無料ブログはココログ

« 腰痛は、辛い! | トップページ | 今年を振り返る?なんてまだ早いですが。。。 »

2013年11月 5日 (火)

子育てに思う!

このところ娘の出産が近づいた関係で孫を預かることが多くなった。

孫との関係は、おばあちゃんと孫だが娘の子育てになるほどと思うことも多い。一昔前とは、子育てもだいぶ変わってきたようだ。

女の子孫2人(4歳・2歳)は、とてもおしゃべりで会話は、プリキュアから幼稚園の話題などにぎやか過ぎてつい「うるさい!」と言いたくなったりする。

2歳の孫は、「イヤ・イヤ・イヤ」だらけでお手上げになる。自己主張もはっきりしてきて抱っこをしてもひっくり返り困り果ててしまうことも多い。

母親である娘に感心したこともある。「イヤイヤ期?だからもう少したったら落ち着くから大丈夫よ!」確かに少し経つと孫は落ち着きウトウトしだして寝てしまった。母親の経験からなのだろうが叱ることもなくのんびりしているようだ。最も娘の性格にもよるのだが。。。

私は、せっかち・考えずに行動していまう・マニュアル本を読まずに箱を開けてしまうなど?。。。。

最近は還暦過ぎたので少し落ち着いて考えて行動するようになったが。

さて、そんな子育ても今のお母さんたちにとって悩みも多いらしい。

ブログはもちろん、情報が多すぎて振り回されるとか?とにかく疲れるらしい。幼稚園でも一人っ子が多いとか。3人目を産もうとしている娘は、社会貢献しているのだろう????この少子化時代に。

最も同じクラスに3人目を出産される人がいるのでお互い情報交換しているとか。

私が子育てしていたころは、30年以上前だから記憶があいまいになっている。。

とにかく人生で一番充実していたかと今にして思う。忙しかったがわが子をひざに乗せたり抱っこしたりした腕の温かさを記憶している。

幸い義母や義父と一緒に生活していたので24時間子育てに追われることもなく夫も自営業なので昼間も交代してくれた。

核家族の時代からか子育ては、母親への負担が大きい。たいへんさだけがクローズUPされるらしい。仕事を続けながら子育てをされている女性は、さらにたいへんで親の応援が不可欠のようだ。地域で子育てを応援するシステムも少しづつ整ってきているのだが。イクメンという言葉も聞くようになった。娘婿さんも平日休みには、幼稚園の送り迎えをしているようだ。

最近の雑誌に「ワークライフバランス」という言葉が載っていたが働くお母さんたちの要望とは、かけ離れているようだ。

社会の特に企業側の社員教育の中に女性社員を育てるノウハウができていないので「パワハラ」ならぬ「妊ハラ」(マタニティーハラスメント)もあるとか?

しかし、現実問題として子育てを支援するシステムが社会に浸透しなくては安心して子どもをもつことができない。

子育ての問題は、多岐に渡るので決して結論がでない。一度退職すると働きたくても働けない現実も気になる。

いささか尻切れトンボな最後だが最近特に気になる話題だったので書いてみた。

「おばあちゃん」と呼ばれるようになって数年、子どもたちがこれから育っていく社会が少しでも安心できればと思うこのごろの本屋のオバさんでした。。。。

参考雑誌   週刊東洋経済  8・31

職場のお荷物か?戦力か? 特集「ワーキングマザー」

« 腰痛は、辛い! | トップページ | 今年を振り返る?なんてまだ早いですが。。。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘さん3人目の赤ちゃん楽しみですね。
最近乳幼児を預けてお仕事をしているママをよく見かけます。
私の庭みたいな所にある病院の看護師さんは託児所が併設されているので安心のようです。
看護師さんのように資格のある女性は再就職にも有利みたいね。
でも乳幼児を人に預けてまで働かなくてはならないのかしら?
せめて、いえ小学校4年生ぐらいまでは子育ては自分でして欲しい。
昭和生まれの年寄りの考えでしょうか・・・

