無料ブログはココログ

« ようやくほっと一息つけるようになりました。 | トップページ | 断捨離~終活に向けて »

2015年5月24日 (日)

新緑の季節~義母の入院

4月21日から義母が「嚥下障害」で入院し毎日病院通いが続きました。

特養に入っている義母も92歳を過ぎ少しづつ体力が落ちてきました。

入院生活も1ヶ月過ぎ、主治医の先生から施設に戻ってもいいということでようやく昨日退院できました。

食事が少しづつ食べられるようになり点滴もはずれました。しかし、「嚥下障害」は、高齢者に比較的多く繰り返される症状らしいとか?

数年前に亡くなった実母も同じような状態から7ヶ月の入院生活から黄泉の国に旅経ちました。

義母との生活は、私が長男の嫁という立場もありますが結婚以来同居していたので本人の健康状態をよく分かっている?からかもしれません。

さて、特養のスタッフの皆さんや同じユニット入居の皆さんに迎えられニコニコ笑顔で答えていた義母でした。これで全員そろったわねぇ~という言葉にうれし涙がでました。脳梗塞で入られているKさんも「おかえりなさい」と声をかけてくれました。話すことが難しい状態のKさんですがやはりうれしくなりました。

今日からまた特養での生活が始まりました。病院や施設のスタッフの皆さんから今後の問題を話し合いました。

「看とりの問題」   高齢のなのでこれから先は、どのようにしていくか?

義母が80歳の時、私は言われていたので

① 延命治療は、できるだけしないでほしい。

② 葬儀は、華美にしないでほしい。

③ 入れ歯や髪の手入れなど死後の衣類整理の問題など

長寿の時代、いろんな問題が増えてきました。

この世を去る前に片付けておかなければいけないことが多くなってきたのでしょうか?

「終活」やら「断捨離」とか身の周りの始末をしようにも高齢になると片付けすらできなくなります。

まだ大丈夫だろう!明日の我が身はどうか分かりません。私は着ない衣類を少しづつ捨てています。

あと「収納整理アドバイザー」という講習に申し込んでみました。(ブログでお世話になっているつぼみさんの刺激を受けましたので)でも実践しないとお話しになりませんね(苦笑)

片付けへの気持ちを高めていきたいと思います。

さて、来月で2回目の乳がん手術から3年が経ちます。無事生きていることに感謝しています。幸い日常生活は、なんら問題なく生きております。

でも時折ストレスをため痛いところが出るととつい転移が気になります。こればかりは、どうすることもできませんので。。。

できるだけ気にしないで「まぁ~なんとかなるかも?」って気楽に考えています。

介護に孫の世話、仕事の整理、その他、今後の問題など病気を気にしていられないぐらい忙しいのでこれぐらいの生活がいいのかも知れません。そしていつまでも続かないでしょうから。

さわやかな新緑の中、5月の風が吹いています。26520_022

« ようやくほっと一息つけるようになりました。 | トップページ | 断捨離~終活に向けて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

過し易い季節になりましたね(ちょっと暑すぎる日も・・・)
何かと気になりますね。
でも、気にしても仕方がありませんね。
なるようになる と気楽に暮らした方がストレスを感じない様です。
公園の緑が眩しい季節です。
エンジョイして下さい。

たまにはお会いしたいですね。
では、又♪

お久しぶりです。
忙しいお仕事なのにお母様のお世話お疲れさま。
私は両親の介護に関わる事はなかったですが、夫婦の老後は気になります。
終活は息子にエンディングノートの事を聞いたら書類とかお金関係はわかるようにしておいてと現実的な言葉がかえってきました。そうだよね、悲しんでばかりいられない。市役所やお国への手続きは否応無しに来ますもん。
片付けは身体が動くうちにしなければ・・・
でも今衣類はあるものを着ながら捨てる決断をしています。あまり若作りもおかしいから高齢でも着られるものは残しています。これからは年寄り貧乏が増えるかも?介護保険の支払いが増えた知らせが来ました。お世話になる頃はまた規則が変わって使えないかもね。スッキリ暮らすは大事ですが闇雲に捨ててもね〜
まだ明日があるかもしれないと思う事が断捨離にストップがかかります。
悩みますね〜 祖母達はそんな事関係なく暮らし旅立っていきました。

