というマイナス思考が頭の中をめぐりだす。

今日まで口唇ヘルペス、風邪のとの付き合いが約2週間ぐらいになる。

あんなに基礎代謝を上げてダイエットに挑もうとしたが完全に口先だけになりそうだ。

昨夜は、とうとう店屋物の夕飯になってしまった。関節が痛い。

出歩くのも面倒くさい!台所に立つのも面倒くさい!

ダンナは、お店遅番だから当てにできない!

まぁ~いいか。。。。鍋焼きうどんを食べながら。

一応、口唇ペルぺスは、皮膚科に行って治った。風邪薬も飲んでいたのだが還暦過ぎのオバさんには、回復まで時間がかかりそうだ。

2012年11月11日 (日)

晩秋のひととき

ブログの更新も滞りがちなこのごろですが皆様お元気にお過ごしでしょうか?

私は、9月に乳がんの患者グループのオフ会に大阪に出かけました。

同病ということや同じような年代の方が多いことなど話が弾みました。幸いその後、毎日薬を飲むこと以外ほとんどかわりなく過ごしています。(地元でも患者会に参加し始めました)

少しかわったことと言えば日々楽しく前向きに過ごしていこうか?と思う気持ちが強くなりました。といっても大した変わりがあるわけないですが。。。。

そんなことで重い腰を上げて少しづつ歩みだした「本屋のオバさん」のその後を記してみたいと思います。

①  孫の七五三

  3才6ヶ月になった上の孫の七五三に行ってきた。ダンナも運転手兼子守りとして付き添い。

001_2

002 馬子にも衣装と言ったら親に怒られるかもしれない。健康に育ってくれればいいのだ。

神社での祝詞中も早く着物を脱ぎたいらしくそわそわしていた。

貸衣装なので汚さないように気を使いながらなだめすかして。

下の孫は1歳で歩きだして人間らしく?なったが2番目らしくなかなか気が強いさすが!

無事、七五三参りも済ませ自宅で仕出しを頼んで食事会となった。

003

最近は、七五三用にアレンジした仕出しがあるようでスポンサーは、ダンナだった。

② 読書の秋も過ぎましたが。。。(10月27日~11月9日)

10月は、どういうわけか「三浦しをん」に凝ってしまい5~6冊三浦作品を読んでいた。本屋大賞をとった『舟を編む』を始め『まほろ駅前多田便利軒』 直木賞受賞作品と読みだした。

最初のきっかけは、『本屋で待ち合わせ』という彼女のエッセイとの出会いだった。どうしてこんなにも豊かなボキャブラリーを駆使して書けるのか不思議だった。アラフォー少し前の作家が幅広いジャンルの本を読み常に努力しているのかと考えさせられらた。(でも彼女は楽しそうに書いている感じだが)

登場人物が本の中を縦横無尽に動き廻ったり、沈黙の間にドラマのような温かさ感じたりといいなぁ~と感じてしまった。

004 この他に『風が強く吹いている』

箱根駅伝への無名大学駅伝部の活躍を描いた作品もお正月の「箱根駅伝」を観る視点がかわるかもしれない。

おまけとして『まほろ駅前番外地』も今秋発売になっています。

2013年1月ドラマ化されるそうです。DVD(映画版)をありますよ。

③ ダイエットに挑戦しました。

005

会員になりました。

中高年の皆さん、血圧やらコレステロール値、ひざ腰などの痛みなど集まれば病気自慢になりそう。

お店にみえた方が通っているようで話は、聞いていたがいつも通えるか躊躇していた。確かに体脂肪も大過ぎだし、階段を上る時に右ひざが痛む。完全にTVCMの世界になりつつある。

そんなこんなで駅前にある(歩いて6分ぐらいの場所)○ーブスに申し込んだ。若いインストラクターのお姉さまたちにおだてられながら週2~3回通いだした。最も仕事を終えたPM6時ごろだが。

汗水を流すことなく日々グータラ生活しては脂肪もたまるわけだが。そして年齢とともに基礎代謝も落ち、筋肉量も減っていくらしい。

運動をして少しづつ筋肉量を増やし、老後寝たきりにならないようになんですって!!!

90歳の方も入会しているとか?スゴイ。身軽になってさぁ!

楽しみは「屋久島」トレッキングだ。。。

というわけで少し元気をだして動き出したオバさんでした。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28