無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月 9日 (月)

伊勢の旅 ~VoL 2~

さて、3日目を迎え伊勢の旅も今日が最後です。

榊原温泉を後に一路「関宿」へ  東海道53次の中で今も面影が残る宿場町です。レトロな建物や宿屋の店先は、江戸の人々が行きかうようです。

26520_018 26520_020

江戸時代にタイムスリップしたようです。ダンナは、学生時代日本橋から京都三条大橋まで歩いたのでこちら関宿を通ったそうです。あまりにきれいになっていたので驚いていました。

26520_019

ということで関宿を後に名古屋方面に向かいます。

途中に「なばなの里」として有名な長島リゾートへ寄りました。

イルミネーションで日本一としてマスコミでもてはやされましたね。

広い庭園には、花々がいっぱい咲いていました。余計なお世話ですが管理や人件費など考えてしまいました。

26520_022

なばなの里で父が携帯が見つからなくなってあたふたしだし、入ったばかりで出たらもう一度入ることができないと書いてありました。

どうも「関宿」近くのドライブインに寄ったトイレで落したのかもと言いだしました。

こうなるとどうにもなりません。速く捜さなくてはそそくさと出ようとしました。

こんな時に慌てふためかない私(ダンナが唯一、いつも感心してくれる?らしい)は、スタッフの人に事情を話して携帯を紛失したようなので一度駐車場の車の中を捜したいのですがと頼んでみました。

なんとも親切な主任さんらしくオジサンは、再入場切符を父と私に渡してくれました。

ダンナは、園内で待機していました。

そして案の定車の中に父の携帯は、しっかり横たわっていました。

その前に立ち寄ったドライブインへレシートの電話番号を片手に携帯の落し物がないかも連絡をとってありました。

心配の種は、駐車場でひと段落しました。ダンナに連絡すると園内入口にいたスタッフさんもよかったですね。声かけてくれたとか!

父の携帯紛失事件一件落着しました。

しかし、その後名古屋駅に向かうのですがナビのとおりに行こうとしても道路は混んでいるし新幹線乗車時間1時間前には、駅に着くはずがどうにもなりません。。

知らない場所では、一通だったり地下駐車場への入り口など探すのに一苦労でした。駅周辺をウロウロ、さっきもこの道通ったんじゃない?とか言うとダンナもだんだんイライラしてきて時間は迫ってくるわあせりばかりでした。

ようやく地下駐車場へ戻してチェックして駅コンコースに辿りついたらへとへとになっていました。

名古屋駅でお茶でもして東京へ向かう予定が発車10分前にホームにたどり着きました。

ということで無事なんとか伊勢参りを済ませました。

よく添乗員さんが言いますが「家に無事たどり着いて始めて旅の終わり」とか

疲れ果てましたが次の日からしっかり働くオバさんでした。もちろんダンナもですが。。。。。。

2014年6月 8日 (日)

伊勢の旅

梅雨の季節を迎えてしまいましたね。

さて、先月2泊3日でダンナと実家の父(90歳)と伊勢へ行ってきたのでようやくUPいたします。(昨年の遷宮には、混んでいたので今年にしました。)

最も今年は遷宮の翌年で「おかげ年」としてとても縁起いいのだそうです。

伊勢には、ダンナは、4回目そして父は5回目という詣でだそうです。私は、独身時代鳥羽で研修会がありその帰りにみんなで伊勢参りでもして帰ろうかということで一度行ったことがありました。

ということで伊勢参りの珍道中をUPさせていただきます。

東京駅から新幹線で名古屋へ

ここからレンタカーで一路伊勢方面へ

運転は、ダンナと私で交代することにしました。伊勢自動車道をまっすぐ下り伊勢西インターで降りました。

まずは、外宮からお参りです。

26520_002_3 

26520_001_3

父と二人で写真を撮ることも多分これから少ない?と思いダンナがいっぱい撮ってくれました。(でもカッコ悪いので1枚だけのUPにします)

昼食は、外宮の近くで「伊勢うどん」を食べました。味は、う~んまぁまぁでした。

次は、少し離れた内宮へ(五十鈴川 は、記憶の中にありました)

26520_003 ようやく内宮まで到着しました。90歳の父ですから歩くのは無理かな?と思いましたがゆっくり歩いてたどり着きました。

26520_004

26520_005 とにかく石段の前からこんな具合で混んでいました。写真が撮れるのは限られているのでこのあたりから失礼します。

それから「お伊勢参り」では、お願いごとをするのでなく感謝の気持ち「ありがとうございます」という思いで手を合わせるのだそうです。

近くにいた案内人さんが説明していました。

無事参拝できましたのでぶらぶら「おはらい町通り」から「おかげ横丁」を散策しました。途中喫茶店で休憩して足の調子を整えました。

26520_007_2

有名な赤福の本店があります。お客さんで超満員でした。

26520_008_2一日目は無事終り今日の宿  賢島「宝生苑」へ

朝早くから動いたのと伊勢神宮をしっかり歩いたので早々におやすみなさい!でした。

2日目は、天気予報通り朝から雨降りでした。こんな日に私が運転します。でも長年運転してますからね????大丈夫ですよ!ウマいですから。。。。父は、信用してないようですが。

参拝の方法は、ダンナいわく①外宮  ② 内宮  ③金剛證寺

③番目のお寺さん(朝熊)を参らなければいけないとか????

神宮の奥之院ともいわれ「お伊勢参らば浅熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の俗謡にも唄われ、参詣するとか??

ということで雨の中、とぼとぼと行きました。(父は、車の中で待ってました)

26520_010 その後、天気は回復しておひさまが出てきました。これからは、私の希望に合わせて「ミキモト真珠島」「二見浦 夫婦岩」を適当?に廻りました。

26520_012_2 26520_014 それからかなり走ってどうしても今回行きたかった「奈良県にある室生寺」へ

学生時代行ったことがあります。

亀井勝一郎著「大和古寺風物誌」という本を思い出しました。

26520_015 26520_016 時間が経っても少しも変わりません。菩薩さんは、ただいま東北地方に出張するため点検中で横に寝かされていました。(たまには、横になりたいですよね)

ようやく2日が無事終わりました。

今日の宿は「湯本榊原館」です。お風呂(露天風呂)は貸し切り状態でした。

では、続きはまた

 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31