オバさん、こんばんは♪

いろいろな悩み事は尽きないですね。
近くにいて、子供(孫)の成長を助けられる状況も、一つの手段。
それぞれが、その状況の中、暗中模索している。
専業主婦で、助け合える環境を先ず幸いと思うべきでしょうね。

大きな世界より身近な世界が大事なのでは…

ありがとうございます。
勉強になりました。

sunせせらぎさま

そうですね。子育ての大変な時期を過ぎると懐かしくなりますね。
熱を出して夜中に救急外来に駆け込んだり、夜泣きに一睡も出来なかったりなど今思えば大変だったのでしょうか。

最近では、子育てにお金がかかり又家のローンもあるのでどうしても働かなくていけない事情があるようです。
又キャリアのある女性が仕事を辞めると社会的にももったいないですね。
その他にも色々あるのでしょうね。

私は、娘を保育園に1歳から預けて働かなくてはいけなかったので孫の手伝いで楽しませてもらってます。

忙しい時代になりましたね。

ぶんぶんさま

おっしゃるとおりですね。
大きい世界より短かな世界ですね。小学生の時に娘から「私は、学校から帰ってきたらおかえりと言って迎えてくれるお母さんになりたい」と言われたことがあります。
多分、当時とても忙しくてかまってあげられなかったのかもしません。
どちらがいいとか言えませんが健やかな子どもの成長とお母さんの成長を手助けできることが今のところ喜びです。
ぶんぶんさんところの孫ちゃんも2人目ですから大変ですね。じいじばあばの活躍の場所は、色々ありますから見守ることや頼まれたら手伝うというスタンスも大事ですよね。

なかなか、大変な問題ですね。
安心して子育てするには育児休業制度を拡大したり、男性もとりやすくしたり、
産後の復職など大きな改革をしてもらわなければなりません。

でも、いま子育てしている人たちはは改革できるまで待てませんから、
何とかみんな涙ぐましい努力をしているのですよね。

子育てにはやはり周囲のサポートが必要で、うちのほうでは社会福祉協議会が音頭をとって「ファミリーサポート」を立ち上げました。
有償ボランティアで保育園のお迎えや病児の預かりなどです。
祖父母が近くにいても、元気な祖父母ばかりではありませんから。
次男のところは来春二人目が生まれます。
嫁は専業主婦ですが嫁の実家の母親も含めてこれから相談が始まるでしょう。

私も実は孫を抱くとぎっくり気味になるのですよ、重くて。とほほです。

sunひろみママさま
こんにちは。
次男さんのところに2人目の孫さんが産まれるのですか?
だんだんにぎやかになりますね。
子育ての環境も少しづつ変わって来ているのでしょうね。子育て支援センターや保育ママさんなどいろんなシステムができていますね。
娘は、できるだけ早く仕事をしたいと言っていましたがまだ子育て頑張らなくてはいけないようです。
ひろみママさんのところにお嬢さんの子育て応援要請がもうすぐきますよ!
でも確かに孫を抱っこすると腰や膝にきますね。のんびりできる時間が欲しいのですが?

おはようございます^^v
私は義母と父母とちゃきちゃんとの大きな手の中で自分が子育てしていたんdと云うことが最近になってようやくわかってきたような気もします
ひとつの人格を生むと云う仕事ですから子育てはなにより難しい と思います
借りられる手は借りて
きける意見は聞いて
何人もの知恵を重ねて
と思っていますが
貸せない自分が腹立たしくもあります。。

sun台所のキフジンさま

こんにちは。ちゃきちゃんさんのお母様のことがあり、お忙しい日々だったのでしょうね。少し、落ち着きましたか?

人生持ちつ持たれつですからね。エイコさんの笑顔だけでいいのですよ!
赤ちゃんの笑顔が元気をくれますよね。子供を育てるのは大変ですが可愛い笑顔に癒されますからね。
これから少し寒くなりますから風邪ひかないように!では、また

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰痛は、辛い! | トップページ | 今年を振り返る?なんてまだ早いですが。。。 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31