無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月26日 (土)

隅田川~  其の二

だいぶ空いてしまいました。仕事が立て込んでいたこともありますがPCは、現在他の用事で使っていました。

iPadは、夜適当に皆さんのブログ拝見させていただいています。

さて、次に行った七福神は、長命寺です。

☆ 長命寺(弁財天)

033 その前に言問団子で有名なお店に行きました。

6個入りの団子を買いました。在原業平の和歌のちなんで名づけられたとか?

近くには、隅田公園野球場があります。世界の王さんがこども時代に野球をされ、のちにジャイアンツで活躍されたという伝説の野球場です。

027 028

026 030

そして桜もちで有名な長命寺そばの山本やさんがあります。

隅田川の桜の葉を使って作った桜もちが起源らしいですが葉っぱが多すぎていまいちでした。それにその日に食べないと硬くなってしまいます。

029 公園近くに桜が咲いていました。

こちらは、寒桜?でしょうか?梅はまだ咲いていません。

☆  弘福寺  (布袋尊)

中国風の特色をもつ禅宗建物です。

036 034

このあたりからは、どこからもスカイツリーが見えるようになりました。

見番通りを歩いてラスト三囲神社(みめぐりじんじゃ)へ向かいます。

通りには、今でもお茶屋さんや料亭が並んでいます。

037 三味線の音が聞こえてきそうです。

☆ 三囲神社(大黒神・恵比寿神)

038 Photo

こちらには、2体あります。大黒・恵比寿は、越後屋(現三越)に祭られていたものだそうです。

ようやく七福神めぐりもこれでおしまいです。

お寺さんあり、神社ありと参拝の仕方も違いますので。

お寺で柏手を打ってしまったら大変なことになりますよね。。。

さぁ~てあとは、スカイツリー目指して歩きましょうか?

042 045

夜5時30分からライトアップが始まります。

このところ筋トレしているので足腰が強くなりだいぶ動けるようになりました。

自宅に戻って七福神めぐりの朱印色紙を飾りました。046 047

お土産は、言問団子と桜もちそして西村屋(地蔵坂通り)さんの菓子です。

絵葉書(パステルアート)は、紙工房堂地堂で購入しました。

では、皆様のご健康とご多幸を

1年無事過ごせますように!!

2013年1月21日 (月)

隅田川七福神巡り

  先日(14日雪)行くのを延ばしていた「隅田川七福神めぐり」へ19日(土)に行ってきた。

2年前に「谷中七福神めぐり」に行ってから七福神めぐりをするようになった。隅田川七福神めぐりは、江戸文化年間から続く庶民のお正月の楽しみだったそうだ。スカイツリーができてこの地域は、観光スポットが当たっている場所でもあるが。

さて、地元埼玉から春日部経由で東武スカイツリー線で「鐘ヶ淵」駅まで行く。

001 まずは、駅を降りると丁寧に道順が表示されているので誰でも歩けるようになっている。(1月7日までが御開帳)

最初は、

☆  多聞寺(毘沙門天)  駅から歩いて8分ぐらい

002 004_2

005 006

東京大空襲の時の残骸を展示している。(多聞寺)

のちに行く「すみだ郷土文化資料館にも終戦までの様子が展示されている。

さて、毘沙門天の多聞寺をあとに地元のたばこやさんのおばあちゃんに聞いてコミュニティーバスに乗る。(100円で巡回バスに乗れるんです)

007 円徳寺入口からバスに乗り次の寿老神の白鬚神社へ向かった。

☆  白鬚神社(寿老神)

ここからは、スカイツリー駅までウォーキングになる。

008

千客万来、商売繁盛の信仰が生まれたとのこと。当店にとってしっかりお参りしておいた。少し雪が残っている道を地図を見ながらとぼとぼ歩く。

☆ 百花園( 福禄寿尊 )

011_2  012 014 015 016

こちらは、向島百花園の様子です。この時期まだ梅もつぼみで残念ながら冬ぼたんだけがひっそり咲いていた。

下町のオアシスという感じ。入園料は、150円 2月9日~3月10日まで梅まつりが開催される。

百花園を後に弁財天の長命寺に向かうまで江戸時代からの町家や芸妓たちが歩いたであろう通りがあった。

地蔵坂通り商店会鳩の街通り商店街がある。

昼食は、鳩の街通りにある「こぐま」でひよこ豆カレーを食べた。

021 022_2 クラッシックな昭和初期建築の薬局やさんを改装したカフェで一休み。

そのほか鳩の街 には、吉行淳之介著『原色の街』のモチーフになったところでもある。狭い路地にお店が立ち並んでいるが半分近くのお店はシャッターおろしている。

数軒だけ開いている。その中で「鈴木荘」には、チャレンジスポット!として若者がお店をオープンしている。

紙工房 「堂地堂」紙を素材にしたこだわり雑貨のお店でオリジナルな作品が並んでいる。応援したい気持ちで数点絵葉書を購入した。

023 024 025 レトロな街から今日はこれでお別れです。

まだまだ4か所残っていますが。。。。。

では、次回また

2013年1月13日 (日)

成人式ー今昔物語ー

昨日、美容院に行ったら担当のスタッフさんが当日は、朝5時半入りなんですよ!っと話されていた。

着付けとヘアセットがあるので予約順なので後からの人は、5時過ぎになってしまうとか?