heartぶんぶんさま

年をとるといろんな事がありますね。お陰様で何とか生き延びています。
ぶんぶんさんも自分のペースで楽しんでいますね。

私は、このところ本を読んでいません。目が疲れてしまい活字をみるとイライラしております。本屋のオバさんとしては、困ったものです。

6月の読書会は、だいぶ前から決まっていたコンサートに行くため欠席です。
残念ですが、
そのうちまたお会いしましょう!

heartせせらぎさま

年齢とともに身体も心も変化しますね。義母は、お陰様でまた特養へもどれました。
どちらも老老介護になるとか。ご近所の皆さんも90代の舅や姑のお世話をしています。お互いに情報交換をしています。

片付けは、少しづつ進めていければと思っています。せせらぎさんは、ブログの様子からお家がキチンと片付けていそうですもの。我が家は、そこら中荷物が置きっ放してす。まずは、断捨離からですね。

おはようございます!
お義母様のお見舞い、大変でしたね。
80歳の時に託されていたこと、なるほどなあと思いました。
お義母様にとっても、安心感があるだろうな、とも。

整理収納アドバイサー、受講されるのですね!
わたしも連休にだいぶ進んだので、次のヤマは夏休みかな。
夏には、整理収納を語り合いましょ~!!

heartつぼみさま

遅くなってごめんなさい。FBでご様子拝見しております。
新学期お忙しかったのですね。on-offを上手く切替えていますね。

私も見習いたいです。先日、「大人の絵本時間 」という講座に行って来ました。
大人になって絵本を読んでもらうことのふしぎな温かさにビックリしました。
絵本セラピーという資格をもった30代の女性が講座を開いています。

また、つぼみさんのブログで教えていただいた「整理収納アドバイザー」の講座を受けて来ました。3級の時間整理術からはじめました。7月に2級を受けようと思っています。まだまだ面白いことや楽しいこと、興味深いものなど見つけたい思います。色々教えてくださいね。

看取りの問題
こういうことをきちんと決めておかれるのですね。
母は今年の8月で93歳になります。
毎日、今日が無事でよかったと思います。

収納整理アドバイザーの講習会
報告楽しみに待っています。

  ↑
ごめんなさい
名前入れたつもりでした。

heartとなりのとまとさま

そうでしたね。とまとさんのお母さまと同い年でしたね。介護の始まった頃ブログで拝見していましたね。
義母は、婦人公論や健康雑誌などたくさん読んでいたのである程度知識があったらしいです。認知症が始まる前に話しあって良かったです。

最近は、エンディングノートという物もでていますがどう生きるか最期は誰にも分かりませんね。

本屋のオバさん、こんにちは。
ご退院おめでとうございます。毎日の病院通いお疲れ様でした。
京都は毎日夏のような天候です。
夏バテには早すぎますが、ナカムラ膝や腰や足首やら、あっちこっちギクシャクしてまして、針治療のお世話になってます。
本は読んでますが、ブログにさぁ書こうという気をおこしてくれる物にあたりません。
読む力が弱くなってんのかいな、感動が薄なってんのかいなぁ。


『まぁなんとかなるかも。』
ナカムラもその精神で毎日の生活をそれなりに楽しんで行こっと。


heartナカムラのおばちゃんさま

御無沙汰しています。本当に京都は、暑いですね。
私も9月に行った時は、メチャクチャ暑かった記憶があります。
お父さんの介護たいへんですね。自宅介護のたいへんさは、介護した人でないと分かりませんね。うちは、特養に入ってもらっているので気が楽です。

私も本を読む暇も無いというほどては、ないですが何となくだるいので積ん読です。

ナカムラさんも介護の合間に色々楽しんで下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくほっと一息つけるようになりました。 | トップページ | 断捨離~終活に向けて »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28