とにかくお嬢さんをお持ちのお宅は、朝から一家総動員で着つけの送り迎えに始まり会場までの送迎など大変ですよね。

お父さんは、タクシー運転手なみにこき使われますね。

このところ姪や甥も大きくなり成人式にでる予定がないようです。

当時、私たちは晴れ着を着て祖父母にあいさつに行き、大きくなりました。。。。と挨拶するのが決まりでした。

最も私の成人式後、父方の祖母も亡くなり家族で祝っただけでしたが。

私たちのころ、(団塊世代の次の世代)ジーンズやロングヘアの男子など新宿が異様に盛り上がっていましたが。。。。

学生運動も東大紛争安田講堂事件以来少しづつおとなしくなっていったころでした。

成人式にも参加しない人もいましたけど。。。理由は、いろいろあったかも体制に反対みたいなことでしょうか?

私も行かないつもりでした。理由は、中学校が学区外だったので知り合いが少なかったのです。

でも会場で小学校時代の幼馴染に会いホットしたことを思い出しました。

さて、着物は両親が大金?叩いて4人姉妹のために1着!買ってました。

でも長女の丈に合わせて作ってあったので裄が合いません。

私次女だったので何とかごまかして着ました。祖母孝行にと母の説得に負けました。

そして近くの写真やさんで記念撮影というなんともクラッシックな話題でした。

40年近く前の昔話でした。まだ学生という気楽な身分の私がいました。

そして娘には、貸衣装でハイ!済ませました。

息子は、祖母から現金のお祝いで済ませました。

前撮りの記念写真も今では、押入れの隅で小さくなっています。

誰も見ません!残念!

私の写真?もちろん物置のダンボールの中に入れっぱなしですよ。ハイ!

2013年1月 4日 (金)

母を背負いて。。。。卒寿

明けましておめでとうございます。

3日よりお店に入り、元気に仕事をしております。

さて、元旦は義母の90歳の誕生日でした。卒寿というおめでたい記念日と元旦という二重のお祝いが重なりました。

暮れに外泊届を出しておいたが年内31日までお店があるので1日の朝10時に特養に迎えに行きました。スタッフの皆さんに見送られながら笑顔で施設を出ました。

「お母さん、お家に帰るよ!」車椅子に乗せてオットさんの運転で自宅に帰ってきました。

自宅倉庫前に来ると義母は、ニコニコしながら我が家を見て懐かしがっていました。夏のお盆以来でしたから。。。。

我が家は、1階がお店で2階が自宅ですので外階段を上らなくていけません。オットさんが義母を背負いて階段を上ります。

親孝行なオットさんは、14段の階段をせっせと登りました。義母のうれしそうな笑顔が忘れません。

誕生日のケーキ

002

アイスクリームのケーキです。残っても次の日にも食べられるので孫たちのリクエストです。コタツの上でみんなで食べました。

2日は、義母の誕生日のお祝いと年賀のご挨拶に弟夫婦や妹夫婦、それぞれ孫たちとひ孫つきで狭い部屋がいっぱいになってしまいました。

ひ孫たちがおばあちゃんのために「アンパンマン体操」を踊ってくれました。

003 4歳、3歳、2歳、1歳と4人のひ孫たちがにぎやかにダンス?を披露してくれました。あと1歳のひ孫(男の子)は群馬にいるので今回は、登場していませんが。

子どもの笑顔にエネルギーをもらった義母はうれしそうにしていました。

お雑煮も小さく切って介助しながら食べてもらいました。普段施設でお世話になっているので自宅介護は、フルタイムで食事からトイレ補助、着替えなど息つく暇もありません。3日間だけですのでオットさんと協力してがんばりました。

お店の風景

普通の生活に戻った3日のお店の様子です。

004

羽子板なんて今どきやりませんね。この羽子板は60年ぐらい前のものです。

005

凧揚げももうできませんね。

というより広い場所がないですから。

ようやく3日に娘夫婦と孫達が婿さんの実家へ年始に行きました。

義母を施設に連れて帰りました。

帰りもオットさんが母を背負って階段を下りて行きました。

今度帰ってくるのは、旧盆の時期になるでしょうか?普段は泊りまだ無理なので。。。

彼らが帰ったあとリビングには、おもちゃが転がり、義母の布団がひっそりとおいてありました。

3日間の戦いが済んで疲れホットため息がでました。

午後は疲れたせいか少し休んでしまいました。

私は、今年ものんびり楽しんで過ごしたいと思います。

では、我が家のアキとともに今年もよろしくお願い申し上げます。

001

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28